【映画】人間失格のタイトルの意味とメッセージは?蜷川実花監督が作品に込めた意図についても

【映画】人間失格 太宰治と3人の女たちが、9月13日(金)

に公開されます。

 

小説『人間失格』やその作者である太宰治は有名ですが、どのような作品

なのか気になります。

 

ということでそんな気になる【映画】人間失格 太宰治と3人の女たちの

タイトルの意味や脚本家や監督の蜷川実花さんが作品に込めた意図について

まとめてみました。

 

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」本予告(60秒)

 

スポンサードリンク

 

【映画】人間失格のあらすじ

『人間失格』といえば、日本を代表する文豪、太宰治の最高傑作として

よく知られていますよね。読書の習慣がない人であっても、この作品のタイトル

くらいは聞いたことがあるでしょう。

 

そんな『人間失格』は、これまでに映画化されたこともありました。

2010年の生田斗真さん主演の同名作品です。こちらは、太宰治の『人間失格』に

忠実な作品でした。

 

しかしながら、今回の映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、全く異なった

内容です。

 

『人間失格』の発表によって、その名声を高めることになった国民的作家の

太宰治。その『人間失格』では、ひたすら放蕩三昧の末に人生を

転落していく主人公を活写したことによって、世間の注目を浴びました。

 

しかしそんな『人間失格』は、太宰治自身を投影した作品でもあります。

作家としては超一流だった太宰治も、男性としては中々な面がありました。

 

正妻がいるにもかかわらず、2人の女性と不倫していた太宰治。

それだけにとどまらず、不倫相手と心中騒ぎまで起こしてしまいます。

 

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』では、そんな人間・太宰治の生き様や

正妻、愛人たちとの愛について、女性たちの視点から解剖していくことになります。

 

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、『人間失格』をそのまま映画化した

のではなく、それを書いた太宰治の人生を描いた作品だったというわけです。

 

小説や前映画の『人間失格』は、太宰治がモデルでしたが、映画『人間失格

太宰治と3人の女たち』は、嫁、2人の不倫相手の視点になっているのがポイント。

さてどのように描写されているのか?楽しみですね。

 

 

【映画】人間失格のタイトルの意味とメッセージとは?

本作は『人間失格』のモデルの太宰治の恋愛を描いた作品

ふつうの恋愛ならともかく、不倫に心中騒ぎとなかなか忙しい内容です^^

 

太宰治自身『人間失格』に投影して自嘲しているように、自分自身を嘆いていた

節があります。そのため映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のタイトルは、

そのまま、太宰治の放蕩ぶり、そして彼に振り回される女たちという意味では

ないでしょうか。

 

それにしても、これだけストレートなタイトルの映画も分かり易いですが

これまでの『人間失格』やその関連作品とは、かなり趣が変わってくること

でしょう。

 

太宰治や『人間失格』を知り尽くしたファンの方であっても、見逃せない作品に

なると思います。

 

スポンサードリンク

 

【映画】人間失格で蜷川実花監督が作品に込めた意図について

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の脚本を担当するのは早船歌江子さん。

そして監督は、蜷川幸雄さんの娘でまた、写真家としても著名な蜷川実花さん。

 

そんな2人ですが、タイトルに込められた意図とは、どのようなものなのか?

 

蜷川実花さんといえば、その世界観や豊かな色彩の使い手として有名です。

それが太宰治と彼をとりまく女性を描くわけですから、タイトルに込められた

意図同様、その作品に込めた意図も大胆な色使い、また太宰治本人を赤裸々に

表現し、3人の女性の視点で描きつくすことで、人間太宰治を感じることが

できるのではないでしょうか。

 

映画ですから、多少の演出はあるものの、天才と称された文豪太宰治が

いったいどんな人間でそれを取り巻く女性たちとどのように接し、どのように

愛し、どのように生きたのか?

 

それを女性の目線から描き出すことで、また違った角度から、太宰治を感じることが

できそうです。

 

それこそが今作品を脚本した早船歌江子さんと監督の蜷川実花さん、二人の女性の

狙いなのかもしれませんね。

 

とにかく『人間失格』では太宰治が主人公に自己投影するかたちで描かれた

ストーリーが、実在した3人の女性の視点で描かれているところが

とても興味深いところです。

 

脚本を担当する早船歌江子さんと蜷川実花さん、この2人のタッグ、

それと豪華俳優陣がそれぞれの役を完璧に演じてくれる。

 

さて映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』がどんな仕上がりになるのか

とても興味深いところです。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

『人間失格』というタイトルからは、人間の弱さというものが思い浮かべられ

ます。しかしそのあとに『太宰治と3人の女たち』とつくだけで、ずいぶんと

違った印象になります。

 

作家ではなく人間としての太宰治を、3人の女性はどう見ていたのか

というのでしょうか?

 

公開は、2019年9月13日(金)

 

また見逃せない作品になりそうですね^^

公開が待ち遠しいです!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ