【映画】IT/イット続編はつまらない?怖くない理由と評価や感想についても

 

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が現在、

上映中ですね。2017年公開の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の

続編ということでその注目度はかなりなものです。

 

ということで今回は【映画】イット続編はつまらないのか?怖くないのか?

昨日観てきたので評価や感想についてもまとめてみました。

 

 

映画『IT/イット THE END』本予告 2019年11月1日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】イット続編のあらすじ(内容)

 

ビル・デンブロウは27年前、殺人ピエロ・ペニーワイズに弟を拐われました。

それからというもの仲間のベバリー・マーシュ、ベン・ハンスコム、リッチー・

トージア、マイク・ハンロン、エディ・カスプブラク、スタンリー・ユリスと共に

ペニーワイズと戦うことになります。

 

前作ではなんとかペニーワイズを葬ったはずでした。そして最後にもしも再び

ペニーワイズが復活したら、みんなで集まってまた戦うことを誓いました。

 

しかしあれから27年後、再びベリーにペニーワイズが現れます。

それぞれデリーから出ていきましたが、マイクは一人残り、あれからずっと

ペニーワイズのことを調査していました。

 

そこへある日、警察無線を盗聴していたマイクに事件の知らせが。その知らせを聞き

すぐに現場に急行したマイク。植え込みの上に何やら赤いものが・・・。

なんとそれは赤い風船の残骸。

 

そして事件現場の川に架かる橋を見上げるとそこには『帰っておいで』の血文字が。

コレを見たマイクは再びペニーワイズが現れたことを確信します。

 

マイクは、ルーザーズクラブの面々にベリーに集まるよう電話をかけます。

そして再びベリーに集まったルーザーズクラブの面々ですが、そこにスタンレー

の姿はありませんでした。

 

デリーのレストランに集まり、再会を喜び、マイクは27年前に起こったことや

なぜ町を出ていったメンバーがそれを覚えていないのかなど説明します。

 

そこへ「それ」が現れます。

 

食後に運ばれた6つのフォーチュン・クッキーに入っていたおみくじにはスタンレー

の身に何かが起きたことを知らせる文字が。その直後直クッキーから得体のしれない

ものなどが彼らに襲い掛かります。

 

なんとかレストランから逃げ出たルーザーズクラブのメンバーたち。

ベバリーはスタンレーのことが気になり電話をかけると奥さんが出てスタンレー

は死んだと告げられます。「自宅の浴槽で手首を切った」と。しかしなんとそれは

27年前ベバリーが見たのと同じものでした。

 

メンバーたちは、怖くなり町から出ると言い出し、ホテルに向かいます。

マイクは必死にそれを止めます。そしてビルに今まで調査してきたことを見るだけ

でもいいからと自宅に連れていきます。

 

そこで「それ」がどうやって地球にきたのかなど証拠となるものを見せるのです。

そして「それ」は人間が恐れるものに姿を変える事ができて、「それ」を退治する

には「チャドの儀式」を行う必要があることを説明します。

 

チャドの儀式については、以前の記事で説明しましたが、映画と原作とでは

違っていました。ネタバレになりますのでご注意ください。

 

こちらにあるように、ペニーワイズと舌を重ね合わせて噛んで、どちらかが笑うまで

冗談を言い合っていくというもの。でしたが映画ではそれぞれの子供の頃の思い出の品

を集めてそれをマイクが先住民から盗んだ壺のようなものに入れ燃やすということに

なっていました。

 

それからホテルにやってきたマイクとビルは、みんなでチュードの儀式を行えば、

ペニーワイズを倒せると説得します。そして27年前のそれぞれの思い出の品を図書館

に持って来るように指示します。

 

こうして、ビルらルーザーズクラブのメンバーたちは、再びペニーワイズに戦いを

挑むことになるのでした。

 

 

 

【映画】イット続編はつまらない?

 

さて簡単にあらすじをお話しましたが【映画】イット続編にはつまらないという声も。

人それぞれ様々な見方があるので仕方がないことですが、まず本作の象徴的キャラクター

であるペニーワイズですが、そもそもピエロ自体が日本人には馴染みが薄いから面白味

がないというもの。

 

その他には、同じくペニーワイズについて、1990年版の映画の方が良かったという

感想もありました。

 

そして本質的な部分ではないものの、上映時間が長いというものも。

因みに1991年版は187分、2017年の前作は135分、本作は169分でした。

確かにこれは楽しめない方にとっては酷かもしれません。

 

またホラー映画を期待した方にとっては、少々不満が残るかも。

怖くないところがつまらないと感じるかもしれません。

 

 

 

【映画】イット続編の怖くない理由

 

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』には、怖くないという評判も

見られます。こちらもつまらない理由と同じでペニーワイズが影響していました。

 

スティーヴン・キング原作のホラー映画であっても『シャイニング』の恐怖はホテルの

怨霊という心理系だったのに対し、本作は殺人ピエロというスプラッター系。

 

本来であれば、後者の方が怖そうですがスティーヴン・キングの本領はスプラッター系

ではありません。そのため、これが災いしてしまった感は否めないかもしれませんね。

 

 

 

【映画】イット続編の怖いという評価や感想

【映画】イット 続編に対する評価や感想も見てみましょう。

新旧を比較してみても、じゅうぶん怖いという感想ですから、キャストたちも監督も、

これを聞いたら喜んででくれそうですね。

 

これだけ怖く感じることができたというなら、よほど本作を鑑賞するのに向いていたと

言えるでしょう。

 

https://twitter.com/maru_a_gogo/status/1191010383638614016?s=20

怖いだけではなく、青春映画として評価することもできるという意見ですがこういった

ものは目からウロコですよね。

 

前編に続き、ペニーワイズの奇っ怪さ炸裂赤い風船をみたら、嫌でも思い出してしまうお化け屋敷に入った感じを味わえる

引用元:Filmarks映画

 

恐怖シーンのバリエーションが豊か。今後見る悪夢の種類が増えた。演出として27年前と現在が入り交じる感じがすごく好きでした。

引用元:Filmarks映画

 

今回の正直怖かった。最初の方からえげつないほど血は吹き出るしwペニーワイズの殺しかたがグロかった

引用元:Filmarks映画

 

さて、これだけ怖いという意見があったわけですが、その一方では、対照的に怖くない

という意見もありましたので、次でこちらもご覧ください。

 

 

 

【映画】イット続編の怖くないという評価や感想

 

 

 

前作は、とにかくペニーワイズが何をするのかが分からないため、終始ビビりまくる怖い映画だったが、今作ではただのゾンビ映画になっており、怖さよりもキモさが上回ってしまう。

引用元:Filmarks映画

 

新旧比較しての低評価ということですが、怖くないうえに、キモいとくれば、劇場まで行ったことへの失望感は激しそうですね。

ペニーワイズ版ストレンジャーシングス…?(またはスタンド・バイ・ミー)なんか最終的にすごい青春を感じて終わった笑

引用元:Filmarks映画

青春映画としても評価できるという声があった一方で、こちらは青春映画として観て

失望させられたという意見でした。

 

3時間が長くて怖さも麻痺して最後は笑えるくらい。

引用元:Filmarks映画

ストーリーうんぬん以前の話として、やはり、上映時間が長すぎることがマイナスに

働いてしまったようですね。

 

同じ作品であるにもかかわらず、観る方によってこれだけ見方が変わってくるのは

興味深いことでしょう。さてどう感じることになるのか、ぜひ、劇場で体験して

ください。

 

 

 

【映画】イット続編のゆうすけの評価や感想

正直、全く怖くなかった。R15になっているが、それで本当に恐怖を感じるのか疑問

が残る。また疲れていたせいか、途中で何度か寝落ちしそうになった。それほど面白

くなかったということか。少々前置きが長いように感じた。このことが上映時間が

長く感じる要因なのか。(集中していないせいか腰が痛かったw)

 

作中でもあるようにビルはベストセラー作家で映画脚本家でもありますが、彼の作品の

結末が面白くないと言われています。それと同じで今作のペニーワイズの結末がお粗末

でガッカリでした。その姿にも笑えた。キャラクターとしては良いかも。

 

本作をホラー作品として評価して良いものかどうか。

作中、何度か突然現れたり、姿を変えたりで怖いというよりは、驚く、ビックリする、

という表現がピッタリだと思います。多少グロいシーンはありますが、それが怖さに

直結するかというとどうなのか?

 

誰もが同じような評価をしているように青春映画というのが、納得いくかも。

評価は星3つ。期待していただけに少々残念。

 

ホラー映画好きと言うこともあり、少しくらいでは怖くないのかもしれません。

それとも歳のせいかな^^;

 

https://twitter.com/masaji0101/status/1190646961386377218?s=20

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

 

 

まとめ

どのような作品でも賛否両論あるのですが、今作の【映画】イット続編に関して

言えば、あまり怖いという表現は当てはまらないように感じました。だからと言って

作品そのものが面白くないということではありません。また誰が観ても同じような

評価になるなら、かえってつまらないでしょうから、むしろこういう作品のほうが

楽しみもあると言えるでしょう。

 

当然、見どころもたくさんあります。しかし今作を観るなら、前作の『イットそれが

見えたら終わり』をご覧になってからの方が断然、楽しめます。

 

まずは前作を観てからどうぞ!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ