【映画】シャザムのタイトルの意味とは?原作者の意図とコミックとの違いについても

2019年4月19日(金)【映画】シャザム!が公開されます。

『見た目は大人、中身は子ども』という今までにないタイプのヒーロー

ということで気になるところ満載です。

 

ということで今回は【映画】シャザム!のあらすじやタイトルの意味、

原作者の意図、コミックとの違いについてまとめてみました。

 

映画『シャザム!』60秒予告【HD】2019年4月19日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】シャザムのあらすじ

【映画】シャザム!は、ハリウッドの超人気スーパーヒーローシリーズである、

「DCエクステンデッド・ユニバース」の一環となる作品です。同シリーズで言えば

2019年2月8日(金)日本で映画『アクアマン』が公開されたばかりですので、

とても楽しみです。

 

少年ビリー・バットソンは、ある日突然、魔導士シャザムによって強大なパワーを

授かります。このことによりビリー・バットソンは、ただの少年からスーパーヒーロー

であるシャザムに変身することができるようになりました。

 

しかしシャザムに変身したものの、外見こそスーパーヒーローなのですが、

ビリー・バットソンの中身は少年のまま。そのため、ビリー・バットソンは、

仲間のフレディ・フリーマンと一緒に、いたずらを重ねていくことに。

 

ところが、ビリー・バットソンの日常は、シャザムのパワーによって、かえって

脅威にさらされてしまいます。

 

ドクター・シヴァナという科学者がシャザムのパワーを狙っていました。

そのためフレディ・フリーマンが拉致されてしまうことに。

 

ここに至って、ようやくいたずらをすることから目覚め、スーパーヒーローで

あることを自覚していく、ビリー・バットソン。

 

こうしてビリー・バットソンとドクター・シヴァナによる戦いが始まっていくことに

なるのでした。果たしてビリー・バットソンは、無事にフレディ・フリーマンを

救うことができるのでしょうか?

 

以上が映画『シャザム!』のあらすじですが、従来のスーパーヒーローとは

かなり異なった内容のようです。

 

今までにない新たなヒーローの誕生と言ったところでしょうか。

新基軸といえそうな作品ですので、注目していきましょう。

https://twitter.com/dc_jp/status/1103264865446031365?s=20

 

 

 

【映画】シャザムのタイトルの意味とは?

かなりユニークなスーパーヒーロー映画となっていた『シャザム!』。

さて「シャザム」というタイトルには、どんな意味があったのでしょうか?

 

調べてみたところ、ちゃんと意味があり、それもかなり凝った意味であることが

判明しました。「シャザム」の英語表記は「SHAZAM」なのですが、これら1文字1文字に

意味がありました。

 

Sはソロモンの知力、Hはヘラクラスの強さ、Aはアトラスのスタミナ、

Zはゼウスのパワー、Aはアキレスの勇気、Mはマーキューリーの飛行力

それぞれ意味していました。

 

つまりビリー・バットソンは、シャザムに変身することによって、これらのパワーを

すべて手に入れられるということでした。

 

なおシャザムは、スーパーマンと同レベルのパワーを持っているとのこと。

これまでのスーパーヒーローのなかでも、戦闘能力は相当なものと考えられる

ことから、その活躍に注目です!

 

 

スポンサードリンク

 

タイトルに込めた原作者の意図とコミックとの違いは?

映画『シャザム!』のスーパーヒーローであるシャザムは、とんでもなく強く

相当な能力を持っている存在のようです。

 

しかしあくまで中身は少年と来ていますから、そのギャップが見どころとなりそうです。

 

では、「シャザム!」という、タイトルと、ビリー・バットソンが変身する

スーパーヒーローに原作者はどんな意図を込めていたのでしょうか?

 

映画『シャザム!』の原作は、C. C.ベックとビル・パーカーによるコミック

『キャプテン・マーベル』でした。このようにタイトルは違いますが、

ビリー・バットソンがスーパーヒーローに変身すること、そしてシャザムの意味は

同じですので、意図は先程、ご紹介したことと同じだと思われます。

 

コミック『キャプテン・マーベル』の映画版との違いも気になりますが、

けっこう相違がありました。ビリー・バットソンは、考古学者の両親を殺され、

妹とも生き別れ、引き取った叔父からも見捨てられ孤児になってしまった

少年だったのです。

 

しかし魔術師シャザムからパワーをもらったことで、キャプテン・マーベルに

変身できるようになるのでした。とこのように原作コミックは、スーパーヒーロー

の名前を含め、だいぶ違っていましたが、コミック『キャプテン・マーベル』の

映画版にせよ、『シャザム』せよ、それぞれ魅力があることに変わりはないでしょう。

 

 

 

まとめ

かなりユーモラスな映画『シャザム!』とは違い、原作コミック

『キャプテン・マーベル』は、悲劇的な要素が強そうです。

 

しかし!いずれにしても興味深く、面白そうであることに変わりはありません。

公開は、2019年4月19日(金)

 

公開が楽しみです!!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ