【映画】パピヨンの出演者俳優キャスト一覧と役どころ!日本語吹き替え声優についても

名俳優スティーヴマックィーンダスティンホフマンが共演した映画

『パピヨン』がリメイクされ公開されることが決定しました。

 

公開は、2019年6月21日(金)

 

ということで気になる出演者や役どころと日本語吹き替え声優について

まとめてみました。

 

脱獄映画の金字塔復活!『パピヨン』6月21日(金)全国ロードショー!

 

スポンサードリンク

 

【映画】パピヨンの見どころ

映画『パピヨン』は、1974年に公開された同名作品のリメイク版となっています。

前作オリジナル版は、脱獄映画の金字塔として今でも高い人気を誇っています。

 

リメイク版『パピヨン』の見どころは、『オリジナルストーリー』が追加される

ことです。前作の内容に寄り添いつつ、独自のエピソードを加えるため、

より一層深みを増した作品になるのではないでしょうか。

 

また刑務所や独房などリアルに演出される『世界観』に注目して頂きたいです。

ちなみに前作は、蝶やゴキブリ、バッタを使用して独房の過酷さを表現して

いました。

 

『リアルすぎて怖い』『独房には入りたくない』などの口コミもありました。

過酷な労働や刑務所内での生活により、生きる意味を考えることがテーマに

なっています。

 

それでは、少しだけあらすじを見ていきましょう。

主人公は強盗のアンリ・シャリエール。胸に蝶の入れ墨をしているため

蝶を意味する「パピヨン」と呼ばれています。

 

ある日アンリ・シャリエールは、仲間の裏切りにより殺人の容疑で捕まって

しまいます。しかも裁判では、関係のない罪まできせられ有罪宣告を受けることに。

結果、アンリ・シャリエールはギアナ送りになり過酷な労役が課されることに

なったのです。

 

ギアナに送られる途中、アンリ・シャリエールは、ルイ・ドガと知り合います。

ルイ・ドガは偽札を作っている男で、ほかの囚人たちから金銭狙いで命を

狙われていました。

 

そのためアンリ・シャリエールは、ルイ・ドガから依頼を受け、ボディーガード

をすることに。やがて2人の間には、友人としての情が築かれていくことに

なるのです。

 

しかしそんな【映画】パピヨンは、原作小説ともども、実在の人物であった

アンリ・シャリエールによる自伝的なものだったというところが、最たる見どころ

となっています。

 

つまり、劇中で主人公のアンリ・シャリエールが体験するエピソードの大半が

事実であり、胸の蝶の入れ墨も実際にアンリ・シャリエールにもありました。

 

あらすじもさることながら、背景に至るまで【映画】パピヨンは見どころや

気になるところ満載ですね。

 

 

【映画】パピヨンの出演者俳優キャスト一覧と役どころと日本語吹き替え声優

アンリ・シャリエール(チャーリー・ハナム)

役名:アンリ・シャリエール

演者:チャーリー・ハナム

生年月日:1980年4月10日(38歳)

出身地:イギリス

 

パピヨンを演じるのは『パシフィック・リム』『キング・アーサー』に出演する

チャーリー・ハナムです。胸に蝶の刺青があることでパピヨンと呼ばれています。

ケチな金庫破りで捕まり、仲間に裏切られてしまいます。

 

いくつもの罪をきせられて、身に覚えのない殺人罪で終身刑を言い渡されて

しまいます。

 

祖国フランスを追放され、南米ギアナのデビルズ島で過酷な強制労働をさせられる

ことが決定します。自由を求めて脱獄を決意して、そこには数え切れないほどの

ドラマが待ち受けています。

 

脱獄映画と言えば『プリズン・ブレイク』や『大脱出』など名作が頭をよぎります。

パピヨンの生きることへの執着は、見る者を魅了しますし応援したい気持ちに

させてくれます。タイトルになっているように一番重要な役どころと言えるでしょう。

 

 

ルイ・ドガ(ラミ・マレック)

役名:ルイ・ドガ

演者:ラミ・マレック

生年月日:1981年5月12日(37歳)

出身地:アメリカ

 

『ナイトミュージアム』、『ボヘミアン・ラプソディ』などに出演しています。

中でも『ボヘミアン・ラプソディ』は社会現象とも言える空前の大ヒットで

数多くの賞を受賞し、第91回アカデミー賞では、最優秀主演男優賞を受賞している。

 

ルイ・ドガは、国債偽造で逮捕された男で偽札作りの腕は健在でした。

パピヨンに護衛を頼んだことから、彼も運命が動き始めます。

 

前作では親友と呼べるほど仲が深まっていきますが、リメイク版パピヨンでは

どうなるか分かりません。しかし、ポスターに二人で映っている姿を見ると、

仲間として数々の修羅場をくぐり抜けていくのではないでしょうか。

 

ちなみにマレックは

パピヨンは僕に強い影響を与えた作品だったので、この物語のリメイクは

非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が

経っている

と語っており難しい役柄をどう演じるのかに期待が高まります。

 

 

セリエ(ローランド・ムーラー)

役名:セリエ

演者:ローランド・ムーラー

生年月日:1972年

出身地:デンマーク

 

 

ブレトン(トミー・フラナガン)

 

役名:ブレトン

演者:トミー・フラナガン

生年月日:1965年7月3日(53歳)

出身地:イギリス

 

 

ニネット(イヴ・ヒューソン)

役名:ニネット

演者:イヴ・ヒューソン

生年月日:1991年7月7日 (27歳)

出身地:アイルランド

 

 

ジュロ(マイケル・ソーチャ)

役名:ジュロ

演者:マイケル・ソーチャ

生年月日:1987年12月13日 (31歳)

出身地:イギリス

 

 

トゥーサン(イアン・ビーティー)

役名:トゥーサン

演者:イアン・ビーティー

生年月日:1965年3月3日(54歳)

出身地:北アイルランド

ハンセン病患者の首領トゥーサン

 

ウォーデン・バロット(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)

役名:ウォーデン・バロット

演者:ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン

生年月日:1964年4月16日 (54歳)

出身地:オランダ

 

 

※出演者や日本語吹き替え声優について調べましたが、現状情報が少ない

状況です。情報を入手次第、追記します。

スポンサードリンク

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

こうして見てみると【映画】パピヨンもかなりの話題作となりそうです。

チャーリー・ハナムさやラミ・マレックの熱演を楽しみにしましょう。

 

お互いにリスクを掛けて助け合うパピヨンとドガの熱い友情や、刑務所内での

リアルに壮絶な生活は、観る者に刺激や感動を与えてくれるはず。

 

絶望の淵に追いやられても自由を求めることを諦めないパピヨンの姿は、

ついつい見入ってしまうこと間違いなしでしょう!

 

公開は、2019年6月21日(金)

 

公開が待ち遠しいです^^

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ