【映画】マレフィセント2の出演者キャストと役どころ!日本語吹き替え声優についても

映画『マレフィセント2』が、2019年10月18日(金)に公開されます。

前作の映画『マレフィセント』は大ヒット!その続編ということで今作はいったい

どのような展開になるのか注目です。

 

ということで今回は、映画『マレフィセント2』のキャストと役どころ、

そして日本語吹き替え声優についてもまとめてみました。

 

「マレフィセント2」予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】マレフィセント2のキャストと役どころ

マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)

役名:マレフィセント

演者:アンジェリーナ・ジョリー

 

マレフィセントは、ムーア国の妖精です。

 

本来は優しい心の持ち主でしたが、恋人に裏切られ、オーロラ姫に呪いをかけて

しまいます。

 

アンジェリーナ・ジョリーさんは、1975年6月4日生まれの44歳。

『トゥームレイダー』『Mr.&Mrs. スミス』『ソルト』『ツーリスト』

『チェンジリング』などの映画に出演。

 

 

オーロラ姫(エル・ファニング)

役名:オーロラ姫

演者:エル・ファニング

 

オーロラ姫は、ステファン王の一人娘です。

 

マレフィセントによって呪いをかけられてしまいます。

前作では、王国と妖精の国、2つの国の女王になります。

 

エル・ファニングさんは、1998年4月9日生まれの21歳。

『ベンジャミン・バトン数奇な人生』、『SUPER8/スーパーエイト』などの映画に

出演してきました。

 

 

イングリス女王(ミシェル・ファイファー)

役名:イングリス女王

演者:ミシェル・ファイファー

 

イングリス女王は、フィリップ王子の母親。

 

ミシェル・ファイファーさんは、1958年4月29日生まれの61歳。

『バットマンリターンズ』、『オリエント急行殺人事件』などの映画に出演してきました。

シスルウィットは、ステファン王の手下の妖精で、オーロラ姫の世話を焼いていきます。

 

 

シスルウィット(ジュノー・テンプル)

役名:シスルウィット

演者:ジュノー・テンプル

 

シスルウィットは、ステファン王の手下の妖精で、オーロラ姫の世話をします。

 

ジュノー・テンプルさんは、1989年1月21日生まれの30歳。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』、『トランストリップ』などの

映画に出演。

 

 

ノットグラス(イメルダ・スタウントン)

役名:ノットグラス

演者:イメルダ・スタウントン

 

ノットグラスは、おなじくステファン王の手下の妖精で、オーロラ姫の世話をします。

 

イメルダ・スタウントンさんは、1956年1月9日生まれの63歳。

『ヴェラ・ドレイク』、『ハリー・ポッター』シリーズなどの映画に出演してきました。

 

 

フリットル(レスリー・マンヴィル)

役名:フリットル

演者:レスリー・マンヴィル

 

フリットルは、おなじくステファン王の手下の妖精で、オーロラ姫の世話をします。

 

レスリー・マンヴィルさんは、1956年3月12日生まれの63歳。

『家族の庭』、『ファントム・スレッド』などの映画に出演。

 

 

ディアヴァル(サム・ライリー)

役名:ディアヴァル

演者:サム・ライリー

 

ディアヴァルは、マレフィセントの部下であるカラス。

 

サム・ライリーさんは、1980年1月8日生まれの39歳。

『オン・ザ・ロード』、『フリー・ファイヤー』などの映画に出演。

 

 

フィリップ王子(ハリス・ディキンソン)

役名:フィリップ王子

演者:ハリス・ディキンソン

 

フィリップ王子は、オーロラ姫に好意を寄せる隣国の王子。

 

ハリス・ディキンソンさんは、1996年6月24日生まれの23歳。

『ブルックリンの片隅で』『ダーケスト・マインド』などの映画に出演。

 

スポンサードリンク

 

【映画】マレフィセント2の日本語吹き替え声優

ここまで、映画『マレフィセント2』のキャストを見てまいりました。

それでは、これらの日本語吹き替え声優は、どうなっているのでしょうか。

 

調べてみましたが、これらはまだ明かされていませんでした。

そのため、キャストたちの過去の出演作の日本語吹き替え声優を見ていきましょう。

 

 

アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント)は、『白い帽子の女』のヴァネッサ役は

湯屋敦子さん。

 

 

エル・ファニング(オーロラ姫)は『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の

アリシア役は早見沙織さん。

 

 

ミシェル・ファイファー(イングリス女王)は『オリエント急行殺人事件』の

キャロライン・ハバード夫人役は駒塚由衣さん。

 

 

ジュノー・テンプル(シスルウィット)は、『シン・シティ復讐の女神』のサリー役は

藤野泰子さん。

 

 

イメルダ・スタウントン(ノットグラス)は、『ハリー・ポッター』シリーズの

ドローレス・ジェーン・アンブリッジ役は小宮和枝さん。

 

 

レスリー・マンヴィル(フリットル)は、『ファントム・スレッド』のシリル・

ウッドコック役は寺内よりえさん。

 

 

サム・ライリー(ディアヴァル)は、『フリー・ファイヤー』のスティーヴォ役は

坂田明寛さん。

 

 

 

ハリス・ディキンソンは、過去作も不明でした。

※情報が入り次第、追記します。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『マレフィセント2』は、ディズニーが贈る2019年を代表する名作となりそうです。

前作を観ている方も、そうではない方もきっと楽しめるはず^^

 

公開は、2019年10月18日(金)

公開が待ち遠しいです!

 

最後までありがとうございました

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ