【映画】人間失格の小栗旬が配役された理由を考察!役どころと経歴についても

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』が、2019年9月13日(金)に公開されます。

これまでに何度も映像化されてきた太宰治の『人間失格』だけに、今回はどのような

作風になるのか楽しみ。

 

また独特な色彩感覚で知られる蜷川実花さんが監督ということもあり、ますます期待する

ことができそうです。

 

ということで今回は、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』主演の小栗旬さんの

役どころや経歴、またなぜ小栗旬さんが配役されたのかを考察してみました。

 

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」主題歌入り本予告(90秒)

 

スポンサードリンク

 

【映画】人間失格の簡単なあらすじ

太宰治は、若いながらも天才として知られた作家でした。作家としては、これまでに多数

の傑作を発表し世間から評価されていました。しかしそんな太宰治には、もう1つの

異なった面もあったのです。それはルーズな女性関係。

 

津島美知子という妻がいて、子供も2人もいた太宰治でしたが、他の女性とも関係があった

のです。おまけにこれまで自殺未遂を引き起こしたことは数知れず。

 

とこのように、あまりにも常識離れした面も持っていた太宰治は、一般読者からの人気は

高かったものの、文壇においては必ずしもよく思われてはいませんでした。

 

そんな太宰治は、愛人の太田静子が作家志望で実際に文章力があったことから女性として

も作家志望者としても愛するようになっていきます。しかし太宰治の愛人は太田静子だけ

ではなく、未亡人である山崎富栄もそうでした。

 

やがて太宰治は、太田静子と山崎富栄の双方から子供を求められるようになっていくこと

に。それでも津島美知子は、そんな女性にだらしのない太宰治に対して、あくまでも作家

としての実力を見込んで見捨てたりはしませんでした。

 

しかし津島美知子から尻を叩かれ後に高く評価され、自身の代表作となる『人間失格』を

執筆し始めることになります。

 

 

【映画】人間失格の小栗旬の役どころと経歴

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』で主人公の太宰治役を演じる小栗旬さん。

役どころは、3人の女性を愛し、自殺未遂を繰り返すだらしない作家という以外

詳しい役どころは分かっていません。

 

そこで実際の太宰治の女性関係を見ていきましょう。

太宰治といえば、作家としては素晴らしい才能の持ち主でしたが、この映画で描かれて

いるように女性関係で問題があるということで話題になってきた人物でした。

 

太田静子も山崎富栄もフィクションではなく、実在の人物。

太田静子は歌人で太宰治の代表作の1つである『斜陽』の登場人物のモデルでもあり

ました。2人のあいだには太田治子さんが生まれています。

 

一方、山崎富栄は美容師で太宰治は1948年6月13日、玉川上水において彼女と入水自殺を

遂げるという、壮絶な最期となりました。

 

はたして劇中で、小栗旬さんがどこまでを演じるのかは不明ですが、いずれにしても高い

演技力が求められそうですね。そんな小栗旬さんの経歴ですが、1982年12月26日、東京

都出身の36歳。

 

『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』『Woman』『信長協奏曲』といった

トレンディードラマで活躍し、人気俳優となりました。一方映画においても『キサラギ』

『クローズZERO』『君の膵臓をたべたい』など数多くの映画やドラマに出演しています。

さてどんな太宰治を演じてくれるのか?その期待も高まります。

 

 

 

【映画】人間失格の小栗旬が配役された理由を考察!

それでは映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』において、小栗旬さんが太宰治役に

配役された理由とは、何だったのでしょうか。

 

当たり前ですが、ただ人気イケメン俳優だからというものではありません。

監督の蜷川実花さんは、最初から主演は小栗旬さんしかいないと確信していたといい

ます。

 

この背景には、トップ俳優ゆえに小栗旬さんにあるはずの孤独などを重視したことが

あったとか。つまり蜷川実花さんは、太宰治の孤独な心理を表現させるうえで現実の

俳優にも孤独さを求めたといえます。さすがは芸術家という感じの配役理由だった

ようです。

 

こういったこだわりのある理由であれば、俳優サイドにとっては荷が重い面はあるかも

しれません。しかし実績豊富な小栗旬さんなら、間違いなくこれに応えてくれるのでは

ないでしょうか?

 

監督もキャストも素晴らしい面々だけに、仕上がりがどうなるのか?

楽しみでしかありませんね。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、これまでの『人間失格』とは違い、小説の

映像化ということではなく太宰治そのものを描くという画期的なもの。

 

それだけに小栗旬さんをはじめ、3人の女たちを演じる宮沢りえさん、沢尻エリカさん、

二階堂ふみさんの演技力に注目です。

 

映画『ダイナー』を監督したことでも大いに話題になった蜷川実花さんの演出も

見逃せません。

 

公開は、2019年9月13日(金)

その独特な世界観を楽しみたいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ