【ドラマ】教場ではどのエピソードが放送される?キャストや原作小説あらすじから考察

 

ドラマ『教場』がフジテレビ開局60周年特別企画ということで、2020年1月4日

(土)、5日二夜連続21:00からで放送されます。主演木村拓哉さんほか、

工藤阿須加さん、川口春奈さん、葵わかなさん、三浦翔平さん、大島優子さんなど

キャストは超豪華。

 

そんな『教場』の原作は、長岡弘樹さんの小説。

「職質」「牢問」「蟻穴」「調達」「異物」「背水」と全部で6話あるのですが、

【ドラマ】教場ではどのエピソードが放送されるのか?気になります。

 

ということで今回は、それぞれ原作のあらすじやキャストからどのエピソードが

放送されるのか?考察してみました。

 

 

【公式】開局60周年特別企画『教場』予告動画第一弾!!

 

スポンサードリンク

 

原作小説、第一話『職質』のあらすじ

 

物語の舞台となっていくのは、警察官・警察職員を教育・訓練する警察学校。

ここでは日々、生徒たちを一人前の警察官にするため、厳しい指導が行われて

いました。なかでも特に冷徹なことで知られていた教官が風間公親。

 

そんな風間が受け持つクラスでは、教官の植松貞行により職務質問の訓練が

行われていました。職務質問は警察官にとっては、きわめて重要なミッション。

 

ところが宮坂定と平田和道は、職務質問がなかなか上手くできず、植松は困惑

していました。宮坂と平田がなぜ職務質問を上手く熟せないのかと言うと平田は、

焦りが原因でした。

 

平田の父親国明は警察官ということもあり、そのプレッシャーからか平田はクラス

一の落ちこぼれ、もう後がない状態でした。

 

その一方、宮坂は若い頃、平田の父親国明に助けられたため、恩を感じていて、

平田和道への配慮で、わざと失敗していたのでした。

 

ところがそれを知った平田は、軽く見られたと思い、喜ぶどころか宮坂を恨むように

なってしまいます。しかし風間は、そのことを見抜いていました。

 

信じられないことに平田は、宮坂と心中しようとしますが、風間は止めるどころか、

こともあろうに、やるようにけしかけます。実は、風間は事前に手を打っていたの

です。そのため寸前のところで心中は失敗に終わったのでした。

事件後、平田は退校します。

 

 

 

原作小説、第二話『牢問』のあらすじ

インテリアコーディネーターだった楠本しのぶは、色彩感覚が優れている女性。

そんな楠本しのぶには、悲しい過去がありました。婚約者が交通事故で亡くなって

いたのです。このことが原因で警察官になることを決意しました。

 

また成績も優秀でクラスでも一目置かれる存在です。しかも面倒見がよく自分とは

真逆で何かと弱気な岸川沙織のことを心配し優しく接していきます。次第に楠本と

岸川沙織は親しい関係になっていくことに。

 

そんな中、楠本は校内で衝撃的な写真を見つけてしまいます。

岸川が婚約者を死なせた車を持っていることが判明する写真でした。

楠本は、岸川を恨むようになっていき、2人の関係は一気に冷え込みます。

 

ところがそれは楠本の誤解で岸川は犯人ではありませんでした。

風間は、これを見抜きます。

 

やがて楠本は、岸川によって危険な目に遭いますが風間公親はすぐには助けません。

それどころか楠本と岸川との間にあったことを聞き出すため質問攻めにします。

 

しかしそれには理由があり、その状態で助けようとすればさらに危険な状態になる

からでした。

 

 

 

原作小説、第三話『蟻穴』のあらすじ

子供のころから白バイが好きだった生徒の鳥羽暢照には、ものが移動する速さが

分かるという能力がありました。

 

そんな鳥羽は耳が悪くなっていたのですが、その事実をひた隠しにしています。

鳥羽は、稲辺隆と蟻がキッカケとなって仲よくなっていましたが、ある日そんな彼を

裏切ってしまうことに。すべての発端は、警察学校でボヤが起こってしまったこと。

 

そして、稲辺が犯人ではないかと疑われてしまったことです。

鳥羽は、彼のアリバイを証明することができる立場にいたにもかかわらず、否定して

しまったのでした。この件があってからというもの、稲辺は鳥羽のことを憎んでいく

ようになってしまいます。そしてまた鳥羽に復讐することに決めます。

 

あまりにもひどい話ですが、鳥羽の悪い耳を狙うことにしたのでした。

なんとヘッドフォンに蟻をしかけて、鳥羽の悪い耳を攻撃させることにしたのです。

このせいで鳥羽は怪我を追ってしまうのでした。

 

 

 

原作小説、第四話『調達』のあらすじ

生徒の日下部准は、級長を務めていて、かつてはボクサーだったという経歴の持ち主。

嫁や子供もいるという身でした。

 

そんな中、警察学校であろうことか火事が起こってしまいました。

幸いボヤで済んだものの、故意によるものと見られたため、誰がやったのか調査

することに。

 

そして日下は、樫村卓実が不正をやっていることを突き止めます。それは警察学校

には持ち込んではいけないもので、おまけに学生間で回していたのです。日下は、

樫村が不正を働いていることを教官に知らせねばならないと判断します。

 

しかし樫村は、日下が成績不振なのをいいことに、その弱みに付け入ることに。

日下もこれには負けてしまい。見逃す代わりに、樫村に点数を稼いでもらうことを

条件に樫村の誘いに応じてしまいます。

 

ところがおかしなことに日下がボヤの犯人と疑われることになります。

しかし風間は、その真相を見抜いていました。

 

犯人は生徒の尾崎で、彼は覚せい剤をやっていて、ボヤを起こしてしまったのです。

これには樫村も関与していて尾崎が無罪になるように日下がボヤの犯人と疑われる

ように仕向けていたというわけでした。

 

 

スポンサードリンク

 

原作小説、第五話『異物』のあらすじ

生徒の由良求久は、カーマニアで自動車警ら隊への配属を望んでいました。

しかし警察学校の中では、性格が原因でみんなから相手にされていません。

 

そんな由良は、かつてハチに刺されたことがキッカケで大のハチ嫌いでした。

 

ある日、由良はパトカーの実習をしていたところ車内にハチを発見し大騒ぎに。

このせいで由良は、パトカーで学生たちに突っ込んでしまったのです。

 

風間は安岡学をかばって自身が負傷してしまいました。しかしそれと同時に風間は

安岡がパトカーにハチを入れたのだと思いましたが、これは間違いでハチは勝手に

入っていたのでした。

 

風間は、由良のハチ恐怖症を治すため彼にあえてハチの巣の駆除を命じます。

これに風間は協力してやりスプレーを噴霧して、ハチの注意を惹きつける役を

しました。しかしこれを見ていた由良は、どうしてパトカーの中にハチが入って

いたのか、その理由を突き止めることになったのです。

 

由良がパトカーで学生たちに突っ込んでしまった日、教官の神林が整髪のために

スプレーを使っていたことが、ハチをおびき寄せていたというわけでした。

 

 

 

原作小説、第六話『背水』のあらすじ

成績優秀で防犯を志望している都築耀太は、いつも無表情で通している生徒です。

そんな都築は成績優秀であるがために、これまでの人生が挫折知らずだったことが

皮肉にも災いしてしまうことに。

 

すべての発端は、都築が警察学校の卒業文集編纂委員になったことでした。都築は、

ほかの生徒たちの卒業文集を読んだところ、みんながこれまでにどれだけの挫折を

経験してきてその結果、強くなったのかということを知ることになり、逆に自らの

自信を失ってしまったのです。

 

そのため都築は、卒業試験が迫ってくると体調が悪くなってしまい、風間にその理由

を見抜かれてしまうのでした。やがて風間からメンタルが弱いことを指摘されてしま

います。

 

これに対し都築は、卒業文集にて自分に対して重圧をかけるように敢えて困難な課題を

課し、それを実際に達成してみせたのです。風間は、そんな都築の度胸と努力を認めて

くれたのでした。

 

 

 

【ドラマ】教場ではどのエピソードが放送される?キャストや原作小説あらすじから考察

 

さて全6話からなる原作小説のあらすじを見てきましたが、登場人物がドラマ版では

誰がキャスティングされているのか?まずはこちらも合わせてご覧ください。

 

 

さてこちら6話の主人公からドラマ版のキャストを見ていくと

エピソード 主人公 ドラマ版キャスト
第一話『職質』 宮坂定 工藤阿須加
第二話『牢問』 楠本しのぶ 大島優子
第三話『蟻穴』 鳥羽暢照  
第四話『調達』 日下部准 三浦翔平
第五話『異物』 由良求久  
第六話『背水』 都築耀太 味方良介

 

この表から、第一話の工藤阿須加さん、第二話の大島優子さん、第四話の三浦翔平さん

第六話の味方良介さんらのエピソードが二夜に分けて放送されると考えられます。

 

内容については細かい設定の違いもあるかもですが、現状分かっている範囲では

このくらいです。また情報が入り次第、追記していきます。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

ドラマ『教場』の原作小説は、なかなかドロドロしている内容もありました。

風間の容赦ない言動や振る舞い、そこには彼なりの愛情が隠されていたり、また過酷

を極める訓練、そして挫折から這い上がる訓練生の成長など描かれている作品でした。

 

さて、ドラマ『教場』は、1クール続く作品ではなく、2日間限定という作品です。

したがって放送内容は、原作小説よりも一層濃く凝縮されることになるでしょう。

 

木村さん演じる風間が、自身の生徒たちに厳しく接しつつも次々に起こる事件を解決

していくという内容です。人間ドラマとしてもミステリーとしても楽しめそうです。

 

2020年1月4日(土)、5日(日)二夜連続21:00からフジテレビで放送です。

ドラマ版が小説版よりどれくらい濃くなっていくのか?期待ですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ