【映画】海獣の子供のタイトルの意味とは?原作者の意図や漫画との違いについても

映画『海獣の子供』2019年6月7日(金)に公開されます。

タイトルを見る限りでは、少し怖そうな感じがしなくもありません。

 

ということで映画『海獣の子供』のタイトルの意味は何か?

またタイトルに込められた原作者の意図や原作漫画との違いについても

まとめてみました。

 

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2(『Children of the Sea』 Official trailer 2 )

 

スポンサードリンク

 

【映画】海獣の子供のタイトルの意味とは?

映画『海獣の子供』は、五十嵐大介さんの同名漫画が原作。

原作漫画は、日本漫画家協会賞優秀賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を

受賞するなど、とても高評価です。

 

そんな原作漫画の映画化ということで注目度や期待度もMAXです^^

さて「海獣の子供」とは、なにか特撮であるかのような響きがしますが、

いったいどのような作品なのでしょうか。

 

調べてみると、全く異なるものだと分かりました。

 

その前にまずは、映画『海獣の子供』のあらすじを確認してみましょう。

引っ込み思案な性格の安海琉花は、自分が考えていることを相手に伝えるのが

得意ではなく、そのために人間関係がうまくいきません。

 

そんな中、夏休みに入って早々、部活でトラブルも起こしてしまいます。

おまけに部活だけではなく琉花は、家庭内でも問題を抱えていました。

 

自分の母親とそりが合わず、部活のこともあり、居場所がなくなってしまいました。

琉花は、父親が勤務している水族館へと行くことにしました。そしてその水族館で

ある兄弟と知り合うことに。

 

それは「海」と「空」という兄弟で、水槽の中で魚と一緒に泳いでいたのです。

やがて琉花は、「海」と「空」と交流していくことになります。

 

ところが次第に異変が起こり始め、海洋生物たちが移動を始めたり、

祭りの本番が迫っていることが明らかになるのでした。

この異変には兄弟が深く関係していたのです。

 

映画『海獣の子供』は、特撮的なものなどではなく、主人公の成長を軸にした

ファンタジー作品といった感じのようですね。

 

さて「怪獣の子供」というタイトルの意味ですが、それは「海」と「空」のことだった

と考えられます。不思議な能力を持った「海」と「空」はジュゴンに育てられました。

 

海獣とは、海にすむ哺乳(ほにゅう)類の総称でクジラやイルカ、オットセイ、アシカ、

トド、アザラシ、マナティーやジュゴンも含まれます。

 

ということで「海獣の子供」とは、ジュゴンに育てられた「海」と「空」のことで

要は「海」と「空」をタイトルにしたということになりますね。

 

 

【映画】海獣の子供のタイトルに込めた原作者の意図とは?

さて原作者の五十嵐大介さんがタイトルに込めた意図とは何だったのでしょうか?

先ほども取り上げましたが「海獣の子供」というタイトルは、海獣(ジュゴン)に

育てられた「海」と「空」のことでしたが、この二人を通して海の怖さや生命の神秘、

また琉花の成長を描きたかったのではないでしょうか。

 

そのため「海獣の子供というタイトルには「海」と「空」のことだけではなく、

彼らによって変わっていくことになる琉花や周りの人々のことも含まれていたと

考えられます。

 

不思議な兄弟によって巻き起こっていくファンタジーを表現したかったのかも

しれません。個人的には、主人公がこの兄弟ではなく、あくまで普通の人間である

琉花だという視点の部分が、とても見事なプロットになっていると思いました。

 

スポンサードリンク

 

【映画】海獣の子供と原作漫画との違いについて

『海獣の子供』は、映画版と漫画版では、何か大きな違いがあるのでしょうか?

しかし原作漫画の流れを調べてみたところ、映画版の公開済みのあらすじとの間

にはとくに大きな変化はなかったことが分かりました。

 

もっとも視点的には、琉花を重視するようになっており、あえていうなら、

ここだけが違いでしょうか。

 

なお監督の渡辺歩さんは、原作漫画のファンだったようで、あくまでそれを尊重する

意向だったようです。

 

よって、ラストが若干変えられているとか、細かい部分が時間の関係で変わっている

くらいはあるでしょうが、根本的な部分は、ほとんど変わりないと思われます。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

原作漫画が好評だっただけではなく、ファンである監督によって映画化されていた

ということで映画『海獣の子供』はかなり面白くなりそうですね。

 

ファンの方も楽しめるでしょうが、そうでない方も必ず楽しめるはず。

琉花、海、空の繰り広げる物語や映画の世界観を楽しみたいですね。

 

公開は、2019年6月7日(金)

見逃せませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



2 Responses to “【映画】海獣の子供のタイトルの意味とは?原作者の意図や漫画との違いについても”

  1. マッキー より:

    怪獣ではなく海獣ですよ

    • ゆうすけ より:

      マッキーさん、はじめまして!
      ご指摘、ありがとうございました。

      それにしても全部でしたね。
      恥ずかしいのを通り過ぎて、笑ってしまいました^^;

      これからも気になるところなどございましたら、
      遠慮なくおっしゃってくださいね。

      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ