【映画】IT/イット続編でペニーワイズの最後を原作からネタバレ!赤い風船の意味についても

 

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』2019年11月1日(金)

に公開されます。スティーヴン・キング原作の2017年のホラー映画『IT/イット

“それ”が見えたら、終わり。』の続編ということで待ち遠しいところ。

 

というこでこの記事では、あらすじ(内容)に加え、見どころや赤い風船の意味、

またペニーワイズの最後について原作からまとめてみました。

 

 

映画『IT/イット THE END』本予告 2019年11月1日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】イット続編のあらすじ(内容)

 

『IT/イット』は、1990年スティーブン・キングのホラー小説『IT-イット』が原作。

2017年リメイク版『IT/イット”それ”が見えたら。終わり。』の続編で前作から

27年後の物語になります。

 

ビル・デンブロウらが住む町デリーには、ペニーワイズという子供にしか見えない

というピエロの恰好をした得体の知れない怪物?が用水路を棲家とし27年ごとに現れ

子どもたちを恐怖に。

 

前作では、ビルは仲間たちと『ルーザーズ・クラブ』を結成します。そしてペニー

ワイズと対決し、なんとか倒すことに成功?ルーザーズ・クラブの面々は、もしも

27年後ペニーワイズが再び現れたら一緒に戦うことを誓います。その証としてガラス

の破片で手のひらに傷をつけ物語の幕は閉じます。

 

少しネタバレ。

前作のラストでは穴に落ちて死んだと思われましたが、エンドロールで笑い声が

していたので、生きているということ。まだ続くよ。ということですね。

 

あれから27年後、デリーの町に再び、「IT(それ)」ペニーワイズが現れます。

アトラクションやサーカスのある遊園地でカーニバルの夜、ドン・ハガーティと

エイドリアン・メロンの同性愛カップルが楽しんでいました。

 

そこへ同性愛者が嫌いな4人組が現れ、彼らを襲い、最後にエイドリアンを川に

突き落とし去って行きます。川で溺れそうになっているエイドリアンをドンは

心配そうに見つめています。

 

そこへ誰かが助けようと手を伸ばします。その誰かがピエロの姿をしたペニーワイズ

でした。エイドリアンを抱きかかえたペニーワイズはエイドリアンに噛みつきます。

 

あの恐怖からルーザーズ・クラブの面々はそれぞれデリーを離れて暮らしていました。

唯一、デリーの町に残ったマイクは、ペニーワイズに関する調査をしていました。

 

そしてこの事件を知ったマイクはすぐさま現場に急行し、橋に「COME HOME」と

血文字が残されているのを見て、ペニーワイズが復活したと確信し、ルーザーズ・

クラブのメンバーに連絡し呼び戻すことに。

 

 

 

【映画】イット続編の見どころ

 

ペニーワイズが暗躍するホラー作品であると同時に子供たちが大人になっても団結

していく青春映画でもあると言える映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、

終わり。』。その見どころには、どういった点が挙げられるというのでしょうか。

 

まず真っ先に言えることは、やはりなんといってもビルたちがペニーワイズを倒すこと

ができるのか?ということに尽きます。このことについては、後で改めて取り上げて

いきますのでご確認ください。

 

見どころはまだまだあります。ビルたちが子供から大人へと成長したことでしょう。

スティーヴン・キング原作の映画には『キャリー』『シャイニング』『スタンド・

バイ・ミー』といった子供が活躍するもの『スタンド・バイ・ミー』『ドリーム

キャッチャー』『ミスト』など、みんなが団結して何かに立ち向かっていくものが

複数見られます。本作の場合、その両方の要素を兼ね備えていますから、楽しみでも

あります。

 

子供にしか見えなかったペニーワイズが大人になったビルたちにも見えるということ

も見どころの一つと言えるでしょう???

 

また前作ではビルとべバリーは友達以上の関係になっています。

しかし今作では、ビルもベバリーもお互い結婚していますが、ベバリーは旦那と

あまりうまくいっていない様子。久しぶりの再会でどうなるのか?気になります。

 

またルーザーズ・クラブのメンバーたちをいじめていたヘンリーはどうなったのか?

そして今作品ではどうなるのか?そもそも出ているのか?気になります。

どうなったのかは知っていますが、敢えてお知らせしません。悪しからず^^

 

そしてなんと言ってもペニーワイズがどんな姿に変身するのかも見どころです。

普段はピエロの姿をしていますが、見るものによって色々な姿に変身します。

今作ではいったいどんな姿が観れるのかも見どころだと言えるでしょう。

 

そしてペニーワイズは、人の弱さに付け込むことが得意でした。

今作では大人になったビルたちのどんな弱さに付け込むのかも見どころの一つです。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】イット続編の赤い風船の意味とは?

 

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、ペニーワイズも不気味

ながら、彼が持つ赤い風船もなんとも言えない様子を醸し出していると言えます。

 

この赤い風船には、どういった意味があるのでしょうか?

 

まずペニーワイズですが、次でご紹介する通り、原作でのその正体は意外なもの

でしたが、子供たちが大人たちに有する不信の象徴的な役割も担っています。

 

そんな彼が持つ風船は、破裂すると血が飛び散ることから、恐怖の象徴ということ

ではないでしょうか。また赤い風船はペニーワイズが現れる知らせでもあります。

 

いずれにせよ本作は、前作と合わせて、スプラッター系であると同時に観念的でも

あるという、異色の作品というわけです。

 

 

 

【映画】イット続編でペニーワイズの最後を原作からネタバレ

 

赤い風船もですが、映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、

やっぱりペニーワイズが真の主役ですよね。彼がどうなるのか?かなり興味深い

ところですが、スティーヴン・キングの原作小説ではどうなっていたのでしょう。

 

結論から言いますと、原作小説ではビルたちは、ペニーワイズを倒します。

 

一人デリーの町に残ったマイクがペニーワイズについて調査をした結果。

・デリーに落ちた隕石が大きく関係していること

・普段はピエロの姿をしているが、3つのデッドライトと呼ばれる光からできている。

・あらゆる姿に変身でき、人が恐怖に感じる姿に変身する。

・ペニーワイズを封印するには、チャドの儀式が必要。

・封印するためには、ネイティブ・アメリカンの部族の陶器と少年時代の思い出

の品を捧げなければならない。

 

この調査の結果から少年時代の思い出の品を持ち寄り、チャドの儀式を行いますが

失敗します。

 

彼らは窮地に追い込まれますが、そして彼らのトラウマや弱さに付け込みます。

しかしあることをきっかけに彼らは気づきます。その気づきが功を奏し、

ペニーワイズを倒すことができました。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

前作に引き続き、見どころ満載の映画『IT/イット THE END 』。

子供たちが大人たちになって、ペニーワイズとどう対峙していくのか?

気になることでしょう。

 

公開は、2019年11月1日(金)

公開が楽しみです^^

 

まずは前作から観たいという方はこちらをご覧ください。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ