居眠り磐音の映画のストーリーと原作小説との違いは?決定版についても

映画『居眠り磐音』が、2019年5月17日(金)に公開されました。

人気時代小説の待望の映画化とあって、いやでも期待は高まりますよね。

 

そんな映画『居眠り磐音』のストーリーはどうなっているのでしょうか?

映画と原作小説との違いについても、気になります。また今回は、

原作小説の決定版についてもまとめてみました。

 

映画『居眠り磐音』5月17日(金)公開(主題歌入り予告)

 

スポンサードリンク

 

居眠り磐音の映画のストーリー

映画『居眠り磐音』は、人気時代小説作家として知られる佐伯泰英さんの同名小説が

原作です。原作小説は大ヒットし、なおかつ刊行された冊数もすごいことになっている

シリーズものですので、このたびの映画化に大注目となりました。

 

しかも主演俳優が松坂桃李さんで、彼にとっては記念すべき時代劇初主演ということで

非常に話題になりました。

 

さて映画『居眠り磐音』とは、どんなストーリーなのか?

 

坂崎磐音、小林琴平、河出慎之輔は、江戸から関前藩への帰路につきました。

坂崎磐音には、小林琴平の妹である小林奈緒という許嫁がいます。

 

また坂崎磐音と小林奈緒の祝言は次の日に迫っています。

そんななか、ゆゆしき事態が起こります。河出慎之輔が、叔父の蔵持十三から、

小林奈緒の姉である舞の不倫の噂を聞かされたのでした。

 

そんな舞の不倫相手とされたのは、山尻頼禎という武士です。

激昂した河出慎之輔は舞を討ってしまい、小林琴平は衝撃を受けます。

 

小林琴平は、河出慎之輔を誤解だと責めます。その後、舞の不倫は本当にただの噂

だったと分かって、河出慎之輔はショックに見舞われます。そして河出慎之輔は

小林琴平によって討たれるのでした。

 

このとんでもない一部始終を知らされた、坂崎磐音。

その矢先、小林琴平が山尻頼禎を討ったという報が入ってきます。

 

小林琴平は、騒動の責任を取って討たれることになりますが、よりによって、

その役目を負わされたのは坂崎磐音でした。

 

このことがトラウマになってしまった坂崎磐音は、小林奈緒との結婚をあきらめ、

脱藩し、江戸へ浪人として向かうのでした。

 

そんな坂崎磐音は、江戸において両替商である今津屋のおこんと出会うことに

なります。やがて坂崎磐音は、大家の金兵衛に紹介されたことによって、

今津屋の用心棒として活躍していくのでした。

 

映画『居眠り磐音』は、浪人の用心棒・坂崎磐音が主人公というストーリーです。

よくあるパターンだといえるでしょうが、坂崎磐音の背後の人間関係が興味深いので

かなり見ごたえがありそうです。

 

どのような結末になるのか?ぜひ、劇場で確かめていただきたいと思います。

 

 

『居眠り磐音』原作小説との違いは?

さて、このようなストーリーの映画『居眠り磐音』ですが、原作小説とのあいだに、

なにか違いのようなものはあったのでしょうか?

 

同名原作小説の内容をチェックしてみたところ、先述のあらすじについては、

おおまかな違いは確認されませんでした。しかしながら、ここで注意しておきたいのが

原作小説のボリュームです。

 

いったい、どれだけ刊行されていたかといいますと、2016年刊行の最終巻が、

なんと!51巻『旅立ノ朝』となっていました^^;

 

10巻くらい続く小説はいくらでもあるでしょうが、まさか50巻を突破していたとは、

衝撃でした。これでは、映画鑑賞前に読破しておこうと思っても無理ですね。

 

映画『居眠り磐音』は、原作小説と根本的な相違はないものの、細かい設定の相違が

あったり、原作小説の途中までのストーリーにとどまっている、といった違いが

あるかと思われます。

 

スポンサードリンク

 

『居眠り磐音』の決定版について

映画『居眠り磐音』の原作小説は、最終巻の『旅立ノ朝』が51巻に達していましたが

実は、まだまだこれだけでは終わりませんでした。

 

原作者である佐伯泰英さんは、さらに決定版の刊行を始めていました。

この決定版というのは、いわゆる改訂版にあたるもの。文春文庫から刊行

されています。

 

確かに原作小説は2002年から刊行されていて、もう20年近くになりますから、

古い作品を改訂しようという動きは分からなくもないですよね。

 

それにしても2019年から、1巻『陽炎の辻』からスタートしていくといいますから、

やはり、佐伯泰英さんの膨大なエネルギーには感服させられます。

 

果たしていつになったら終わるのか?まだまだ楽しめそうですね^^

 

 

まとめ

『居眠り磐音』は、松坂桃李さん主演の映画版もさることながら、佐伯泰英さんの

原作小説も見逃せません。原作小説を読んでから劇場へ向かいたいものですが、

膨大すぎるため、それは困難でしょう。

 

しかし映画を鑑賞してみて気に入った方は、どれだけ時間がかかったとしても、

読破を目指し挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

公開は、2019年5月17日(金)

松坂桃李さんの殺陣も楽しみですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ