【映画】ダンボの出演者俳優キャスト一覧と役どころ!ティムバートン監督についても

ディズニーが誇る不朽の名作アニメ映画『ダンボ』が鬼才ティム・バートン監督

によって実写化されます。

 

公開は、2019年3月29(金)

 

ということで気になる【映画】ダンボのキャストや役どころ、またティムバートン監督

やディズニーの過去に実写映画化されている作品についてもまとめてみました。

 

 

「ダンボ」日本版予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】ダンボのあらすじ

愛らしい一頭の象がサーカスに誕生した。大き過ぎる耳を持つその像は

「ダンボ」と呼ばれていた。サーカスのショーに出演するが、観客からは

笑われてしまう。

 

そんなある日、ダンボの世話係を任されたホルトの子供たちは、悲しむダンボを

勇気づけるために遊んでいると、あることを発見する。

 

それはダンボが持つ大き過ぎる耳で空を飛べるということだった。

やがてその噂は瞬く間に知られ、母象であるジャンボと子象のダンボは

金儲けを企む者によって引き離されてしまう。

 

母を想うダンボに心を動かされたホルトの家族とサーカスの団員達は

力を合わせて捕らわれてしまったダンボの母親を救い出すために

動き出すのであった。

 

愛らしい一頭の子象が大きな耳で空を飛ぶ姿を描いたディズニーアニメの傑作

『ダンボ』が奇跡の実写化。『シザーハンズ』を手掛けた鬼才ティム・バートン

がメガフォンを取り、今もなお世代を超えて愛され続けているディズニーアニメ

を新しい物語として描いていく。

 

この奇跡の実写化にコリン・ファレル、マイケル・キートン、エバ・グリーン、

ダニー・デビートら豪華な面々が集まった。

 

コンプレックスを抱えたダンボと心に傷を負うサーカス団の家族が

希望を取り戻していく感動のファンタジーです。

 

 

【映画】ダンボのキャストと役どころ

ホルト(コリン・ファレル)

役名:ホルト

演者:コリン・ファレル

 

サーカスの元看板スターで、ダンボの世話係を任される。

 

ホルトを演じているのはアイルランド出身の俳優。

『リクルート』ではCIAにスカウトされたエリート大学生役を演じ、

オスカー俳優のアル・パチーノに勝るとも劣らない演技を披露した。

 

『ウォルト・ディズニーの約束』では『メリー・ポピンズ』の原作者

パメラ・トラバースの父親役を演じた。

 

 

コレット(エヴァ・グリーン)

役名:コレット

演者:エヴァ・グリーン

 

空中ブランコのスター。

 

フランス出身で『007/カジノ・ロワイヤル』では第6代目ジェームズ・ボンド

を演じたダニエル・クレイグと共演。妖艶な魅力を放つボンドガールを演じた。

 

 

ヴァンデヴァー(マイケル・キートン)

役名:ヴァンデヴァー

演者:マイケル・キートン

 

ダンボで金儲けを企む企業家。

 

『バットマン』と『バットマンリターンズ』でティム・バートン監督と

タッグを組んだ。

 

 

メディチ(ダニー・デヴィート)

役名:メディチ

演者:ダニー・デヴィート

 

サーカスの団長。

 

『バットマン リターンズ』でマイケル・キートン同様、ティム・バートン監督

とタッグを組んだ。バットマンの敵役ペンギンを演じた。またジュリア・ロバーツ

がアカデミー主演女優賞を受賞した『エリン・ブロコビッチ』を製作するなど、

プロデューサーとしての一面もある。

 

 

【映画】ダンボの監督ティムバートンについて

ディズニーアニメの傑作『ダンボ』を実写化したのはティム・バートン監督。

アメリカのカリフォルニア州出身。1978年にアニメーション映画の製作に携わり

1982年に6分間の短編映画『ヴィンセント』で初めてメガフォンを握った。

 

1988年に『ビートルジュース』を1500万ドルという低予算で製作し、7000万ドル

を超える大ヒットとなった。この大ヒットにより、低予算で大きな興行成績を

上げる監督として注目され、1989年の『バットマン』製作へと繋がった。

 

この映画ではジャック・ニコルソンが悪役ジョーカーを演じて強烈な印象を

残している。『ダンボ』でもタッグを組んだマイケル・キートンがブルース・

ウェインことバットマンを演じた。

 

1992年には『バットマン』の続編である『バットマン リターンズ』を監督した。

バットマンことブルース・ウェインはマイケル・キートンが引き続き演じた。

 

悪役のペンギンをキートンと同じく『ダンボ』でタッグを組んだダニー・デヴィート

が演じている。

 

また、19992年の『シザーハンズ』ではジョニー・デップ演じる両手がハサミの

人造人間と少女との恋愛を描いている。

 

その他の監督作品に『スリーピー・ホロウ』、『ビッグ・フィッシュ』、

『チャーリーとチョコレート工場』、『マーズ・アタック!』などがある。

 

スポンサードリンク

 

ディズニーアニメ実写化作品

ティム・バートン監督がメガフォンを握ったディズニーアニメの傑作を

実写化した『ダンボ』。他にも数多くのディズニーアニメの傑作があるが、

実写化された作品もある。過去に実写化されたディズニーアニメをいくつか

紹介します。

 

美女と野獣

1991年にヒットしたアニメを「ハリー・ポッター」シリーズで知られる

イギリス人女優エマ・ワトソン主演で、017年に実写化された。

 

傲慢な王子が魔女によって醜い野獣の姿に変えられてしまう。やがて王子が

住む城にベルという1人の女性が現れる。森の中で道に迷ってしまった父親の

モーリスを助けるために父親の身代わりに自分が牢獄に入ることを決める。

 

しかし王子の召使ルミエールは、ベルが王子にかけられている呪いを解くため

の女性だと考え、牢獄から出して部屋を与える。王子の生い立ちを知ったベルは

彼に惹かれ、王子もまたベルの生い立ちを知ったこと彼女に惹かれていくので

あった。

 

ディズニーによる実写版の他にフランスでも実写化されている。原作はフランス人

のボーモン夫人による『美女と野獣』で1946年に実写化されている。

 

監督と脚本はフランスの詩人であり映画製作者でもあるジャン・コクトーが

務めた。野獣の花園からバラを摘んだことによって死刑にされるベルの父親を

中心にストーリーが展開されていく。

 

また、2014年にもフランスで実写化されている。バンサン・カッセルが王子と

野獣を演じ、ベルをレア・セドゥが演じている。

 

「王子がなぜ野獣に身を落としたのか」という過去に焦点が当てられている。

ベルを演じたレア・セドゥは2015年の『007/スペクター』でボンドガールを

演じている。

 

 

ジャングル・ブック

2016年に実写化された。原作はノーベル文学賞を受賞したラドヤード・キプリング

の小説『ジャングル・ブック』。アニメ化は1967年に行われた。実写化は1994年

に次ぐ2度目。

 

オオカミに育てられた少年モーグリが動物たちに見守られながら人間として

成長していく姿を描いている。

 

声優には『ガンジー』でアカデミー主演男優賞を受賞したベン・キングズレー、

『それでも夜は明ける』でアカデミー助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ、

『ディア・・ハンター』でアカデミー助演男優賞を受賞したクリストファー・

ウォーケンが参加している。

 

 

シンデレラ

『シンデレラ』(2015年)

 

フランスの詩人シャルル・ペローによる童話『シンデレラ』が原作。

1950年にアニメ化されたディズニー映画『シンデレラ』の実写化。

 

監督を務めたのはイギリスの名優ケネス・ブラナー。

「第2のローレンス・オリビエ」と呼ばれ、シェイクスピア役者として有名。

2012年の映画『マリリン 7日間の恋』ではローレンス・オリビエを演じている。

 

意地悪な継母を演じたのはオーストラリア出身で『アビエイター』では

アカデミー助演女優賞、『ブルージャスミン』ではアカデミー主演女優賞を

受賞したケイト・ブランシェット。

 

シンデレラを演じたのは大ヒットテレビシリーズ『ダウトン・アビー~貴族と

メイドと相続~』に出演したリリー・ジェームズ。

 

幸せな子供時代を過ごしていたエラは病気で優しく美しい母親を亡くす。

貿易商として働いているエラの父は娘のことを思い、新しい妻を迎える。

しかし、父も旅先で帰らぬ人になってしまった。

 

すると継母と義理の姉たちはエラにつらく当たり、山のような仕事をさせ、

屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするようになった。

 

そして寒さに耐えられずに居間の暖炉の前で眠ったエラは顔に灰を付けたままで、

「灰まみれのエラ」。つまり「シンデレラ」と呼ばれ、義理の姉たちに大笑い

されるのだった。

 

ついに家を飛び出したエラは、城で働いているというキットという青年に声を

掛けられる。そして城で王子が妃を選ぶための舞踏会が開かれることを知り、

エラは亡き母のドレスを着て参加しようと決めるのであった。

 

誰もが知るガラスの靴にカボチャの馬車、シンデレラがプリンセスへと変身する

魔法のシーンが再現されている。シンデレラの勇気と優しさから生まれる奇跡の

愛が感動的に描かれた映画でした。

 

 

101

『101』(1996年)

1961年のディズニーアニメ『101匹わんちゃん』の実写映画。

 

強烈な悪役クルエラ・デ・ビルを演じたのは2017年の映画『天才作家の妻-

40年目の真実-』で第91回アカデミー主演女優賞にノミネートされた

アメリカ人女優グレン・クローズ。

 

ハリソン・フォードがアメリカ大統領役を演じた1997年の映画『エアフォース

・ワン』では副大統領役を演じた。1987年の映画『危険な情事』ではマイケル

・ダグラス演じる弁護士につきまとうストーカー役で鬼気迫る演技を見せた。

 

イギリスのロンドンで暮らすロジャーはダルメシアンのポンゴと暮らすゲーム

デザイナー。ある日、ロジャーはポンゴの散歩の途中でアニータと彼女が飼う

ダルメシアンのパーディタに出会う。やがて恋に落ちたロジャーとアニータ、

ポンゴとパーディタは結婚する。

 

しかし、アニータが勤めるファッションデザイン会社の社長クルエラ・デ・ビル

は彼女の結婚を知って激怒する。

 

しばらくして、アニータとパーディタが妊娠して、ロジャーの一家は幸せに

包まれる。パーディタは15匹の子犬が産むが、クルエラがそのことを聞きつけて

きた。クルエラはアニータが提案したダルメシアンの毛皮のコートを作ろうと

するが、ロジャーとアニータがそれを拒否した。

 

これを理由にクルエラはアニータを解雇するのだった。そしてクルエラは手下に

子犬を盗み出すように命令した。

 

1961年のディズニーアニメ『101匹わんちゃん』を原作にした実写映画。

映画に登場する101匹のダルメシアンのかわいらしさと冒険が見どころ。

 

2000年には『101』の続編である『102』が公開された。クルエラ・デ・ビルが

再び登場し、ダルメシアンの子犬たち毛皮でコートを作ろうと企むという内容。

クルエラを前作に引き続きグレン・クローズが演じている。

 

 

まとめ

大人から子供まで、幅広く愛されてきた『ダンボ』。

それが実写映画化されるとなると見逃すわけにはいきませんね。

 

また監督がティム・バートンとなれば、独特の世界観になることは

間違いないですし、その期待度と注目度はMAXです^^

 

公開は、2019年3月29(金)

公開が楽しみです!!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ