九月の恋と出会うまでのタイトルの意味とは?原作小説との違いについても

2019年3月1日(金)に公開される映画『九月の恋と出会うまで』

このタイトルを見てとても不思議な印象を受けました。

 

ラブストリーであることは、タイトルからも想像できますが、そのストーリーも

かなり変わったもののようです。そして映画『九月の恋と出会うまで』には、

原作となる小説が存在していました。

 

ということで気になる映画『九月の恋と出会うまで』のあらすじやタイトルの意味、

原作との違いについて、まとめてみました。

 

映画『九月の恋と出会うまで』予告【HD】2019年3月1日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】九月の恋と出会うまでのあらすじ

北村志織は、少し変わった感じのマンションへと転居してきました。

そんな北村志織の部屋の隣には、少し変わった感じの男性が住んでいます。

 

男の名前は平野進。小説家を目指しているとのこと。

 

ある日、北村志織の部屋に謎の男の声が聞こえてきました。その男が言うには、

自分は1年後の未来にいて、今、北村志織の身には危険が迫っていて、

そのことを警告しているとのことでした。

 

なんと!!北村志織は強盗に殺される運命にあるので、その男は彼女を救おうと

しているとのことでした。

 

そしてその男は北村志織にあろうことか、隣の部屋に住んでいる平野進

尾行するようにと依頼してきます。そこで北村志織は平野進と男の声について

話し合うことにしました。

 

そしてやがて平野進は驚くべきことに気付くのでした。それは北村志織には、

運命が変わったことによってタイムパラドックスが起こるはずだということ。

それによれば、これから1年経ったら北村志織は消えてしまうというのです。

 

タイムパラドックスとは

タイムトラベルなどで過去の歴史を改変することによって生じる逆説の総称。

タイムマシンを利用して過去の世界に行き、自分の父親となる人物を殺す

親殺しのパラドックスなどがあり、しばしばSF小説の題材となる。

引用元:デジタル大辞泉

 

親殺しのパラドックスとは

タイムトラベルにまつわる逆説。タイムマシンを利用して過去の世界に行き、

自分の父親となる人物を、母親と出会う前に殺してしまったらどうなるかを

問うもの。父親を殺すと自分が生まれてこないため、タイムトラベルを

することができない。しかし、自分が存在しなければ父親は殺されず、

自分が生まれてタイムトラベルをして父親殺しをすることになり、

論理的に矛盾してしまう、という説。

引用元:デジタル大辞泉

 

北村志織は、自分が消滅してしまうという運命から救おうと躍起になっていく

平野進のことが、次第に好きになっていくのでしたが・・・

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

【映画】九月の恋と出会うまでのタイトルの意味とは?

あらすじでもあるように物語では、運命の変化によるタイムパラドックスで北村志織は、

消える運命にあり、それから彼女を救おうとする平野進が活躍するという

SF恋愛作品のようです。

 

さて、ストーリーもかなり変わった作品だと思いますが、タイトルである

九月の恋と出会うまで』いうのも不思議な感じがします。

 

いったいこのタイトルには、どのような意味があるというのでしょうか?

これは、原作小説における設定が大きく関わっていたみたいです。

 

原作小説では、物語の舞台となる現在とは、2004年となっていました。

そして、男の声によれば北村志織が強盗によって殺されていたはずだと

考えられるのは、2004年9月のことだったのです。

 

平野進の考えたタイムパラドックスによれば北村志織が消滅してしまうと

考えられる1年後もまた、2005年9月だったので、両方とも「9月」だと

いうことになります。

 

それから北村志織と平野進は、2005年9月までは北村志織が死なず

かつ謎の男を登場させれば、北村志織は消滅しないで済むと考えるようになります。

 

あらすじでもあるように、北村志織は自分を助けようと奔走していく平野進に

やがて惹かれていきます。このことから考えてもこの映画のタイトルには、

2004年の9月から2005年9月、北村志織の平野進への恋と密接に関連しているようです。

 

スポンサードリンク

 

【映画】九月の恋と出会うまでの原作小説との違いについて

映画『九月の恋と出会うまで』は、松尾由美さんの同名小説が原作。

 

原作小説は、2007年に新潮社から刊行され、2009年に新潮文庫、2016年に双葉文庫で

文庫化されていました。それが実に12年も経って実写映画化とは、朗報ですよね。

 

さて、そんな原作小説と映画の違いとは、どんな感じになっているというのでしょうか?

 

映画のあらすじについては、2019年1月現在、未公開作品であるため、概要しか分かって

いません。そこで、原作小説と映画のあらすじの概要を比較してみましたが、

特に大きな違いは見られませんでした。

 

しかし、原作小説と映画がまったく同じかどうかは、実際に公開されて

みないと分かりません。北村志織の職業が違うといったささいな違いくらい

はあるのかもしれません。

 

あるいは、ラストが違うなど、かなり大きな変化があるのかもしれませんね?

もし映画が大幅に変わったとしても、それはそれで魅力ある作品と

なることは確かかと思われます。

 

 

まとめ

松尾由美さんは、ミステリー、SFなどをメインに活躍している作家です。

したがって、彼女の原作小説の映画化作品である『九月の恋と出会うまで

にもミステリー、SF要素は満載。

 

またそれに加え恋愛要素もありますから、必見です!

 

公開は、2019年3月1日(金)。

公開が楽しみです^^

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ