dTVのメリット・デメリットを徹底解説!ドコモユーザーとそれ以外の評価や感想も

映画やドラマをよくご覧になるという方であれば、欠かせないのが動画配信サービス

でしょう。しかし動画配信サービスといっても、U-NEXT、music.jp、ビデオマーケット

など多種多様。どれを選べばいいか分からないという方もたくさんいらっしゃるかと

思います。

 

そこで今回は、オススメの動画配信サービス!dTVのメリット・デメリットについて

徹底解説します。

 

dTVとは?

dTVは、エイベック通信放送が運営し、NTTドコモが提供している月額500円(税抜)で

映画・ドラマ・アニメ・音楽など様々なジャンル約120,000作品をスマホ・PC・テレビ

などで利用できる動画配信サービス。定額制動画配信サービスとしては国内最大規模の

会員数を誇ります。

 

現在は、docomoユーザーだけでなく、auやソフトバンクなど他の携帯会社のスマホやPC

タブレットなどでも利用できるようになりました。

 

  

『dTV』サービス紹介映像‐12万作品が見放題【お試し無料】

 

 

dTV のメリット

圧倒的なコストパフォーマンスと動画配信数

dTVのメリットを見ていくうえでまず着目したいのは、なんといってもそのコストパフォー

マンス性。動画配信数などいくつものメリットがあるうえに月額料金がたったの500円

(税抜)というところが魅力の一つです。

 

ちなみに、他の動画配信サービスと比較すると、

  月額料金(税抜) 動画配信数
U-NEXT 1,990円 130,000本
FODプレミアム 888円 2,000本
Hulu 933円 40,000本
dTV 500円 120,000本

dTVがどれだけ破格なのかが一目瞭然。ほぼ動画配信数が同じのU-NEXTと比較しても、

単純計算で約4倍はお得なことが分かります。

 

 

コンテンツの豊富さ

dTVで多いのは、なにも動画配信数だけではありません。コンテンツ数もかなりなもの。

映画、アニメ、ドラマ、韓流・華流、キッズ、バラエティー番組といった、定番動画が

充実しているのは、もはや当たり前。ところがdTVならこれだけでは終わりません。

洋画
邦画
アニメ
海外ドラマ
国内ドラマ
韓流・華流
キッズ
バラエティー
オリジナル
音楽

dTVオリジナル作品であるドラマやバラエティー番組なども視聴することができます。

普通の動画であれば、他のビデオオンデマンドでも視聴は可能ですがdTVオリジナル作品

となれば、当然dTVでなければ観ることができないので要注意です!

 

 

docomoユーザー以外でも契約できる

dTVのメリットを見る上で気になるところは、対象ユーザーの問題がありました。

dTVと聞けば、docomoユーザーが対象だというイメージがありませんか?

 

dTVはサービス開始時、dビデオという名称でdocomoユーザー限定となっていました。

しかしその後、auやソフトバンクなど他の携帯電話会社のユーザーも利用できるように

なりました。docomoユーザーじゃないからと遠慮していた方には、朗報ですね。

 

 

dポイントが貯まる

docomoといえば、dポイントの存在は無視できないでしょう。ではdTVでもdポイントを

獲得することはできるのでしょうか?

 

結論から言いますと、可能です。

 

こちらもdocomoユーザー以外であっても、獲得することが可能になっていました。

ちなみにdTVでは、100円利用するごとに1ポイントが付与されるというキャンペーン

が行われています。月額会員になると毎月5ポイント付与されます。またレンタル作品

についてもその対象となります。

 

 

こんなところでdポイントは利用可能です

dポイントの場合、他の動画配信サービスのポイントとは違い、日常生活でも様々な

シーンで利用できますから、かなりありがたいサービスと言えるのではないでしょうか。

 

dポイントがもらえるのは、dTVなどドコモが提供しているサービスだけではなく、

ドコモと提携しているサービス、事業者で貰える、使うことができます。

 

街のお店で使う

 

 

最大5つのデバイスで対応

ビデオオンデマンドを選ぶという場合、利用できるデバイスも気になりますよね?

dTVの場合、どうなっているのでしょうか?

 

なんと他のビデオオンデマンドと比較してみても、デバイスの対応数は格段に増えて

いました。スマホ、タブレット、パソコン、テレビといった身近なデバイスに関して

は、言うまでもなく当たり前。

 

しかしそれ以外にも、スマートTV、STBなど、利用できるデバイスは実に多岐に渡って

いて1つのアカウントで最大5つのデバイスを登録できます。

 

対応機種一覧

マルチデバイス設定方法など

 

 

オフラインで動画を視聴できる

dTVのメリットには、さらに注目すべきものがありました。それはなんと動画視聴が

オフラインで可能というもの。ご自宅などのWi-Fi環境でダウンロードしておけば、

外出先で電波を気にせず視聴が可能。通信は会員状態とライセンスを確認する再生開始

時だけ。通信制限も気にしなくても大丈夫なので、とても便利な機能。

 

ケースによっては、ネット接続が求められることもありますが、あくまで一時的なもの

ですから、ご安心ください。dTVのオフライン機能により通学や通勤時間がより楽しめ

ますね。

 

 

dTV会員限定の特典が満載!

dTVのメリットには、dTV会員限定の特典もありました。

まず、会員継続期間が長引くにつれて、ポイントもたくさん獲得することができます。

 

また、イベントへの出席や、グッズの贈呈といったものまでありました。これでは

もはや、dTVはただのビデオオンデマンドではなくて、総合的なエンターテインメント

サービスであるといえそうですね。

 

 

dTVの良い評価

ドコモユーザーの評価

dTVはドコモが運営する動画配信サービスで、月額500円で映画や海外ドラマが見放題です。料金は安いですが見れる作品数は多く、dTVでしか見れないオリジナルコンテンツもあります。もちろん映画、ドラマだけではなく、バラエティ、舞台など幅広く作品を揃えているのも魅力だと思います。もちろんスマホで動画を見る事が出来るので、通勤や通学、不意に空き時間が出来てしまった時などに利用出来ます。月額500円でこれだけのパフォーマンスは他にはなかなかないと思います。

(参考:みん評)

 

今までHuluやU-NEXTなど有名な動画配信サービスを利用していました。dtvはドコモが手がけているサービスなのでHuluなど海外から始まった会社などに比べて洋画や海外ドラマの品数が少なそうだなぁ・・・というイメージで今まで登録していなかったのですが、たまたまキャンペーンでお得に視聴できる機会があったので登録してみましたが、登録してみてビックリしました。明らかに他の動画配信サービスと比べても配信数が多い!しかも邦画に至って最新のものから、ずっと見たかったものまで・・・。視聴も遅延停止等まったくなくスムーズに見れます。一番最初に登録しておけばと思いました。これからも続けて利用します!

(参考:みん評)

 

docomoユーザーで、機種変更をするときに半強制的にいろいろなオプションがついてきて、それでdTVを利用するようになりました。はじめはすぐに解約しようと思っていましたが使ってみると楽しい!もともと海外ドラマが好きでレンタルして観ていましたが、観たいと思っていたものはもちろんですがレンタルするほどではないけど少し気になっていたものなどが気軽に観れるのがいいと思います。ただ、メンテナンスが少し多い気がするのでそこがマイナスですが、それ以外は大満足です!

(参考:みん評)

 

特別何かが見たかったというわけではなかったのですが、スマホにもともと入っていたので利用してみました。今までで一番見たのは海外ドラマです。特に体調を崩して寝込んで何もできなかったときに、寝込みながらも手元のスマホでドラマを一気にみられたのはよかったです。起き上がってテレビを見るのはつらいけど、スマホならどんな体勢でも大丈夫だったので、体調がよくなるまでベッドのなかで20話近くを一気にみた記憶があります。

(参考:みん評)

 

特別何かが見たかったというわけではなかったのですが、スマホにもともと入っていたので利用してみました。今までで一番見たのは海外ドラマです。特に体調を崩して寝込んで何もできなかったときに、寝込みながらも手元のスマホでドラマを一気にみられたのはよかったです。起き上がってテレビを見るのはつらいけど、スマホならどんな体勢でも大丈夫だったので、体調がよくなるまでベッドのなかで20話近くを一気にみた記憶があります。

(参考:みん評)

 

ドコモユーザー以外の評価

https://twitter.com/hpl0755/status/1162008557677510663?s=20

 

ドラマや映画、アニメ、音楽だけじゃなくフィットネスなど多岐にわたっていろんなコンテンツがあり、その時に応じた映像が楽しめるのが魅力です。 隙間時間もガッツリ楽しみたい人も老若男女問わず楽しめると思います!

 

好きな映画など落ち着いて鑑賞できていいと思います。ちょっとした休憩時間などに楽しませていただいております。

 

色々な、ジャンルの映画や、ドラマ、アニメ、音楽が楽しめる。

 

コスパが良いので、まだまだ着いて行きます。 他社がTV番組の未公開シーン含めた完全版を独占放送始めたりして活発的ですが、変わらずDTVがコスパ断トツです。 数多を巡り、実に飽き性な私が未だ飽きずにいます。 500円てお手軽すぎてずるいです。 解約する気を起こさせてくれない。 この自然な空気感が有り難いです。 見るものに困らない。

(参考:dTVアプリ Google Play

 

各社から動画配信サービスが提供されていますが、一番月額利用料金が安かったdTVを利用しています。利用するきっかけは、子供が好きな戦隊シリーズの映画が、レンタルビデオ店ではいつもレンタル中で借りられなかった時に、dTVで動画配信されていたので、利用しました。子供が好きなアニメや戦隊シリーズが豊富にあるので、病院での待ち時間や公共の乗り物に乗る時など子供が騒ぐと困る時に、自宅であらかじめダウンロードしておいたdTVの動画を見ています。

(参考:みん評)

 

動画配信サービスを色々検討した結果、こちらが安かったため登録・利用しております。他サービスだと支払方法はクレジットカードのみというところが多いかと思うのですが、dTVの場合はドコモユーザーであればケータイ払いも選べるのがいいです。月額料金は500円と安いですが、作品数は結構多いと思います。昔の映画やバラエティを楽しみたい私としては懐かしい作品も多く、十分楽しめています。PCで利用していますが、画質なども良く快適な環境で見ることが出来ています。一部追加料金が必要な作品もありますが、月額料金だけでも十分に楽しめるだけの作品は揃っていると思います。

(参考:みん評)

 

たった月額540円で、こんなに多くのコンテンツが自由に鑑賞できるシステムは、きっと人間ダメにします。子供たちが手続きして導入したのモノを、たまの休日に試しに鑑賞して見たところ驚きました。昔の映画やドラマがCMも無くダイレクトに鑑賞できます。気が付くともう夜になっていました。

(参考:みん評)

 

dTVではレトロ感満載のキネマ旬報の作品を楽しめるのが魅力的です。受賞作シアターでは人気の作品がベスト・テン形式で見れるのが良かったです。気になる作品はクリップできて便利です。ショート・ショートという作品も充実していて、大好きなコメディやヒューマンドラマも充実しているのも良かったです。ドイツ作品から猫が活躍、生まれ変わり、ドタバタ、独創的な世界などのジャンルから作品を選べるのも楽しいところでした。劇場未公開作品も1000本近くもあるのも魅力的でした。

(参考:みん評)

 

良い評価を観た結果、なんと言ってもコスパの良さとコンテンツの多さに評価が集まって

いますね。運営会社がエイベックス通信放送というだけあって、とくに音楽関連が強い印

象を受けました。

 

 

 

dTVに新規会員登録する方法こちらから

 

dTVを解約・退会する方法はこちらから

 

 

dTVのデメリット

dTVは、コストパフォーマンスに優れメリットも豊富な動画配信サービスですが

当然ですが、デメリットもあります。

 

人それぞれメリットやデメリットになるポイントは違いますが、登録するかお悩みの

方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

観たい作品が少ない/レンタルは追加課金が必要

dTVは、約120,000作品配信されているのですが、U-NEXTと比べると観たい見放題作品は

やや少なめ。また見放題作品ならいくら観ても追加料金は発生しませんが、最新作や一部

旧作に関しては、月額料金とは別に追加課金が必要です。

  レンタル料金(税抜)
映画 300~500円
ドラマ 200~300円
テレビアニメ 200円

※標準画質とHD画質では1本あたり100円の差があり。作品によっては画質が選択

できない場合があり、レンタル料金が同じ場合もある。

 

dTVオリジナル作品などご自分の観たい作品があれば満足度はかなりなものになること

間違いなしです。

 

 

複数の端末での同時再生ができない

dTVでは、1アカウントを家族で共有することはできますが、複数端末での同時再生は

できません。

 

例えばお父さんがパソコンで映画を見ている場合、お子さんがスマホでアニメを視聴

することはできません。

 

また最大5つのデバイスを登録できますが、ゲーム機は対象外。しかも同じパソコンで

『IE』『Chrome』と同時にアクセスした場合は、2つの端末としてカウントされます。

 

U-NEXTの場合だと最大4台まで同時再生やPS4などゲーム機を利用して動画など視聴でき

ますので、やや劣っている感は否めません。

 

 

悪い評価

ドコモユーザーの評価

スマホ契約時からなんとなく使っていますが、とにかくユーザーインターフェイスがクソ過ぎて使いにくい。PCではカーソル持っていくとサムネイル画像が意味もなく大きくなりイライラ。作品のカテゴリー分けもバカっぽく手前勝手で実用性皆無。これまたイライラ。サーバーが弱いのか回線が弱いのか、ChromeCastや専用TV接続端末での視聴時にフリーズしまくり、ライセンス認証でエラー、どうしようもないです。Amazonの方がマシかもしれません。

(参考:みん評)

 

 

ドコモユーザー以外の評価

月額500円で見放題を謳っておきながら、見たいと思った映画などがほとんど別料金のレンタル料がかかる。しかも、1本300円など普通にレンタルするよりも高くつく。無料で見れるモノは古いものが多く、何の為の月額料金なのが意味不明。

(参考:みん評

 

無料期間で利用してみたのですが、見たい物もあまりなかったし、1週間くらいの余裕をもって退会したのに、料金が発生している事に気づき、連絡をするも、問合せフォームしかなくて、そこへメールを送ると『退会手続きは完了している事を確認致しました。当窓口はサポート窓口になるのでドコモインフォメーションへお問合せ下さい』と、番号を表示していた為、かけてみると『こちらではドコモの契約がないとお調べできません・・』『サポート窓口の方でこちらへかけるように言われたのですが・・』すると『調べる事はできません。メールサポートで問合せて下さい・・』とキレぎみで言われ、とても不愉快でした。・・この後もメールや電話などでたらい回しにされました。結局dTVチャンネルが解約になっていなかったようなのですが、こんなに無責任な態度で『こちらではわかりません・・』とたらい回しにされるとは思いませんでした。二度とドコモ関連は利用しません!!!

(参考:みん評)

 

星1が妥当なゴミアプリ。 12万作品が月額500円で見放題と謳っているが、実際は有名な作品(特に映画)に関しては有料なものがほとんど。 月額500円と他の配信サービスに比べ安いように見えるが、その分追加で主要な作品に関しては見る毎に料金(300円~400円)を払わなければならないため、わざわざこのアプリを選ぶ理由は0に等しい。

(参考:dTVアプリ Google Play

 

悪い評価を見ましたが、見放題作品の少なさ、レンタル作品やメンテナンスの多さ、

などなかなかきついコメントがありました。特にdTVアプリに関しては使いづらい印象

を受けました。

 

 

dTVのメリット・デメリットまとめ

メリット

・圧倒的なコストパフォーマンスと動画配信数

・コンテンツの豊富さ

・docomoユーザー以外でも契約できる

・dポイントが貯まる

・最大5つのデバイスで対応

・オフラインで動画を視聴できる

・dTV会員限定の特典が満載!

 

デメリット

・観たい作品が少ない/一部追加課金が必要

・複数の端末での同時再生ができない

 

ここまでdTVのメリット・デメリットについてご紹介してきました。

数ある動画配信サービスの中でも、dTVの良さをご理解いただけたでしょうか?

 

U-NEXT、FODプレミアム、Huluなどと比較すれば知名度は低めですがオススメポイント

も満載です。どこの動画配信サービスでもメリット・デメリットはあります。

それが自分にとってメリットかデメリットかどうか。

 

あとはそれぞれの事情やシーンに合わせて、もっともメリットが大きいと思われる

サービスを選択して、しっかりご利用ください。

 

まずは、無料トライアルの登録し、使い勝手などお試しください。

 

 

dTVこんな人にオススメ

・とにかく月額料金を安く抑えたい

・あらゆるジャンルの動画を楽しみたい

・旧作でも良いのでとにかくたくさん動画を観たい

・オリジナル作品を楽しみたい

dTVは、特にコストパフォーマンスに優れた動画配信サービスです。最新作映画の配信

スピードはやや劣りますが、メリットも豊富で見逃せないの動画配信サービスの一つ。

 

とにかく少しでもお安く楽しみたいという方には、オススメです!

まだまだ進化してほしい機能などありますが、これからのdTVに期待です。

 

 

 

dTVに新規会員登録する方法こちらから

 

dTVを解約・退会する方法はこちらから

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ