【映画】七つの会議の野村萬斎演じる八角についてネタバレ!スーツの色が黒なのはなぜ?

2019年2月1日(金)、映画『七つの会議』が公開されます。

『下町ロケット』『半沢直樹』など、多くの原作がドラマ化されていることで

有名な直木賞作家池井戸潤が原作者だということで、楽しみですね。

 

さて池井戸潤といえば、企業もので有名な作家ですが、映画『七つの会議』も

そのタイトルからも連想できますが、企業ものでした。

 

今回は、そんな映画『七つの会議』に登場するという八角民夫という

キャラクターについてまとめてみました。

 

映画『七つの会議』予告2

 

スポンサードリンク

 

【映画】七つの会議の野村萬斎演じる八角についてネタバレ!

池井戸潤原作の『七つの会議』は、今回の映画化の前にドラマ化もされています。

ドラマ版は2013年に放送され、ドラマ版の主人公である原島万二役は東山紀之

演じました。

 

さて、このたび公開の映画版なのですが、主人公は原島万二から八角民夫へと交代し

これを野村萬斎が演じるとのこと。因みにドラマ版で主人公だった原島万二は、

及川光博が演じるほか、香川照之、片岡愛之助など超豪華な俳優陣が揃っています。

 

それでは、映画『七つの会議』の主人公である野村萬斎が演じる八角民夫とは、

いったい、どのような人物なのでしょうか?

 

八角民夫は、中堅どころの企業である東京建電に勤務しているサラリーマン。

部署は営業一課で万年係長で、それ以上昇進しないという男です。

 

性格はぐうたらで、社内でも怠け者として有名です。そのために「居眠りハッカク」

などと呼ばれていて、自分より年下で上司でもある課長坂戸宣彦からも

注意を受ける始末。

 

東京建電では、営業部長である北川誠が厳しい方針を打ち出していたため、

社員たちはみんな身を粉にして働いています。しかしながらそんな中にいて、

八角民夫だけは、あくまでもゴーイングマイウェイでした。

 

さて、そんな八角民夫の周囲が突如として騒がしくなってきます。

 

なんとパワハラ事案として部下の八角が営業一課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)

を訴えます。これを受けては坂戸は更迭され、後任に原島万二(及川光博)が

就任することに。

 

ところが、その背景には、とんでもないことが隠されていたのでした。

映画『七つの会議』は、いつもの池井戸潤作品そのものといった感じの

魅力的な登場人物、そして物語みたいです。

 

八角民夫は、「居眠りハッカク」などと呼ばれるわけですから、

だらしない男というイメージを抱いてしまうことでしょう。

 

しかし八角民夫は、普段はたしかにだらしないものの、ここぞというときには

動く男。企業内のゴタゴタに対しても、毅然と立ち向かっていきます。

『下町ロケット』『半沢直樹』のような熱さを感じてしまいますよね。

 

どうやら八角民夫は、根っからのダメ男というわけではなく、頼れる一面も

ある人物のようです。またそうでなかったら、映画の主人公としては魅力が

足りませんからね。

 

映画『七つの会議』で、野村萬斎さんがこんな八角民夫をどのように演じていくのか

楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

八角だけスーツの色が黒なのはなぜ?

映画『七つの会議』で野村萬斎さんが演じることになっている八角民夫。

「居眠りハッカク」と呼ばれながらも、悪にはけっして負けないという

二面性の持ち主ということで、その活躍がどんなものになるのか楽しみです。

 

八角を演じて萬斎さんは、こんなことを。

 

八角を演じて思ったのは、会社組織の中の”サラリーマンは大変!”その一言に

尽きます。ノルマ達成は会社の正義ですが、それがいつしか自分の正義になって

しまい、仕事のために人の道を踏み外しても気づけなくなってしまう。

でも八角は、権力に押さえつけられながらも、地に足をつけて考え、自分の正義

を守ろうとします。その姿勢にはとても共感しました。

ある意味、現代のヒーローだなと。

 

 

さてそんな八角民夫なのですが、映画『七つの会議』では、少し不思議なことが

注目されています。それは劇中において、なぜ八角民夫だけスーツの色が黒だと

いうところです。

 

これはたしかに、どういうことなのか、かなり気になりますね^^

何か深い意味でもあって、こういう設定になっているのか、それとも全く何もなく

たまたまなのか、はたしてどっちなのでしょうか。

 

実は、決してアバウトなものなどではなく、ちゃんとした意味がありました。

なんと、八角民夫役の野村萬斎さんが福澤克雄監督に対して自分だけそのスーツに

するよう提案していたというのです。しかもそのスーツは喪服の黒。

 

その理由というのは、八角民夫は、会社でも浮いた存在だからだというのです。

加えて、八角民夫が問題を抱えていることも、そのスーツの色の差別化を図った

理由の1つだとか。

 

また野村萬斎さんは、こんなことを。

サラリーマンはネイビーやグレーのスーツが多いけれど、八角は社内で浮いて

いる存在なので周りと馴染みすぎないように、また彼が抱えている問題も考慮

して、監督に黒のスーツを提案しました。というのも、僕にとって衣装の色や

デザインは、役作りをするうえで重要な要素。狂言師は自分で衣装を管理し、

揃え、舞台に上がります。身につけるものからも役を作り込んでいくので、

その感覚が自然に身についているんですよね。

 

 

野村萬斎は、今回が自身初めてのサラリーマン役ということで、その役作りのために

まずはじめに手を付けたのが衣装というわけです。

 

こういった経緯を頭に入れてから鑑賞してみれば、映画『七つの会議』を

ますます楽しむことができそうです。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『七つの会議』は、いつもの池井戸潤作品とおなじく、企業を舞台にした

痛快なストーリーとなっていきそうです。

 

しかし想像以上に意外なキャラクターがいたり、舞台裏があったので、

さらに興味は尽きない感じですね。

 

公開は、2019年2月1日(金)

 

野村萬斎をはじめ、ベテラン俳優陣による演技を早く観たいですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ