【映画】希望の灯りのタイトルの意味とは?原作者の意図や小説との違いについても

【映画】希望の灯り2019年4月5日(金)に公開されます。

 

ポジティブなイメージのタイトルですが、その意味はどうなっているか?

原作小説もありますので、タイトルに込められた原作者の意図も気になる

ところです。

 

ということで【映画】希望の灯りのあらすじやタイトルの意味、

タイトルに込められた原作者の意図や原作小説はどう違うのかについて

まとめてみました。

 

4/5公開 映画『希望の灯り』予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】希望の灯りのあらすじ(内容)

主人公のクリスティアンは、アラサーでスーパーマーケットで働いています。

その性格はとてもナイーブで、社交的ではありません。元々クリスティアンは

建設現場で仕事をしていたのでした。

 

しかし、いろいろあってクビになってしまい、スーパーマーケットに勤務することに

なったというわけです。こうして職場環境が大きく変わったクリスティアンは、

まったく知らない業界で新たにやっていくことに。

 

そんな中、クリスティアンは、仲間と出会うことになります。

それは、ルディ、クラウス、ユルゲン、そしてブルーノでした。

なかでもブルーノは、頼もしい存在でした。ブルーノはいろんな仕事を

クリスティアンに教えてくれるなど、親身になってくれます。

 

そしてクリスティアンは、一人の女性と出会うことに。その女性は、12歳年上の

不思議な魅力を持つマリオン。やがてクリスティアンとマリオンは、

とても仲よくなりますが・・・。

 

あらすじをざっくり見ていく限り、映画『希望の灯り』は、労働者の友情や恋愛を

描いていくヒューマンドラマといった感じのようです。

 

しかしクリスティアンの性格が内向的であること、建設現場をクビになってしまった

ことなど。またクリスティアンとマリオンの関係がどうなっていくのかも、

気になるところですね。

 

 

【映画】希望の灯りのタイトルの意味とは?

このような【映画】希望の灯りなのですが、そのタイトルも気になります。

どちらかといえば、明るい印象を受けますが、どのような意味があるのでしょうか。

 

調べてみましたが、これといった意味のようなものは見つかりませんでした。

そのため、あらすじからもお分かりのとおり、労働者たちが自分たちの生活に

希望を見出していくというポジティブなストーリーを象徴するものでは

ないでしょうか。

 

もしそうだとするならば、クリスティアンとマリオンは、最終的に結ばれることに

なるのかどうか、とても注目ですよね。

 

もちろん、クリスティアンとブルーノら同僚たちの関係についても、

見どころといったところでしょうか。

 

 

【映画】希望の灯りのタイトルに込めた原作者の意図とは?

【映画】希望の灯りには、原作小説が存在します。

クレメンス・マイヤー『夜と灯りと』です。

 

では、クレメンス・マイヤーが【映画】希望の灯りのタイトルに込めた意図は、

何だったのでしょうか?

 

原作小説のタイトルは映画と異なっていますが、「灯り」という点は同じです。

「灯り」にはポジティブなイメージがありますので原作小説に込めた意図は、

読者に希望を持たせるというものだったのではないでしょうか。

 

なお、クレメンス・マイヤーは、原作者というだけではなく【映画】希望の灯り

の脚本も担当していました。それだけに原作小説にせよ、映画にせよ、

込められた意図は同じなのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

【映画】希望の灯りの原作小説との違いについて

クレメンス・マイヤーが原作者であり、脚本担当でもあった、今作品ですが

原作小説の『夜と灯りと』と相違点はあったのかきになります。

 

『夜と灯りと』のあらすじは、統一後のドイツを舞台にマイノリティーな立場の

人々を本人たちの視点から描くとされていました。【映画】希望の灯りのあらすじと

近いようですね。

 

どうやら『夜と灯りと』の内容的に、尺の長さの関係で映画に脚色があったとしても、

両者の内容が大きく異なるということはないものとみられます。原作者が脚本担当

ということを鑑みてもそうなってもおかしくありませんね。

 

なお『夜と灯りと』は、12の物語からなる短編集でそのうちの「通路にて」が

【映画】希望の灯りの直接の原作となっています。つまり残りの11の物語は

別の話なわけですが、全体的なトーンは同じようです。

 

映画『希望の灯り』を観る前に、できれば『夜と灯りと』にも目を通したいものですね。

 

 

まとめ

タイトル通り、映画『希望の灯り』は、観るものに希望を与えてくれるような作品

になりそうですね。すでに『夜と灯りと』をご覧になっていた方も改めて

鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

 

公開は、2019年4月5日(金)

 

どのような希望を観せてくれるのか楽しみです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ