【映画】荒野の誓いのキャストと役どころ!クリスチャン・ベールが配役された理由についても考察

『悪党に粛清を』『ある決闘 セントヘレナの掟』に続くウェスタン・ノワール

の3作目『荒野の誓い』は、2019年9月6日(金)公開。

 

製作、脚本、監督を務めるのはジェフ・ブリッジスがアカデミー主演男優賞を受賞した

『クレイジー・ハート』とジョニー・デップが実在の凶悪なギャングを演じた

『ブラック・スキャンダル』を手掛けたスコット・クーパー

 

主演を務めたクリスチャン・ベールとは『ファーナス/訣別の朝』以来のタッグ

となりました。

 

ということで【映画】荒野の誓いの気になる出演者や役どころ、そしてなぜ

クリスチャン・ベールが配役されたのか?についてまとめました。

 

『荒野の誓い』予告編 9月6日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】荒野の誓いのあらすじ(内容)

1892年、アメリカのニューメキシコ州。

この場所は産業革命によって急速に開拓地や街へと変わり始めていた。

 

騎兵隊の大尉であるジョー・ブロッカーはインディアン戦争の英雄で今は看守を

務めている。彼はかつて宿敵関係にあり、余命わずかなシャイアン族の酋長イエロー

・ホークとその家族をモンタナ州へ護送する任務に就いた。

 

ジョーたち一行は護送の途中でコマンチ族の虐殺によって家族を亡くした過去を持つ

ロザリーと出会い、彼女もジョーたち一行に加わることになる。

 

厳しい辺境の地をなんとか乗り越えていくが、1000マイルほど移動したある地点で、

互いの協力がなければ生きていくことができない危機的な状況に置かれてしまうので

あった。

 

 

【映画】荒野の誓いの出演者と役どころ

ジョー・ブロッカー(クリスチャン・ベール)

役名:ジョー・ブロッカー

演者:クリスチャン・ベール

 

本作で主演を務めるのはイギリス出身の俳優クリスチャン・ベール。

インディアン戦争の英雄である騎兵隊の大尉ジョー・ブロッカーを演じている。

戦争の英雄でありながら、戦場で生じた暗い闇を抱え、ただ黙々と看守の仕事を

こなす男を演じる。

 

映画デビューは、1987年の映画『太陽の帝国』。

2度のアカデミー監督賞に輝くスティーブン・スピルバーグがメガホンを握った作品。

オーディション参加者4000人の中から選ばれた。

 

2010年の映画『ザ・ファイター』ではアカデミー助演男優賞を受賞。

映画『ザ・ファイター』ではコカイン中毒の元ボクサーを演じるために13キロの減量

に加え、髪の毛を抜き、歯並びも変えたことで注目される。

 

また、2018年の映画『バイス』ではアメリカ元副大統領ディック・チェイニーを

演じるために約18キロ増量した。

 

 

ロザリー(ロザムンド・パイク)

役名:ロザリー

演者:ロザムンド・パイク

 

コマンチ族の虐殺で家族を亡くした女性ロザリーを演じるのはロザムンド・パイク。

イギリス出身。2002年の映画『007/ダイ・アナザー・デイ』でオスカー女優の

ハル・ベリーと共にボンドガールに選ばれる。

 

2012年の映画『アウトロー』でトム・クルーズと共演。

地方検事の娘で弁護士役を演じ、2014年の映画『ゴーン・ガール』では

ベン・アフレック演じる夫を追い詰める妻を演じた。

 

 

【映画】荒野の誓いの日本語吹き替え声優

いまのところ日本語吹き替え声優の情報がありません。

詳細がわかり次第、追記します。

 

スポンサードリンク

 

【映画】荒野の誓いでジョー役にクリスチャン・ベールが配役された理由について

クリスチャン・ベールがアメリカの元副大統領ディック・チェイニーを演じた

映画『バイス』は圧巻の一言。まるでディック・チェイニー本人を見ているかの

ようでした。不敵な笑みを浮かべ、副大統領という影の地位を利用して、権力を

欲しいままにする姿は不気味であった。

 

また映画『ザ・ファイター』ではコカイン中毒の元ボクサーを演じているが、

役作りのために13キロも体重を減らし、髪の毛を抜いて、歯並びも変えた。

「俳優」というよりも「役者」と呼ぶのがふさわしい。

 

クリスチャン・ベールと同じイギリス出身の俳優ダニエル・デイ=ルイスや

ゲイリー・オールドマンを想わせる。演じる役に自分を近付けていき、

最後はその役になりきってしまう。

 

またクリストファー・ノーラン監督による「新バットマン・シリーズ」3部作では

大富豪にしてバットマンであるブルース・ウェインを演じた。正義のために悪と戦う

バットマンの苦悩を見事に表現していた。

 

『荒野の誓い』では、戦争の英雄でありながらも、暗い闇を抱えた軍人の役を

演じている。

 

まさにカメレオン!

 

きっと今回も観る者を楽しませてくれる役作りをしていることでしょう。

これらのことからもクリスチャン・ベールが配役されるのは当然と言えるのでは

ないでしょうか。

 

 

まとめ

まさに役者の中の役者、クリスチャン・ベールが戦争の英雄でありながらも暗い過去

を持つ軍人の役の役作りやどう演じるのか見逃すわけにはいきません。

 

公開は、2019年9月6日(金)

さてどのように魅せてくれるのか?公開が待ち遠しいです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ