ターミネーターニューフェイトの今度の敵は強化人間?!意味と能力についても

映画『ターミネーターニューフェイト』が、2019年11月8日(金)に公開されます。

『ターミネーター』シリーズの最新作ということ、そして初代ターミネーターとして

出演したアーノルド・シュワルツェネッガーが帰ってくるということで盛り上がって

います。

 

『ターミネーター2』では、全米で興行収入2億484万ドルを記録し、1991年の年間

興行収入ランキングで1位に輝くなど世界的な大ヒットを記録しました。

 

また『ターミネーター』で流れるテーマソング『MainTitle』はアニメやバラエティーなど

テレビ番組で使用されていて、子供から大人まで一度は聞いたことがあるはず。

 

ということでこの記事では、映画『ターミネーターニューフェイト』について、内容や

敵役のターミネーター、そして強化人間についてまとめてみました。

 

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』特報【私はサラ・コナー】編60秒

 

スポンサードリンク

 

ターミネーターニューフェイトの内容

映画『ターミネーターニューフェイト』は、1984年の第1作から数えてシリーズ第6作目。

今回は第2作目の映画『ターミネーター2』の続編ということで『ターミネーター3』以降の

作品とは全く関係がないようで、スタッフは『忘れてもらっていい』とまでいっている

そうでここは重要なポイントだといえます。

 

未来の人類が舞台になっていて人工知能『スカイネット』が人類を滅亡の危機に陥れ

ました。反乱軍のリーダー、ジョン・コナーが立ち上がることで人類の反撃がスタート!

 

1984年に殺人アンドロイド『ターミネーター・サイバーダインシステム・モデル10』を

送り、ジョン・コナーの反撃を阻止しようとします。そこでターゲットになったのが

ジョン・コナーの母親。その母親は『カイル・リース』という男性に救助されます。

 

スカイネットと人類の核戦争『審判の日』が起きてしまう未来を記憶していたサラ・

コナーは、スカイネットを作り出したサイバーダイン社の爆破事件を起こしますが、

失敗して警察病院に囚われてしまいます。

 

ジョンとT800は、母親を助けるため病院にやってきますが、時空を超えてターミ

ネーターがやってきます・・・。やがて変形自在の液体金属でできている最強の

ターミーネータとの戦いが始まります。

 

とここまでが、『ターミネーター2』までの簡単な流れですが、

今回の『ターミネーターニューフェイト』の具体的なストーリーはまだ不明な点が多い

ものの、これまでのシリーズには見られなかった存在が登場します。

 

また映画『ターミネーター2』のメインキャラである、サラ・コナーとジョン・コナー役の

リンダ・ハミルトンとエドワード・ファーロングが、同役にて再出演するということで

ファンを喜ばせていました。

 

当然ストーリーも面白くなるのでしょうが、こういった話題だけでもかなり期待が持て

そうで公開されるのが待ち遠しいです。

 

 

ターミネーターニューフェイトの敵について

これまで映画『ターミネーター』シリーズでは、ターミネーターもさることながら、

敵の存在も注目されてきました。

 

第1作の映画『ターミネーター』では、アーノルド・シュワルツェネッガー演じるT-800。

後に味方になる彼ですが、そもそもは敵でした。

 

 

第2作の映画『ターミネーター2』では、ロバート・パトリック演じるT-1000。

 

 

第3作の映画『ターミネーター3』では、史上初の女性でクリスタナ・ローケン演じる

T-X。

 

第4作の映画『ターミネーター4』では、またしてもアーノルド・シュワルツェネッガー

演じるT-800。

 

 

そして第5作の映画『ターミネーター新起動/ジェニシス』では、初の

アジア系で演じるT-1000でした。と敵も多彩でした。

 

 

 

さて映画『ターミネーターニューフェイト』の敵はと言うとガブリエル・ルナ演じる

Rev-9。ガブリエル・ルナは、1982年12月5日生まれの36歳。映画では、『ザ・ボーダー

ライン合衆国国境警備隊』など。ドラマでは、『エージェント・オブ・シールド』などに

出演しています。プライベートでは、女優のスマランダ・ルナさんと結婚していました。

 

今のところRev-9についての詳細は分かっていません。Rev-9についてはT-800とT-1000

の間の存在としてファンは憶測しているようです。最高傑作である映画『ターミネーター

2』の続編なので、敵のターミネーターもかなり強力になるのではないでしょうか。

 

今までのターミネーターは人間より機械っぽいところがありましたが、Rev-9について

監督は『従来のターミネーターよりもはるかに人間らしい』と述べています。またター

ミネーターニューフェイトではT-800も同じモデルなのに別物になると話しています。

 

現在はT-800がどう変わるか不明ですが監督が別物と表現しているのでターミネーター

第1作や第2作で登場したT-800との違いが気になるところです。

 

Rev-9は人間らしい特徴を持っているということは、彼らも人間のことを日々理解して

いるということでしょう。能力だけではなく知性も上がっているなら最強の敵になると

言っても過言ではありません。

 

演じるガブリエル・ルナは甘いマスクではありますが、劇中では最強のターミネーター、

しかも敵ということでその能力が気になるところです。

 

スポンサードリンク

 

強化人間の意味と能力について

映画『ターミネーターニューフェイト』では、これまでのシリーズとは異なり、普通の

人間、ターミネーター以外に、また異なった存在が登場しています。それはいったい

何かというと強化人間なるもの。

 

強化人間って?いったい何?

よく分からないということで調べてみました。

 

強化人間というのは、映画『ターミネーターニューフェイト』のオリジナル設定ではあり

ませんでした。もともとは、『機動戦士ガンダム』で話題になっていて、他にも様々な

作品に登場していました。

 

なお『機動戦士ガンダム』における強化人間とは、精神を改造した人間を言いますが、

映画『ターミネーターニューフェイト』をはじめ、ほとんどの強化人間は、そういった

設定ではありません。

 

一般的な強化人間とは、肉体面を改造して強い能力を発揮する人間のこと。

 

映画『ターミネーターニューフェイト』に登場する強化人間は、グレイスといって、

マッケンジー・デイヴィスが演じています。そんなグレイスの身体的能力ですが、

まだ具体的なことは明らかになっていませんでした。

 

役どころとしては、どこからかは分かりませんが指令を受けてナタリア・レイエス演じる

ダニ・ラモスを守りに、メキシコにやってくるというもの。こういったところから

グレイスはかなりの身体的能力を持っているのではないかと予想されます。

 

普通の人間、ターミネーター、そして強化人間、それぞれのアクションがどのようなもの

なのか?とても興味く気になるところですね。情報が入り次第、追記していきます。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

あのターミネーターシリーズの最新作・ターミネーターニューフェイトの公開が決定し、

世界中のファンが注目しています。激しいアクションシーンや緊迫するシーンの連続

に目が離せません

 

また初代ターミネーターであるアーノルド・シュワルツェネッガーが出演することも

決まっていて、彼自身も『ハードに演じるそれがターミネーターだ』と話していて

気合十分!

 

これまでに分かっている情報だけでも、映画『ターミネーターニューフェイト』は

かなりな大作となりそうですね。どのような展開を見せていくのか、今のところ情報が

少ない状況ですが、そこが余計に興味をそそられますね。

 

公開は、2019年11月8日(金)。

4年ぶりに戻ってくる最新作、見逃すわけにはいきません。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ