【映画】影に抱かれて眠れのネタバレ結末は?見どころやあらすじ内容についても

映画『影に抱かれて眠れ』が、2019年9月6日(金)に公開されます。

ジャンルはハードボイルド。そこへラブストーリーもありで、物語の具体的な内容が

気になります。

 

ということでいったいどのような内容なのか?あらすじや見どころ、結末など

まとめてみました。また一部ネタバレも含まれますので、知りたくないという方は

ご注意ください。

 

映画「影に抱かれて眠れ」9月6日(金)公開 特報映像

 

スポンサードリンク

 

【映画】影に抱かれて眠れのあらすじ(内容)

主人公の硲冬樹は、画家として活躍していてその才能は認められていました。

その一方で酒場のオーナーという顔も持っています。自身の経営する酒場を巡っては

飲みまくるという毎日を送っていました。

 

そんなことの繰り返しでしたが、あることをきっかけに変わります。

冬樹には、岩井信治という彼を親の慕う男がいました。

ある日、信治が怪我を負って冬樹の元へころがりこんできました。

 

信治は碧の会というNPOのメンバーとして、トラブルに巻き込まれた少女を助けようと

していて、自分もトラブルに巻き込まれてしまったというのです。冬樹はそんな信治に

協力していくことに。

 

しかしそれと共に冬樹には、これまで愛情を抱いてきた人妻の永井響子の余命が短い

ことを知り、そうして良いものか悩みます。やがて冬樹は、響子への愛を形にした

絵を描きたいという感情が芽生え始めるのでした。

 

以上が映画『影に抱かれて眠れ』の簡単なあらすじです。

冬樹が人助けと人妻への愛に奔走していくさまを描くというストーリーですが、

さてこれからどのように物語は進んでいくのか?気になります。

 

 

【映画】影に抱かれて眠れの見どころ

映画『影に抱かれて眠れ』は、日本を代表するハードボイルド作家の1人である

北方謙三さんの小説『抱影』が原作。これだけ著名な作家が原作者なら期待できそう

ですが、キャストのほうも素晴らしいものとなっていました。

 

硲冬樹役は加藤雅也さん、永井響子役は中村ゆりさん、辻村正人役は松本利夫さん、

岩井信治役はカトウシンスケさん、中井健太郎役は若旦那さん、小島たき子役は

熊切あさ美さん、吉村秋保役は余貴美子さん、中本良蔵役は火野正平さん、

三田村涼役はAK-69さんが演じます。

 

主役の硲冬樹を演じる加藤雅也さんやその脇を固める豪華俳優陣の演技にも注目ですが

ポスタービジュアルの「男は全てを受け入れた」とあるように、全てを受け入れ物語は

どうなっていくのか?またその先には何が待っていてどのような結末を迎えるのか?

見どころ満載ですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】影に抱かれて眠れの結末について(ネタバレ)

さて内容が意味深なだけに映画『影に抱かれて眠れ』の結末が気になります。

未公開映画ですので、原作小説『抱影』の結末をご覧ください。

 

冬樹は、ケンカはめっぽう強かったため、自身に迫るトラブルは対処していきます。

しかし愛する永井響子については、なんともできませんでした。

 

もう20年以上も永井響子に純愛を貫いてきていた冬樹。たとえ冬樹がどれだけ尽力しよう

とも永井響子の寿命を引き延ばすことだけはできません。冬樹は運命の理不尽

さに翻弄されていくのでした。

 

原作小説『抱影』では、冬樹が『ハムレット』のような心境に陥るさまが描かれて

いきます。結局、最終的に冬樹がどうような結末を選んだのかについては、

読者には示されていません。

 

ここのところが映画『影に抱かれて眠れ』ではどう描かれているのか、

興味深いところです。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『影に抱かれて眠れ』は、ジャンルはハードボイルド作品。

 

そもそもハードボイルドとは?

文芸用語としては、暴力的・反道徳的な内容を、批判を加えず、客観的で簡潔な

描写で記述する手法・文体をいう。

引用元:Wikipedia

 

このことから冬樹が信治のトラブルに巻き込まれ、ヤクザとの戦いなどがハードボイルド

なところと思われがちですが、「男は全てを受け入れた」とあるように起こったことを

全てを受け入れるその人としての器の大きさ、生き様こそがハードボイルドだと

思います。

 

また予告編を見る限り、このなんとも言えない空気感というか世界観がハードボイルド

好きにはたまりませんね。

 

公開は、2019年9月6日(金)

どのような結末を迎えるのか、公開が楽しみです。

 

最後までありがとうございました

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ