【映画】メロウのキャスト一覧と役どころ!田中圭がなぜ配役されたか理由も考察

 

映画『メロウ』が、2020年1月17日(金)に公開されます。

独特なタイトルで、いったいどのような内容なのか?気になるところです。

 

ということでこの記事では、【映画】メロウの簡単なあらすじやキャストと役どころ

また、田中圭さんが配役された理由について考察してみました。

 

 

主演・田中圭 × 監督・今泉力哉 映画『mellow』(メロウ)特報

 

スポンサードリンク

 

【映画】メロウの簡単なあらすじ(内容)

 

夏目誠一(田中圭)は、地域でもっともお洒落な花屋を営んでいました。その一方で

木帆(岡崎紗絵)は、ラーメン店を切り盛りしていたものの、最悪の経営状況に陥って

います。

 

この対照的な2つの店において、物語は展開されていくことに。

花屋とラーメン店、それぞれ不器用な二人の片想いが描かれていくことになります。

 

映画『メロウ』は、2つの異なった店におけるドラマとなっていました。

しかし今泉力哉監督のオリジナル作品ということもあり、今のところ情報が少ないため

具体的な部分は不明です。

 

夏目誠一と木帆がどのような関係になっていくのか?物語はどう進んでいくのか?

結末はどうなるのか?気になるところ満載です。

 

 

 

【映画】メロウのキャスト一覧と役どころ

夏目誠一(田中圭)

役名:夏目誠一

演者:田中圭

 

主人公の夏目誠一は、花屋の経営者でおしゃれではあるものの嫁なし、彼女なし

という男性。

 

田中圭さんは、1984年7月10日、東京都出身の35歳。

映画では『スマホを落としただけなのに』『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜

記憶にございまさせん』など。ドラマでは『おっさんずラブ』『あなたの番です』

などに出演。

 

 

木帆(岡崎紗絵)

役名:木帆

演者:岡崎紗絵

父親から引き継いだつぶれかけたラーメン店を経営しているという女性。

 

岡崎紗絵さんは、1995年11月2日、愛知県出身の24歳。

ドラマでは『トレース〜科捜研の男〜』『パーフェクトワールド』などに出演。

映画では『不能犯』『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』など。

 

また2019年12月6日に公開予定の映画『午前0時、キスしに来てよ』にも出演。

 

 

志田彩良

役名:不明

演者:志田彩良

 

志田彩良さんは、1999年7月28日、神奈川県出身の20歳。

映画では、『パンとバスと2度目のハツコイ』など。

ドラマでは、『チア☆ダン』などに出演してきました。

 

 

松木エレナ

役名:不明

演者:松木エレナ

 

松木エレナさんは、2003年11月11日、千葉県出身の16歳。

本作が映画初出演です。

 

 

白鳥玉季

役名:不明

演者:白鳥玉季

 

白鳥玉季さんは、2010年1月20日生まれの9歳。

ドラマでは、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』『A LIFE〜愛しき人〜』などに出演。

本作が映画初出演です。

 

 

SUMIRE

役名:不明

演者:SUMIRE

 

SUMIREさんは、1995年7月4日、東京都出身の24歳。

映画では『リバーズ・エッジ』など。

ドラマでは『悪の波動殺人分析班スピンオフ』などに出演してきました。

 

 

山下健二郎

役名:不明

演者:山下健二郎

 

山下健二郎さんは、1985年5月24日、京都府出身の34歳。

映画では『HiGH&LOW THE MOVIE』など。

ドラマでは『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』『崖っぷちホテル!』などに

出演してきました。

 

 

ともさかりえ

役名:不明

演者:ともさかりえ

 

ともさかりえさんは、1979年10月12日、東京都出身の40歳。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『篤姫』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』など

映画では『金田一少年の事件簿上海魚人伝説』『貞子』などに出演。

 

 

小市慢太郎

役名:不明

演者:小市慢太郎

 

小市慢太郎さんは、1969年2月15日、大阪府出身の50歳。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『八重の桜』、NHK連続テレビ小説『てっぱん』

『ストロベリーナイト・サーガ』『ボイス』など。

映画では『パッチギ』『るろうに剣心京都大火編/伝説の最期編』『劇場霊』

パーフェクトワールド 君といる奇跡』などに出演。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】メロウで田中圭がなぜ配役されたか理由も考察

 

映画『メロウ』で主人公の夏目誠一役を演じることになっている田中圭さん。

では、彼が配役された理由とは、なんなのか?

 

田中圭さんは、2000年のドラマ『孤独な果実』で俳優デビューし、2002年の映画

『自殺サークル』で銀幕デビューしました。以後、俳優キャリアは20年近くに及び

ますが、主役級と名脇役を兼ねた独特の俳優として、数多くの作品で様々な役柄を

好演しています。

 

2019年だけでも、映画では『劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』の同性愛者

に好かれる男性役。『記憶にございません!』の警官役。ドラマでは『あなたの番です』

の交換殺人ゲームで妻を殺害され復讐するという役など。

 

このように、どういった役柄であっても演じられる田中圭さんなら、映画『メロウ』

はもちろん、どのような作品であろうと配役されてもおかしくありませんね。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

まだ詳しいことは不明な点も多い映画『メロウ』。しかし日常的な内容ながらも、

2つの店でそれぞれ物語が繰り広げられるという設定がかなり興味深いところ。

さてどのような結末になるのか?

 

公開は、2020年1月17日(金)

公開が待ち遠しいですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ