【映画】今日も嫌がらせ弁当の見どころやあらすじ内容!原作のネタバレ・結末についても

映画『今日も嫌がらせ弁当』が、2019年6月28日(金)に公開されます。

とてもインパクトがあるタイトルですから、どんな作品なのか?興味深いところです。

 

そこで映画『今日も嫌がらせ弁当』のあらすじや見所、またネタバレ結末として

最後の弁当に込められたメッセージについてもまとめてみました。

 

『今日も嫌がらせ弁当』予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】今日も嫌がらせ弁当のあらすじ

映画『今日も嫌がらせ弁当』は、なんといっても一度目にしたら、

忘れられないようなタイトルで、どのようなストーリーなのかが

とても気になります。

物語の舞台となるのは、すばらしい自然に恵まれている八丈島。

主人公である母親(持丸かおり)は、離婚し二人の娘、長女(持丸若葉)と

次女(持丸双葉)とこの島で暮らしていました。

 

長女は、高校を卒業後、母親と同じお菓子工場で働き一人暮らしを始め

今は、次女の双葉と二人暮らしでしたが、これまで二人の関係はうまくいって

いました。双葉は、ゆくゆくは親子でレストランをやってみたいなどという夢も

持っていたのです。

 

しかしそんな双葉も反抗期に差し掛かっており、二人の関係は、今までのようには

いかなくなっていたのです。

 

そんな中、かおりは、双葉との関係を改善するために、双葉が嫌がっているキャラ弁を

作るという、愛のこもった嫌がらせ(嫌がらせ弁当)をすることにしたのです。

 

ところが次第に嫌がらせ弁当は、二人の間で重要なコミュニケーションとしての

役割を果たしていくことになるのです。

 

果たして『嫌がらせ弁当』を通して二人の関係はどうなっていくのでしょうか?

双葉の反抗期に対して『嫌がらせ弁当』がどんな役割を果たすのか?

気になりますね。

 

 

【映画】今日も嫌がらせ弁当の見どころ

映画『今日も嫌がらせ弁当』は、Kaoriさんのエッセイが原作です。

エッセイといっても、もともとはブログの記事で、反響を呼んだことから出版に

至ったとのこと。

 

原作ブログは「kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」というもので、

アメーバブログにおいて「デイリー総合ランキング」で見事1位に輝いていました。

なお映画『今日も嫌がらせ弁当』で描かれていく、母から娘への「嫌がらせ弁当」

のエピソードは、Kaoriさんが娘に対して行ったという実話でした。

となるとますます興味が湧きますね。

そんな映画『今日も嫌がらせ弁当』は、塚本連平さんが監督と脚本を担当。

主人公の二人も魅力的で持丸かおり役は篠原涼子さん、持丸双葉役は芳根京子さん

が演じます。

 

篠原涼子さんと芳根京子さんといえば、2017年10月クールの『民衆の敵』

と2018年1月クールの『海月姫』で月9ドラマの主人公を連続して演じた

という縁もあり注目ですね。

 

また他のキャストは、持丸若葉役で松井玲奈さん、山下達雄役で佐藤寛太さん、

岡野信介役で佐藤隆太さんなども登場。

 

主題歌はフレンズの「楽しもう」となっていました。あらすじをはじめ、原作、

スタッフ、キャストと、見どころ満載の映画『今日も嫌がらせ弁当』は

期待度マックスですね^^

 

スポンサードリンク

 

【映画】今日も嫌がらせ弁当のネタバレ結末!最後の弁当のメッセージとは?

映画『今日も嫌がらせ弁当』は、母親と娘が「嫌がらせ弁当」を通した

コミュニケーションが話題で気になるところです。

 

しかしその中でも、最後の弁当に込められたメッセージがどうなっているのか?

気になります。というのも原作ブログではハッピーエンドになっていたからです。

 

また最後の弁当のメッセージだけでなく、それまで全てのメッセージや弁当の中身も

どのようなものなのかも気になるところです。

 

 

母から娘へ「嫌がらせ弁当」 意地っ張りな3年間の軌跡

Kaoriさんは、卒業する娘のための最後の弁当に、卒業証書を作ったとのこと。

映画版の結末も同じような展開になるでしょう。なので俳優陣の声や表情など、

どのように演じてくれるのか楽しみです。

 

 

まとめ

感動すること必至の【映画】今日も嫌がらせ弁当、篠原涼子さんと芳根京子さんが

親子役ということもありその演技に注目です。見逃せない作品の一つですね。

 

公開は、2019年6月28日(金)

愛のある「嫌がらせ弁当」をぜひ、味わってみたいですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ