【映画】武蔵で武蔵役の細田善彦って誰?新免家についてやなぜ戦い続けたのかを考察

武蔵といえば、知らないものはいない日本きっての剣豪ですね。

 

これまでに彼を主人公にした小説、ドラマ、映画などは数え切れません。

そんな宮本武蔵を主人公にした映画『武蔵-むさし-』が、

2019年5月25日(金)に公開されます。

 

さて今回は、どんな武蔵が観られるのか楽しみですね^^

 

ということで映画『武蔵-むさし-』で主演する細田善彦さんや新免家について

そして武蔵が戦い続けた理由についてまとめてみました。

 

映画『武蔵-むさし-』特報予告篇【公式】5月25日ロードショー (MUSASHI)

 

スポンサードリンク

 

【映画】武蔵の新免家について

映画『武蔵-むさし-』でまず注目したいのが「新免家」についてです。

武蔵に詳しくない方はピンと来ないのではないでしょうか。

 

実は新免家というのは、武蔵の実家のことでした。新免家は、豪族である赤松氏

の一流であって、美作国にあった粟井城や小房城を本拠地として活動していました。

 

新免という名前の由来は、年貢を課されなかった免田の一種であると

いわれています。その子孫である新免無二斎が、かの武蔵の父親だったと

いうことなのです。

 

ただし新免無二斎は、あくまでも武蔵の実父ではなく、養父であるとする

説もあります。新免無二斎については、生没年すらハッキリとは分かっていない

など、なにかと謎の多い人物でもあります。

 

そんな新免家出身の武蔵が、どうして宮本と称していたのかということも、

やはり謎。このように新免家といい、宮本といい、なにからなにまで謎の多い

存在だったようです。

 

しかしそれだけに、映画『武蔵-むさし-』において、武蔵と新免無二斎

のつながりへの関心は、よけい高まっていくのではないでしょうか。

 

劇中では、この親子について注意深く観察したいですね。

 

 

武蔵役の細田善彦のプロフィール

映画『武蔵-むさし-』で、主人公である武蔵役を演じるのが細田善彦

そこで細田善彦さんとは、いったいどのような俳優なのか?そのプロフィールを

見ていきましょう。

 

細田善彦さんは、1988年3月4日、東京都出身の30歳。

和菓子屋である榮太樓總本鋪の息子に生まれ、慶應義塾大学商学部を

卒業しました。芸能界に入ったころは「細田よしひこ」と称しており、

2014年から「細田善彦」と改めています。

 

2005年、ドラマ『ディビジョン1』への出演によって俳優としてデビュー。

同年には、『怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション』で映画デビューもしました。

 

2007年には、ドラマ『ライフ〜壮絶なイジメと闘う少女の物語〜』で話題に

なることに。そして、NHK大河ドラマに『花燃ゆ』『真田丸』と2年連続で

出演しました。

 

そんな細田善彦さんは、これまでにたくさんの映画やドラマで活躍しています。

映画では『あそこの席』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『大奥』『王様ゲーム』

『劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン』『羊の木』など。

 

ドラマでは、『Dr.コトー診療所2006』『ペテロの葬列』『まっしろ』

『ウルトラマンX』『逃げるは恥だが役に立つ』『民衆の敵〜世の中、

おかしくないですか!?〜』など。

 

2019年には、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に宮城遼一役で出演し

話題になりました。さらに同年は、映画『武蔵-むさし-』で主演ということもあり

細田善彦さんにとっては飛躍の年となりそうです。

 

それだけに、映画『武蔵-むさし-』での細田善彦さんの武蔵役が、

とても楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

武蔵はなぜ戦い続けたのか考察

ここまで映画『武蔵-むさし-』の主人公・武蔵の家系や主演俳優について

見てまいりました。さてそんな武蔵といえば、大きな疑問として、

なぜ戦い続けたのかということがあります。

 

日本を代表する剣豪である以上、これは避けて通れな問題ですよね。

おそらくその背景には、あの関ヶ原の戦いがあったのではないでしょうか。

 

実は武蔵は、剣豪というイメージが大きいですが、関ヶ原の戦いで石田三成

加勢して参加していたからです。一方、後に巌流島で対決する佐々木小次郎も、

徳川家康に加勢して参加していました。

 

関ヶ原の戦いで武蔵は、自身の剣術が歯が立たないことを思い知り生還後、

さらなる剣術修行に明け暮れることになります。こうしたことを踏まえても、

武蔵と関ヶ原の戦いは、やはり関係が深いと言えそうで。

 

武蔵は、佐々木小次郎に挑むとき、とにかく勝つことにこだわりを見せ、

現実に彼を打ち負かしました。これも、関ヶ原の戦いで賊軍となった負い目が

官軍となった佐々木小次郎に向かった結果なのかもしれません。

 

 

まとめ

また新たな武蔵が描かれていくであろう、映画『武蔵-むさし-』。

ぜひ、劇場で鑑賞したいものですが、武蔵の戦いへの姿勢にも着目したい

ものですね。

そしてまたそんな武蔵を演じる細田善彦さんにも注目していきましょう。

 

公開は、2019年5月25日(金)

 

公開が楽しみです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ