【TVアニメ】BEMの見どころやあらすじ内容まとめ!前作妖怪人間ベムとの違いについても

TVアニメ『BEM』が、7月14日からテレビ東京系毎週日曜日1:35

から放送開始となります。

 

あの超人気TVアニメ『妖怪人間ベム』の新作だということでとても気になります。

いったいどのような内容になっているのか?

 

ということでTVアニメ『BEM』のあらすじや見どころ、また前作の『妖怪人間ベム』

との違いについてもまとめてみました。

 

TVアニメ『BEM』本PV 2019年7月から放送開始!

 

スポンサードリンク

 

【TVアニメ】BEMのあらすじ(内容)

物語の舞台は、リブラシティという街。

リブラシティは、治安が安定したアッパーサイドそうではないアウトサイドからなる

両極端な街でした。

 

そんな中、女性刑事であるソニア・サマーズは、アッパーサイドからアウトサイドへと

仕事でやって来ることに。やがて事件に忙殺されていくソニア・サマーズは、

3人の妖怪人間と出会うことになります。

 

それは、ベムベラベロでした。

 

ベムは悪を倒して人間になろうとしていています。そしてベラは人間を理解して人間に

なろうとしていますが、ベロはそういうことには興味がありませんでした。

 

しかしながら人間のために戦っている3人ですが、人間からは決して理解を得られず

苦しみます。さてベムとベラとベロは、ある人物によって捕まえられようと

していました・・・。

 

ご覧のように、TVアニメ『BEM』は、妖怪人間たちが主人公というファンタジー?

ところがけっして愉快な感じというわけではなくて、けっこうダークな話です。

 

ベム、ベラ、ベロの妖怪人間たちもさることながら、女性刑事のソニア・サマーズや

3人をつかまえようとしている人物も含めて、どんな展開を見せていくのか

とても楽しみです。

 

 

【TVアニメ】BEMの見どころ

TVアニメ『BEM』は、TVアニメ『妖怪人間ベム』の続編です。

おそらく、アニメ好きな方でなくても『妖怪人間ベム』というタイトルを聞いたことが

ないという方はまずいないのではないでしょうか。それほどこの作品は有名です。

 

なにしろ、TVアニメ『妖怪人間ベム』の歴史はかなり古く初めて放送されたのは、

1968年。つまりもう半世紀以上の歴史を誇っているというわけです。

 

TVアニメ『妖怪人間ベム』は、これまでに新作としては2006年のTVアニメ、

2011年のドラマ、2012年の映画が製作されてきました。比較的最近になってから

というもの、のきなみに製作されています。

 

しかしTVアニメ『BEM』は、タイトルが一新されたこともあり、過去の作品の中でも

とりわけ興味深いといえるのではないでしょうか。

 

そんなTVアニメ『BEM』は、あらすじや歴史だけではなく、キャストにも注目。

声優は、ベム役が小西克幸さん、ベラ役がM・A・Oさん、ベロ役が小野賢章さん、

ソニア・サマーズ役が内田真礼さんだったのですね。

 

キャスティングも素晴らしいということも手伝い、その注目度&期待度は相当なもの。

内容やキャスティングなど見どころ満載です。

 

なおONAIRは、

テレビ東京
7月14日放送開始 毎週日曜深夜1時35分

テレビ大阪
7月15日放送開始 毎週月曜深夜1時05分

テレビ愛知

7月14日放送開始 毎週日曜深夜1時35分

BSテレ東
7月17日放送開始 毎週水曜深夜0時30分

となっていますのでお楽しみに!

 

スポンサードリンク

 

【TVアニメ】BEMの前作『妖怪人間ベム』との違いについて

TVアニメ『BEM』は新作ということでとてもうれしいですが、前作『妖怪人間ベム』

との違いについて興味深いですね。

 

まずキャラクターの設定がかなり変わっていました。一目瞭然ですがその外見。

 

まずキャラクターの設定がかなり変わっていました。一目瞭然ですがその外見。

ベムは、肌が白くなり、なかった黒目が存在していて、そして何よりスキンヘッドでは

なくなり、かなり異なった印象を受けます。

 

ベラに至っては、大人の女性から女子高生へと変わっていて、外見だけでなく設定も

変わりました。ムチも持っていません^^

 

なかでもベロはもっとも変わっていて小僧といった感じだったのが、シニカルな少年へと

変わっていました。あの独特なオレンジ色のコスチュームもなくなりました。

 

なおベムとベラは、基本的な性格に関しては、これまでと同じであるものの、

ベロは性格までとても変わっています。

 

しかし『BEM』と『妖怪人間ベム』との違いはまだまだあったのです。

そもそも、物語が展開されていく舞台も違いますし、キャラクターも妖怪人間たち以外

は新しいキャラたちがたくさん登場しています。

 

これでは、新たに作品を視聴する層には、現代的でウケそうですが、古参のファン

にとっては、微妙なところもでもあります。

 

TVアニメ『BEM』は、満を持して放送されることになっている新作なのですから、

できることならば、期待しながら視聴したいところですが、はたしてどうなることか?

 

ここまで変わってしまうと全くの別物といっても過言ではありません。

気持ちや考えをフラットにして観た方がよさそうです。

 

それでも期待してしまう魅力的な作品であることは間違いありません!

 

 

まとめ

ここまでTVアニメ『BEM』について、前作の『妖怪人間ベム』を引き合いに出しつつ、

見てまいりました。昔を知らない層にとっては、新作はかなり新鮮だといえそうです。

 

一方、そうではない層にとっては、慣れるまでに時間もかかるかもしれません。

しかし、どちらにもいい点はあると思いますので、放送開始を楽しみにしましょう。

 

放送は、7月14日、テレビ東京系毎週日曜日1:35。

放送が楽しみです!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ