【映画】ダンボの実写化はかわいくないし怖い?耳が大きくなった原因とサイズについても

【映画】ダンボ が、2019年3月29(金)に公開されます。

 

『ダンボ』といえば、1941年のアニメ映画が有名でしょう。

それが80年近い歳月を経て、実写映画化されるということでとても楽しみです。

今回は、どのような『ダンボ』が見られるのでしょうか。

 

ということで、ダンボの耳が大きくなった原因、

耳のサイズ、実写化はかわいくない?についてまとめてみました。

 

「ダンボ」日本版予告編

 

スポンサードリンク

 

ダンボのプロフィールと役どころ

映画『ダンボ』は、『シザーハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』

などで有名なティム・バートン監督によって実写映画として公開されます。

 

ティム・バートン監督作品といえば、独自のカラフルなヴィジュアルに定評が

あり、どんな作品に仕上がるのかその期待度は高まるばかりです^^

 

ところが1941年のアニメ映画と今回の実写映画には、大きな違いがありました。

アニメ映画は文字通りダンボが主人公でしたが、実写映画ではホルト・ファリア

という男性が主人公。なお、ホルト・ファリア役はコリン・ファレルが演じます。

 

このように、視点が象から人間に変わるという違いはあるにせよ、象のダンボが

重要キャラクターであることに変わりはありません。

 

そこで、ダンボのプロフィールや役どころを見ていきましょう。

ダンボは、主人公のホルト・ファリアが勤めるサーカスで生まれた子象です。

 

しかし耳が異様に大きく、そんなダンボのせいでサーカスも馬鹿にされるように

なってしまいます。これを不愉快に思っていたサーカス経営者のマックス・メディチは、

ダンボをホルト・ファリアに押し付けてしまいます。

 

しかしダンボには、耳の大きさだけではなく、さらにほかの子象とは異なる点が

ありました。それはなんと、耳を羽のように使い空を飛べるというもの

だったのです。

 

一方の主人公のホルト・ファリアは、もともとサーカスで活躍していたものの、

戦争によって仕事を休まざるを得なくなってしまった男性。おまけに戦時中に

嫁は亡くなり片手は失くしてしまうなど災難が相次いでしまいます。

 

戦後、元のサーカスの仕事から遠ざかっていた傷心のホルト・ファリアでしたが

彼は元上司のマックス・メディチから誘われサーカスへ復帰することに。

 

ホルト・ファリアは、ここで初めて子象であるダンボと出会うことになります。

そしてホルト・ファリアと出会ったことによって、その生活は徐々に変わっていく

こととなるのです。

 

映画『ダンボ』では、そんなダンボの大きすぎる耳とそれによってもたらされた

飛行能力、そしてダンボとホルト・ファリアとの交流に注目です!

 

 

ダンボの耳が大きくなった原因とそのサイズ

ダンボは、特別な能力を持っていたとはいえ、けっして最初から恵まれていた

わけではなかったのですね。大きすぎる耳であるがゆえに、好奇の目に晒され

もともと見世物をするサーカスでも特異な存在として扱われることに。

 

しかしそれだけに、ダンボがみんなを幸福にしていく逆転劇が期待されます。

さてそんなダンボですが、耳が大きくなったのは、どうしてだったのでしょうか?

てっきり生まれつきかと思いきや、実はほかに原因がありました。

 

アニメ映画版の話ですが、ダンボの母親の仲間がダンボを可愛がってくすぐったところ、

その影響でダンボがくしゃみをし結果、耳が拡大してしまったとのこと。

 

とてもユニークですが、実写映画でも踏襲されるのか、気になりますね。

なお、ダンボの耳の大きさも知りたいですが、明確なデータはありませんでした。

 

子象の体型は大人の人間と同じくらいです。ダンボの耳は全身の3分の2はありますので、

そこから推測すると、およその長さは、110~120センチくらいはあるのでは

ないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

ダンボは可愛くない?

映画『ダンボ』といえば、肝心のダンボが可愛くない?ということも注目されています。

これは、どういうことなのでしょうか?

 

結論から言えば(主観ですが^^)、実写映画のダンボは充分可愛いです!

しかし、アニメ映画のイラストのダンボのイメージが強いため、実写映画の

ダンボのリアルさがまだ浸透していないのかもしれません。

 

実写映画のダンボも公開されば、可愛いダンボとして愛されはずです!

アニメ映画とは、ひと味違った実写映画のダンボの魅力を確かめたいですね。

 

 

まとめ

ディズニーの傑作アニメ映画だった『ダンボ』を実写化とは、大人も子供も公開が

待ち遠しいはずです。

 

ティム・バートン監督となれば、独自のヴィジュアルですばらしい世界観の作品に

なることは間違いなし!

 

公開は、2019年3月29(金)

 

公開が楽しみですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ