【映画】パタリロの出演者キャストと役どころ!バンコラン役を演じる青木玄徳は配役ミス?

【映画】パタリロ!2019年6月28日(金)に公開されます。

 

【映画】パタリロ!は、魔夜峰央さんのコミックが原作です。

原作コミックは、なんと40年以上連載されているという驚異的な作品。

 

もはや伝説的な作品と言えますが、これが実写映画化されるとなれば、

見逃せません。これまでにアニメ化、舞台化はありましたが、

実写映画化がどうなるのか楽しみです。

 

ということで、見所やあらすじ、バンコラン役の青木玄徳について

まとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

【映画】パタリロ!のあらすじ内容

原作コミックの連載がスタートしたのは1978年のことなので、2019年現在、

41年という歴史を誇っています。

 

『ドラえもん』『サザエさん』など、作者が亡くなっている作品でもないのに、

ここまで長期間にわたって続いてきたというのは、そうとう驚異的なことだと

いえるでしょう。

 

そんな原作コミックは、これまでに多岐にわたってメディアミックスを観せて

きました。1982年にはアニメ化、1983年にはアニメ映画化、2016年には舞台化、

そして今回、2019年には実写映画化となりました。

 

さてあらすじですが、物語の舞台は、マリネラ王国という国でバミューダ

トライアングルに囲まれている島国です。

 

そんなマリネラ王国を統治している国王が主人公のパタリロ・ド・マリネール8世。

通称パタリロです。

 

しかし国王といっても、まだ子供であるパタリロがすることといえば、

いつも騒がしく、ふざけてばかり。パタリロの家臣たちは、今日もそんな国王

に振り回されるのでした。

 

またその一方で、パタリロの命を狙い暗殺者がやってきたりと、ふざけてばかりも

いられません。

 

【映画】パタリロ!は、とてもふざけたドタバタ劇となっているようです。

なお、映画版のキャストやスタッフは舞台版のキャストやスタッフと被っている

ようで、そのため映画版のストーリーも舞台版のストーリーも被っているのかも

しれません。

 

 

【映画】パタリロの出演者俳優

すでにお伝えしましたように、映画版のキャストやスタッフは舞台版のキャストや

スタッフと重複していました。

 

主演のパタリロ役は、舞台でも主演した加藤諒さん。

そして監督は、舞台でも演出を担当した小林顕作さんでした。

その他のキャストでは、バンコラン役の青木玄徳さん、マライヒ役の佐奈宏紀さん

も舞台から引き続き出演します。

 

それ以外にも、細貝圭さん、金井成大さん、石田隼さん、吉本恒生さん、

三津谷亮さん、小林亮太さん、松村雄基さん、近江谷太朗さん、木下ほうかさん、

池田鉄洋さん、須賀健太さん、鈴木砂羽さん、魔夜峰央さん、西岡徳馬さん、

哀川翔さんといった豪華俳優陣が集結していますので注目度&期待度はMAXです。

 

なお加藤諒さん、青木玄徳さん、佐奈宏紀さん以外の俳優陣の役どころは

不明でした。

 

【映画】パタリロ!の役どころですが主人公のパタリロは、まだ10歳という

マリネラ王国の国王。正式な名前は、パタリロ・ド・マリネール8世といいます。

政治面や発明面においては、優れた才能を持っているのですが、ギャグを言ったり、

人をからかうなど、子供特有の面も持っており、こういったギャップが魅力です。

 

バンコランは、イギリスの諜報機関であるMI6の少佐。

 

マライヒは、そんなバンコランの愛人という美少年で殺し屋でもあります。

バンコランとマライヒは、同性愛関係にあります。

 

あまりにも個性的なキャラクターたちが織りなす【映画】パタリロ!

公開が楽しみで仕方ありませんね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】パタリロの見どころ

【映画】パタリロ!は、ドタバタ劇に加え主人公であるパタリロの特殊すぎる

キャラクター設定、バンコランとマライヒのやはり変わった関係と、

あらすじだけでも見どころは盛りだくさん。

 

しかし、キャストたちのヴィジュアルもすごいことになっています。

発表会見では、ほぼ舞台版のままの加藤諒さんらが姿を現しましたが、

何度見ても、その存在感が強烈です。

 

原作コミックのあの雰囲気をあそこまでうまく醸し出せるのは、加藤諒さん以外に

いないでしょう。それに何といっても、主要なキャスト、スタッフが同じため、

舞台版との相違も見どころとなっていくことでしょう。

 

初めてスクリーンで観られる『パタリロ!』に期待は膨らむばかりです。

 

 

【映画】パタリロでバンコラン役を演じる青木玄徳は配役ミス?

【映画】パタリロ!では、バンコラン役を青木玄徳さんが演じます。

加藤諒さん、佐奈宏紀さん同様、舞台版から引き続き登場しますから、

安定感があって活躍が期待できそうですね。

 

しかし、青木玄徳さんについては配役ミス?などという声も。

いったいどうしてなのでしょうか?

 

実は、青木玄徳さんは、2018年おなじ月に2回も強制わいせつ致傷容疑、

強制わいせつ未遂容疑と、それぞれ性犯罪で逮捕されていました。

その後、不起訴となったものの俳優活動は自粛せざるを得ないことに。

 

しかし青木玄徳さんは、映画『仮面ライダー鎧武/ガイム』など俳優実績は多数。

本人も猛省しているでしょうし、【映画】パタリロ!での活躍で

汚名返上となるに違いありません。

 

さてどんな演技を観せてくれるのか?楽しみです!

 

 

まとめ

伝統と人気を兼ね備えた『パタリロ!』が実写映画化とは、胸が高鳴ります。

加藤諒さんの個性的すぎる演技も楽しみですが、青木玄徳さんの復権も

かかっているので、注目となるでしょう。

 

公開は、2019年6月28日(金)

 

もう40年も続いている『パタリロ!』ですから、連載開始時に読んでいた方も、

今では50代になるわけです。1970年代と2010年代では隔世の感がありますが、

『パタリロ!』の世界は変わりません。

 

映画になった『パタリロ!』も、世代に関わらず楽しみたいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ