アイネクライネナハトムジークの映画タイトルのドイツ語の意味は?原作小説との違いについても

映画『アイネクライネナハトムジーク』2019年9月20日(金)に公開されます。

それにしても、かなり特徴的なタイトルですね。

 

そこで今回は、映画『アイネクライネナハトムジーク』のタイトルの意味やタイトルに

込められた原作者の意図、また原作小説との違いについてもまとめてみました。

 

【公式】『アイネクライネナハトムジーク』9.20(金)公開/本予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】アイネクライネナハトムジークのあらすじ(内容)

日本人では初となる世界ヘビー級王座戦をめぐり熱狂する中、佐藤は街頭アンケートを

していて本間紗季と知り合います。実は佐藤は、劇的な出会いがやって来るのを期待

していました。そんな佐藤に美人ではあるものの、少し変わった妻の由美や子供たち

との家庭を持つ織田一真は、出会いについて語っていくことに。

 

やがて佐藤は上司である藤間に出会いについて相談しますが、藤間は落ち込んでいて

それどころではありませんでした。なぜなら妻と娘が家から出ていったからです。

 

そんな中、由美の友人である美奈子は恋をしていました。ところが美奈子が恋をしていた

男性とは会ったこともなく、声しか聴いたことのない人物だったのです。

 

それから10年の歳月が過ぎ、佐藤と本間紗季は交際して10年が経っていましたが、

やっと佐藤は、彼女との結婚に向けて動き出すことに。そんな佐藤と関わりがある人々に

よる奇跡が起こることになるのでした・・・。

 

 

【映画】アイネクライネナハトムジークのタイトルのドイツ語の意味とは?

映画『アイネクライネナハトムジーク』といえば、真っ先に気になるのがこの変わった

タイトルではないでしょうか?「アイネクライネナハトムジーク」といえば、どこかで

聞いたことがあると思いませんか?

 

そう、モーツァルトの有名な楽曲ですね。

 

しかし「アイネクライネナハトムジーク」は知っていてもタイトルの意味までは、

という方がほとんどではないでしょうか。って自分が知らなかっただけ^^;

そこで調べてみました!

 

「アイネクライネナハトムジーク」の意味とは「アイネ」は「ある」、「クライネ」は

「小さな」、「ナハト」は「夜の」、「ムジーク」は「曲」というものでした。

つまり「ある小さな夜の曲」です。

 

あれだけ華麗な旋律の楽曲にしては、ずいぶん質素な感じだったのですね。

映画『アイネクライネナハトムジーク』も特別ではない市井の人々を描いた作品です

ので意味としては、ささやかな群像劇というものだったのかもしれません。

 

 

アイネクライネナハトムジークのタイトルに込めた原作者の意図とは?

さて、映画『アイネクライネナハトムジーク』は、伊坂幸太郎さんの同名小説が原作。

伊坂幸太郎さんといえば、これまでに奇想に満ちた独特の世界観で読者を魅了してきた

作家ですよね。

 

それでは原作小説『アイネクライネナハトムジーク』のタイトルには、どんな意図が

込められていたのでしょうか。

 

伊坂幸太郎さんの小説のタイトルは、基本的に軽快で洗練されているものが少なく

ありません。代表的なものが『ゴールデンスランバー』でしょう。因みにこちらは

ビートルズの同名曲が由来でしたが、実は、作中ではこの曲が関わっていました。

 

したがって今作もモーツァルトの同名曲が何らかの関わりを持っている可能性は否定

できないかもしれません。

 

ある夜(あの時)出会ったということで、「ある小さな夜の曲」のある夜と、

曲は出演者それぞれの物語とかけているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】アイネクライネナハトムジークと原作小説との違いは?

伊坂幸太郎さんの小説が原作ということで期待が高まる、映画『アイネクライネ

ナハトムジーク』。では原作小説と映画には、具体的に大きな設定の違いなどは

あるのでしょうか。

 

概要を見比べてみたところ、登場人物の設定などには、とくに大きな違いなどは

見られないようです。しかし原作小説は、長編ではなく短編集でした。

 

「アイネクライネ」「ライトヘビー」「ドクメンタ」「ルックスライク」「メイクアップ」

「ナハトムジーク」という6つの話から構成されていました。よって各話によって主人公

をはじめ、登場人物が異なっていました。

 

そんな小説の長編映画化ということになれば、少なからず変化も出てくることでしょう。

ひょっとしたら、全体的には同じような流れでまとめてあるのかもしれません。実際に

映画『アイネクライネナハトムジーク』を鑑賞して、確かめてみるしかないようです。

 

短編小説集の長編映画化には賛否両論も出そうですが、そういったところも楽しみに

なりそうです。

 

 

まとめ

映画『アイネクライネナハトムジーク』は、これまでの伊坂幸太郎作品と同じく、

キャラクターのつながりが興味深くなりそうです。

 

一方キャストも三浦春馬さん主演、多部未華子さん、MEGUMIさん、貫地谷しほりさん、

原田泰造さんなどと充実しています。原作小説を読んでから映画を観ても良いかもです。

 

公開は、2019年9月20日(金)

どのように仕上がっているのか?楽しみですね^^

 

最期までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ