【映画】小さな恋のうたの見どころとあらすじ内容まとめ!ネタバレ結末についても

映画『小さな恋のうた』が、2019年5月24日(金)に公開されます。

タイトルにもなっている『小さな恋のうた』はMONGOL800/モンパチの楽曲で

有名ですよね。そしてその歌から生まれた物語ということで話題を呼んでいます。

 

ということでそんな映画『小さな恋のうた』の気になるあらすじや見どころ、

また小説からですが結末についてまとめてみました。

 

映画『小さな恋のうた』予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】小さな恋のうたのあらすじ(内容)

 

映画『小さな恋のうた』は、ロマンティックなタイトルで恋愛もののように

思ってしまうのですが、その内容はまったく異なっていました。

 

物語の舞台は、沖縄にあるとある町。その町には米軍基地がありました。

その存在で日本でありながら、アメリカでもあるかのような、本土には見られない

特別な日常がそこにはありました。

 

そんな中、町では高校生で軽音楽部のバンドが注目を集めておりました。

真栄城亮多、池原航太郎、譜久村舞、譜久村慎司、新里大輝からなる彼らは、

スカウトを受けたことによって、デビューすることが決定します。

 

喜びを隠せず、その感情を爆発させていく、バンドメンバーたち。

ところがその帰り道、事故が起きてしまいバンドの存続さえ危ぶまれることに。

 

しかしとあるデモテープが出てきたことと、譜久村慎司と交流している

リサという米軍基地在住の少女の存在がキッカケで、バンドは再始動します。

バンドメンバーたちは、米軍基地の少女へ自らの想いを送り届けようと

していくのでした。

 

タイトルのイメージとは、少々違うようでその結末がどうなるのか?

気になりますね。

 

 

【映画】小さな恋のうたの見どころ

映画といえば小説などが原作ですが、本作はMONGOL800のシングル

『小さな恋のうた』が原作となっています。なお劇中には、MONGOL800のメンバーも

出演しています。

 

監督を務めるのは、橋本光二郎さん。

これまでに『orange』『羊と鋼の森』『雪の華』など、当ブログでも紹介している映画を

複数手掛けてきました。それだけに本作にも期待ですが、キャストも素晴らしい面々と

なっています。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

主人公の真栄城亮多役を演じるのは佐野勇斗さん、1998年3月23日生まれ

愛知県出身の21歳。映画では『高台家の人々』『ちはやふる-結び-』『羊と鋼の森』

『凜』など。ドラマでは『砂の塔〜知りすぎた隣人』『トドメの接吻』などに出演して

きました。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

その他、池原航太郎役で森永悠希さん、譜久村舞役で山田杏奈さん、譜久村慎司役で

眞栄田郷敦さん、新里大輝役で鈴木仁さん、リサ役でトミコクレアさん、池原昌盛役で

金山一彦さん、譜久村一幸役で佐藤貢三さん、譜久村静代役で中島ひろ子さん、

真栄城慶子役で清水美沙さん、根間敏弘役で世良公則さんが出演します。

 

こういったスタッフ、キャストが、どのような作品を作り上げてくれるのか期待です。

 

また米軍基地在住の少女リサとバントとの関わりやどうなっていくのか見どころです。

そして佐野勇斗さんが歌う『小さな恋のうた』も見どころの一つと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【映画】小さな恋のうたのネタバレ結末について

本作は、映画に先行してノベライズ化されていましたので、こちらの結末を

見てみましょう。

 

高校の軽音楽部でバンドをしていた亮多たちはプロへのスカウトがあったその帰り道に

事故に合い物語は進んでいきます。

 

少しネタバレ!

譜久村慎司と真栄城亮多は、信号を無視してきた車に跳ねられてしまいます。

その事故のせいで亮多は記憶喪失にそして慎司は・・・。

 

慎司は、亮多の記憶を取り戻そうと病院から連れ出し、部室や体育館、ライブハウス

に連れて行くなど奮闘するものの記憶は戻らなかった。ところがその帰り道の米軍基地

のフェンスの横をあるチテいたとき、慎司がたまたま話すようになったフェンスの向こう

の白人少女リサを紹介してきたことを思い出した。

 

リサと慎司はイヤフォンを使いオリジナル曲を聞いていて、バンドの歌が国境を越えて

聞かれていたことに衝撃を受け失っていた記憶を取り戻すことができた。

その思い出された記憶と共に事故の真実を思い出す。

 

実はその事故の真実のせいで亮多は、記憶を失っていたのでした。

 

とこのあとリサがあと1ヶ月でアメリカに帰国すると知らされたり、バンドの新結成

など紆余曲折があり学園祭へと・・・。

 

リサが学園祭に来ると知ったバンドメンバーたちでしたが、ライブハウスでの演奏が

SNSで拡散されたり、根間(ライブハウスオーナー)さんが勝手にチラシを作ったのが

問題視され学園祭に出ることができなくなってしまいます。

 

しかし大輝の提案で屋上でゲリラライブをすることに。ところが1曲演奏したところで

生活指導の先生に見つかり停学処分にされてしまいます。

 

またリサも米軍基地を出ようとしましたが、学園祭に向かう途中で保護されて失敗。

しかもリサは1ヶ月後だったはずのアメリカへの帰国が早まることになります。

 

それを知った譜久村舞らはリサの家の前のフェンス越しに演奏することに。

以上はノベライズ化された小説のネタバレですが、映画版も同様になる可能性が

高いでしょう。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『小さな恋のうた』は、少しの政治的な要素、青春的な要素が融合した、

見ごたえのある作品のようです。

 

真栄城亮多らバンドメンバーたちの行方、リサの行方がどうなるのか、

とても気になるところです。

 

公開は、2019年5月24日(金)

佐野勇斗さんの『小さな恋のうた』を歌うシーンを劇場で見たいです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ