【映画】ハルカの陶のロケ地や撮影場所は?舞台の窯は岡山県のどこにある?

映画『ハルカの陶』2019年11月30日(金)に公開されます。

本作は陶芸の世界を描くストーリーということで、興味がある方にとっては

見逃せない作品かもしれません。さてどのような内容になっているのか?

気になるところです。

 

ということでこの記事では、映画『ハルカの陶』のロケ地や撮影場所、撮影された窯は

岡山県のどこにあるのかについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

【映画】ハルカの陶のあらすじ

映画『ハルカの陶』は、東京でOLとして働く女性が岡山の備前焼に魅せられていく

さまを描くという、とても味わい深いストーリーとなっています。

 

主人公の小山はるかは、東京で暮らのOL。これまでの人生はとても充実しているとは

言い難いものでした。ところがある日、上司に連れられデパートに行ったことにより

はるかの生活が一変することになります。

 

デパートでは、陶芸展が行われていて、そこに展示されていた備前焼の大皿にすっかり

魅了されてしまします。その備前焼を製作したのは、備前焼で知られている岡山県備前市

の若竹修という陶芸家でした。

 

そこではるかは、若竹修本人に会うために岡山県備前市に行くことに。

はるかは若竹修と会うなり、陶芸の弟子にしてほしいと懇願しました。

 

これに対して、なかなか了承しようとしない若竹修。その後、東京へ帰るように言われて

しまうはるかでしたが、人間国宝の榊陶人のとりなしにより、弟子ではなく弟子見習い

ではありますが、若竹修の指導を受けられることになりました。

 

こうして備前焼と関わっていくことになったはるかでしたが、その影響から自分自身と

真剣に向き合うようになっていきます。また一方の若竹修も徐々にはるかに対する態度

を改めていくことになるのでした。

 

どうやら映画『ハルカの陶』は、陶芸と人間ドラマ、双方が堪能できる作品のようです。

陶芸に関心をお持ちの方も、とくにそうでもない方も、鑑賞される意義は極めて大きい

と言えるでしょう。

 

 

 

【映画】はるかの陶ロケ地や撮影場所は?

このように、映画『ハルカの陶』は、備前焼をテーマにした作品だったわけですが、

備前焼と言えば、あらすじでもご紹介したとおり、岡山県備前市がメッカ。

 

Google Map備前市

 

では映画『ハルカの陶』のロケ地や撮影場所は、実際に岡山県備前市で行われていた

のでしょうか?調べてみたところ映画『ハルカの陶』は「岡山県オールロケ」となって

いました。

 

映画やドラマのロケでは、設定と実際の撮影場所が異なることもしばしばですが、

本作はあくまでも忠実になっていたのです。備前焼は、岡山県備前市のなかでも

伊部地区で盛んに行われているのですが、ずばり伊部地区でロケが敢行された

とのこと。

 

Google Map伊部市

 

どうやら映画『ハルカの陶』では、とても本格的な映像を堪能することができそうです。

その他、備前焼まつりの会場においてもロケが敢行されたといいます。備前焼まつりの

会場でロケということは、劇中で備前焼まつりのシーンが出てくるのでしょうか。

 

それとも、備前焼まつりに出て来る陶器が映し出されるといった部分的なものになるので

しょうか。どういったかたちで登場するのかが楽しみです。ストーリーだけではなく、

岡山県の映像についても注目です。

 

 

【映画】はるかの陶で撮影された窯は岡山県のどこにある?

さて映画『ハルカの陶』といえば、はるかが若竹修の窯で備前焼の修行することに

なります。そこでその窯はどこにあるのかが気になりますよね。

 

ということで調べて見ましたが、残念ながら具体的な場所を特定できませんでした。

しかし「岡山県オールロケ」である以上、岡山県内であることは確実。

 

そうなってくれば劇中でも、特に重要なスポットということで備前市伊部地区である

可能性が高いでしょう。古民家にセットを組むなどといったものではなく本物の窯で

ロケが行われた可能性が高いものと見られます。

 

いずれにしても、映画『ハルカの陶』は、臨場感のある作品となりそうですので、

公開されない限りはっきりしたことは、分かりそうもありません。

情報が入り次第、追記します。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『ハルカの陶』は、実際に陶芸に関わっている方にとっては、とてもリアリティー

に溢れた作品となりそうですね。

 

一方、そうではないという方にとっても、未知の世界を垣間見ることができる貴重な

作品となることでしょう。

 

公開は、2019年11月30日(金)

さてどのような作品になっているのか?楽しみですね^^

 

最期までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ