【映画】バンブルビーの出演者俳優キャスト一覧と役どころ!日本語吹き替え声優についても

【映画】バンブルビーが、2019年3月22日(金)公開されます。

この作品は、ただの新作映画ではなく、あの大人気映画の※スピンオフ

なっていました。※主人公以外の人物(キャラクター)に焦点を当てたもの。

 

ということで【映画】バンブルビーの出演者や役どころ、

また日本語吹き替え声優についてまとめてみました。

 

『バンブルビー』日本版予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】バンブルビーのあらすじ

【映画】バンブルビーは、『トランスフォーマー』のスピンオフ作品です。

物語は、映画『トランスフォーマー』から20年前へとさかのぼっていきます。

 

舞台となるのは、1987年の、アメリカ・カリフォルニア。

これまで孤独な毎日を送っていた少女のチャーリー・ワトソンは、

ある古いビートルを発見しました。

 

しかしそのビートルは、信じられないことにバンブルビーへと※トランスフォーム

してしまうのです。※英語で「変化」「変換」「変形」などを指す言葉。

 

あまりのことに驚きを隠せないチャーリー・ワトソンでしたが次第に

チャーリー・ワトソンとバンブルビーは、お互いにうちとけていきます。

 

そんな中、チャーリー・ワトソンとバンブルビーは、とんでもない事態に

巻き込まれてしまう羽目に。ジャック・バーンズやパウエル博士らが属する

セクター7という組織に追われることとなります。

 

チャーリー・ワトソンとバンブルビーは、地上にはほかにもトランスフォーマーが

いることを知るのでした。しかしトランスフォーマーたちは、必ずしも善良な

存在ばかりとは限らなかったのです。

 

このように映画『バンブルビー』は、映画『トランスフォーマー』のバンブルビー

をメインキャラクターに据えたスピンオフとなっています。

 

なお主人公は、バンブルビーではなくチャーリー・ワトソン。

予測不能のストーリーに注目度と期待度はMAXです^^

 

 

【映画】バンブルビーの見どころ

【映画】バンブルビーの見どころ。とその前にスピンオフの元である映画

『トランスフォーマー』の簡単な流れをチェックしましょう。

 

惑星サイバトロンには、トランスフォーマーという金属でできた生命体が

暮らしていました。しかしバンブルビーら、オートボットと反乱を起こした

ディセプティコンによって激しい戦闘が起こってしまうことに。

 

その結果、惑星サイバトロンは荒れてしまいオートボットとディセプティコンは

星の外へと飛び出していくのでした。

 

このような映画『トランスフォーマー』のキャラクターの1人だったバンブルビー

をメインとする【映画】バンブルビーは、とても魅力あるものになりそうです。

 

さて【映画】バンブルビーの見どころは、やはりチャーリー・ワトソンと

バンブルビーの友情でしょう。

 

地球の孤独な少女であるチャーリー・ワトソンと惑星サイバトロンからやって来た

バンブルビー。本来なら出会うことのなかったはずの2人は、この後どうなって

いくのでしょうか?またこの2人とセクター7との行方も見逃せないでしょう。

 

映画『トランスフォーマー』とはまた違った面白さを期待したいですね。

また未見の方であっても、きっと満足できるはずです。

 

スポンサードリンク

 

【映画】バンブルビーの出演者一覧と役どころ(日本語吹き替え声優)

チャーリー・ワトソン(ヘイリー・スタインフェルド)

公式サイトより引用

役名:チャーリー・ワトソン

演者:ヘイリー・スタインフェルド

日本語吹き替え声優:土屋太鳳

 

チャーリー・ワトソンは、飛込競技をしていたアスリートでした。

父親が亡くなり、引退してしまいます。その後はアルバイトをしていますが、

母親や家族達と打ち解けることが出来ず孤独な状態。

 

シボレー・コルベットを修理して家を出ようと廃品屋で部品を探している時に、

バンブルビーと出会う。

 

 

バンブルビー(ディラン・オブライエン)

公式サイトより引用

役名:バンブルビー

演者:ディラン・オブライエン

日本語吹き替え声優:木村良平

 

バンブルビーは、惑星サイバトロンの出身。

地球でチャーリー・ワトソンと出会い、親しくなっていきます。

 

 

ジャック・バーンズ(ジョン・シナ)

公式サイトより引用

役名:ジャック・バーンズ

演者:ジョン・シナ

 

ジャック・バーンズは、軍人。

セクター7に所属していて、階級は少佐です。

 

 

パウエル博士(ジョン・オーティス)

役名:パウエル博士

演者:ジョン・オーティス

 

パウエル博士は、科学者。

セクター7に所属しています。

 

 

ギレルモ・“メモ”・グティエレス(ホルヘ・レンデボルグ・Jr.)

 

役名:ギレルモ・“メモ”・グティエレス

演者:ホルヘ・レンデボルグ・Jr.

日本語吹き替え声優:志尊淳

 

メモは、チャーリーに片想いしている少年。

 

 

オーティス・ワトソン(ジェイソン・ドラッカー)

役名:オーティス・ワトソン

演者:ジェイソン・ドラッカー

 

ワトソンは、チャーリーの弟。

 

 

サリー・ワトソン(パメラ・アドロン)

 

役名:サリー・ワトソン

演者:パメラ・アドロン

 

サリー・ワトソンは、チャーリーの母。

夜勤のナース。明るい性格だがチャーリーには無関心。

 

 

ロン(スティーブン・シュナイダー)

役名:ロン

演者:スティーブン・シュナイダー

 

サリーの恋人。

父親亡き後から早々と付き合い始めたためチャーリーは軽蔑気味。

 

 

トリップ・サマーズ(リカルド・ホヨス)

役名:トリップ・サマーズ

演者:リカルド・ホヨス

 

チャーリーの同級生の男子。

 

 

ウォーレン司令官(グリン・ターマン)

役名:ウォーレン司令官

演者:グリン・ターマン

 

 

ティナ(グレイシー・ドジーニー)

役名:ティナ

演者:グレイシー・ドジーニー

 

チャーリーの同級生の女子

 

 

ハンク(レン・キャリオー)

役名:ハンク

演者:レン・キャリオー

 

廃品置き場のおじさん。

 

 

まとめ

映画『バンブルビー』は、映画『トランスフォーマー』にも増して痛快な

ストーリーが期待できそうです。おまけにキャストも日本語吹き替え声優も豪華。

 

公開は、2019年3月22日(金)

公開が楽しみですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ