【映画】ダークナイトはつまらない?課題評価される理由と評価や感想についても

 

映画『ダークナイト』2019年9月28日(土)フジテレビで21:00~23:30放送

されます。映画『バットマン』シリーズの人気作としておなじみです。しかし一部では、

つまらない?過大評価?などという声もあります。どうしてでしょうか?

いったい何が原因だったのでしょうか?気になります。

 

ということで映画『ダークナイト』はつまらないのか?過大評価される理由を含め、

良い評価や感想、悪い評価や感想についてまとめてみました。

 

ダークナイト 映画予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】ダークナイトのあらすじ(内容)

 

ゴッサム・シティの銀行が強盗に遭い、仲間割れによって強盗たちは殺し合いに。

最後まで生き残ったのは今作の敵、ジョーカーで現金を持ち逃げするのでした。

さてバットマンであるブルース・ウェインは、ハービー・デント、ジム・ゴードンと

犯罪撲滅のために働いています。

 

一方ジョーカーは、マフィアのギャンボルを殺し子分たちを引き連れていきます。

さらにバットマンが正体を明かさないと殺人を繰り返すと宣言しハービーが自分が

バットマンだと嘘の公表をしました。

 

ジョーカーは逮捕されましたがハービーと彼が慕うレイチェル・ドーズが

拐われてしまい、ハービーは救われたもののレイチェルは亡くなってしまいます。

 

その後ジョーカーに操られたハービーは、レイチェルの復讐のために暴走。

ジョーカーもバスに人質を乗せて逃げてしまい、ゴッサム・シティは大混乱に陥って

しまうのです。

 

 

【映画】ダークナイトはつまらない?

このようなあらすじの映画『ダークナイト』ですが、映画『バットマン』シリーズの

ファンのあいだでは好評だったのに他の映画ファンのあいだでは、つまらないとも

言われていました。

 

どうしてこのように言われるようになったのでしょうか?

これには、ジョーカーがあまりにも強すぎるのではないかという指摘もあります。

またゴッサム・シティを闊歩しているのに、どうしてもっと早く捕まえないのか?

という意見も。

 

これらはまったく理解できないものではありませんが、それを言っていたら、ヒーロー

ものは成り立たなくなってしまうかもしれません。ある程度、設定を受け入れることも

仕方がないことなのかもしれませんね。

 

 

【映画】ダークナイトの良い評価や感想

 

映画『ダークナイト』への評価や感想を見ていきましょう。

調べてみて分かったことは、圧倒的にジョーカーの評価が高いということでした。

 

 

気さくに人をやっちゃったらたまったものではありませんが、そこがジョーカーの

カリスマ性につながっているのかもしれません。

 

 

ジョーカーの怪演はいつものことですが、映画『ダークナイト』ではいっそうそれが顕著

だといえそうです。

 

 

 

映画『ダークナイト』に限らず、ヒーローに劣らず敵が人気になることはありますが、

ここまで人気とは驚きです。映画『ダークナイト』に限らず、バットマンシリーズの

人気は、ジョーカーによるところも少なくないようです。バットマン、ジョーカー

それぞれに人気で見どころ満載ですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】ダークナイトの悪い評価や感想

一方、映画『ダークナイト』には、悪い評価や感想もありました。

ところが良い評価や感想同様、ジョーカーが人気なことに変わりはありませんでした。

 

 

かつて観終わった後にここまで鬱な気持ちになるアメコミ映画ってあったのか…?

引用元:Filmarks映画

ネタバレになるので控えますが『ダークナイト』のオチは確かに暗いと言えますので、

これはこれで理解できなくもありません。

 

 

ジョーカーの演技は確かにいい。いいけど、展開が遅いというか、3時間近くの間バットマンとジョーカーがだらだらしてる感じ。

引用元:Filmarks映画 

こちらはあくまで流れが気に入らないという意見で、やはりジョーカー自体は評価されて

いますね。

 

 

ジョーカーが頭良すぎて追っ手を全て振り切るんですけど、バットマンは超ハイテクで立ち向かう訳ですから、殴り合いになった時とかにバットマン勝てるんちゃうの?って疑問でした…

引用元:Filmarks映画 

おっしゃることは分かりますが、そこをツッコんだら、どのヒーローものもツッコミ

どころだらけになりそうです^^

 

このように映画『ダークナイト』は、本質的には酷評されていなかったと言えるのでは

ないでしょうか?

 

 

ダークナイトが過大評価される理由

さて映画『ダークナイト』に対しては、過大評価だという意見もありました。

これが事実だとしたら、どういう理由から過大評価されていたというのでしょうね。

 

映画『ダークナイト』でもっとも見どころになっていたのは、ジョーカー役を演じた、

ヒース・レジャーです。ジョーカーを演じた俳優は複数いますが、彼の演技はとくに

ファンからも業界からも絶賛されていて、アカデミー助演男優賞を受賞したほど。

 

しかし、ヒース・レジャーは残念なことに映画公開前に28歳でこの世を去っています。

よって仮に映画『ダークナイト』が過大評価されているとしたら、ヒース・レジャーの

早すぎる死も影響したのかもしれません。

 

個人的には、映画『ダークナイト』は、ヒース・レジャーの死を抜きにしても傑作だと

思っています!

 

 

 

まとめ

映画『ダークナイト』は、ストーリーの余韻、ジョーカーの存在感など、どれを取って

みても異色の作品です。これがテレビで観られるのは、映画『バットマン』シリーズの

ファンに限らず、歓迎すべきこと。

 

2019年9月28日(土)フジテレビで21:00~23:30に放送されます。

見逃さないようにしたいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ