【映画】ラストレターのキャスト一覧と役どころ!庵野秀明を配役した理由を考察

 

映画『ラストレター』2020年1月17日(金)に公開されます。

岩井俊二監督作品ということで、期待は高まります。

 

ということで映画『ラストレター』のキャストや役どころ、またあの庵野秀明監督が

俳優として出演していたのですが、その理由についても考察してみました。

 

 

映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラストレターの簡単なあらすじ

 

岸辺野裕里(松たか子)は、姉の遠野未咲(広瀬すず)を亡くします。その葬儀で

裕里は未咲の娘の鮎美と久しぶりに再会します。そしてからあることを知らされます。

それは、同窓会の案内と未咲が鮎美に書いた手紙の存在。

 

裕里は、未咲の訃報を伝えるために同窓会に出席しますが未咲と間違われることに。

裕里は初恋の相手で小説家の乙坂鏡史郎(福山雅治)と再会。結局、裕里は未咲に

なりすましたまま同窓会を抜け出す。

 

その帰り道、史郎と連絡先を交換し文通することに。しかし裕里は、文通が夫にバレる

ことを恐れ、住所を記入せず返信します。鏡史郎はその手紙の返信を未咲の実家に送って

しまう。しかし実家に住んでいたのは娘の鮎美。母親宛に送られてくるその手紙を開封

してしまい、裕里、未咲、史郎の過去の思い出が明らかになっていくのでした。

 

そして鮎美は鏡史郎からのその手紙に返信するようになり、文通が始まる。

 

 

 

【映画】ラストレターのキャスト一覧と役どころ

岸辺野裕里(松たか子)

役名:岸辺野裕里

演者:松たか子

 

物語のヒロインで未咲の妹で主婦。旧姓:遠野

夫・宗二郎(庵野秀明)と、娘・颯香(森七菜)、息子・瑛斗の4人暮らし。

 

松たか子さんは、1977年6月10日、東京都出身の42歳。

映画では『告白』などに出演してきました。

 

 

遠野裕里(森七菜)

役名:遠野裕里(岸辺野裕里)

演者:森七菜

 

高校生時代の裕里。

 

 

遠野鮎美、遠野未咲(広瀬すず)

役名:遠野鮎美(現在)、遠野未咲(過去)

演者:広瀬すず

 

鮎美は、未咲の娘。

未咲は、岸辺野裕里の姉で未咲の母。

 

広瀬すずさんは、1998年6月19日、静岡県出身の21歳。

映画では『ちはやふる』などに出演してきました。

 

 

乙坂鏡史郎(福山雅治)

役名:乙坂鏡史郎

演者:福山雅治

 

物語の主人公。岸辺野裕里の初恋の相手で小説家です。

『ラスト・レター』は史郎が亡き未咲のために書いた小説で物語は彼の語りで進行

していきます。

 

福山雅治さんは、1969年2月6日、長崎県出身の50歳。

映画では『そして父になる』などに出演してきました。

 

 

乙坂鏡史郎(神木隆之介)

役名:乙坂鏡史郎

演者:神木隆之介

 

高校生時代の鏡史郎。

 

 

岸辺野宗二郎(庵野秀明)

役名:岸辺野宗二郎

演者:庵野秀明

 

岸辺野裕里の夫で漫画家。

 

庵野秀明さんは、1960年5月22日、山口県出身の59歳。

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の監督として有名です。

 

 

岸辺野颯香(森七菜)

役名:岸辺野颯香

演者:森七菜

 

宗二郎と裕里の娘。

 

森七菜さんは、2001年8月31日、大分県出身の18歳。

映画では『心が叫びたがってるんだ。』などに出演してきました。

 

 

岸辺野昭子(水越けいこ)

役名:岸辺野昭子

演者:水越けいこ

 

岸辺野裕里の義理の母。

 

水越けいこさんは、1954年2月4日、山梨県出身の65歳。

本業はミュージシャンで、映画は初出演です。

 

 

波止場正三(小室等)

役名:波止場正三

演者:小室等

 

岸辺野昭子の恩師。

 

小室等さんは、1943年11月23日、東京都出身の75歳。

本業はミュージシャンで、映画は初出演です。

 

 

阿藤陽市(豊川悦司)

役名:阿藤陽市

演者:豊川悦司

 

阿藤は、未咲の元彼。

 

豊川悦司さんは、1962年3月18日、大阪府出身の57歳。

映画では『20世紀少年』などに出演してきました。

 

 

サカエ(中山美穂)

役名:サカエ

演者:中山美穂

 

サカエは、阿藤といっしょに暮している女性。

 

中山美穂さんは、1970年3月1日、東京都出身の49歳。

映画では『ママレード・ボーイ』などに出演してきました。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラストレターの庵野秀明を配役した理由を考察

映画『ラストレター』には、庵野秀明監督が岸辺野宗二郎役で登場します。

庵野秀明監督といえば、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』などで有名な人物ですが、

なぜ配役されたのか?気になります。

 

意外に思った方も多いでしょうが、庵野秀明監督は、実はこれまでにも俳優としての

活動歴がありました。

 

映画デビューは1988年の『ドラゴンクエスト ファンタジア・ビデオ』ですので、

キャリアは30年以上。以後、端役がほとんどですが出演映画はかなりの数に及んで

います。主だったものだけでも『あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE』、

『日本沈没』『さくらん』などなど。声優としてアニメ映画『風立ちぬ』にも出演

していました。まさかこんな有名な作品に『新世紀エヴァンゲリオン』の監督が

出ていたとは、ビックリすることでしょう。

 

とはいえ、庵野秀明監督は髭が印象的な独特の風貌の持ち主。存在感もありますし、

役どころも漫画家ですので、ピッタリではないでしょうか。監督としてももちろん

ですが、今後も俳優業のほうも楽しみにしたいですね。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

ここまで映画『ラストレター』について見てきましたが、この時代に手紙?と感じる

方もいらっしゃるのかもしれません。本当は仕方がなく手紙になったのですが^^

これには諸事情があります。

 

しかしこの時代だから手紙なのだと。手紙の良さを改めて感じました。

 

少しだけネタバレ!

先にも書きましたが、一方的に送ってくる裕里の手紙とは別に鏡史郎が送った手紙を

読んだのは、鮎美と颯香。そしてこの二人も未咲のふりをしてその手紙に返信をする

のですが、その返信がまるでメールやラインの返信のようで面白い。

 

40代前後の方には、しっくり来る内容かもしれません。

ご自身の青春時代を思い出すのではないでしょうか。

 

公開は、2020年1月17日(金)

岩井俊二監督の手腕、松たか子さんらキャストの演技力に注目です。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ