【映画】アベンジャーズエンドゲームの出演者一覧と役どころ!日本語吹き替え声優も

【映画】アベンジャーズエンドゲーム

2019年4月26日(金)に公開されます。

 

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」から続いてアンソニー・ルッソ

ジョー・ルッソ兄弟監督を務めます。

 

そして脚本を担当するのは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

『エージェント・カーター』などのクリストファー・マーカスと

スティーヴン・マクフィーリーが手掛けます。

 

ということで気になる出演者俳優と役どころ、日本語吹き替え声優について

まとめてみました。

 

「アベンジャーズ/エンドゲーム」予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】アベンジャーズエンドゲームの内容(あらすじ)

完結編となる本作では、最凶の敵サノスに敗北して全宇宙の生命の半分が

滅ぼされてしまった世界が舞台です。

 

チリとされた世界の人々の命は消えてなくなりました。

残されたアイアンマンをはじめとするヒーローたちが最後の戦いに挑みます。

 

トニー・スタークは宇宙を何かしらの理由で漂い、そして最期を覚悟しています。

予告編では、なぜひとりで宇宙船に乗っているのか?が疑問です。

そしてそのなかでヘルメットにメッセージを録音しています。

 

婚約者のベッパー・ポッツ宛てと思われるこのメッセージを聞くと、彼は最期を迎える

覚悟をしている様子なのです。タイタン星で戦い、生き残ったのはトニーだけでは

ありません。

 

もう1人生き残ったネビュラは、どうやらガーディアンズの宇宙船にいるようです。

二人が別々で行動をしているのにも意味があるのかもしれませんね。

また、予告動画では山々の間にそびえ立つ巨大なサノスのアーマーが出てきます。

 

サノスはどうやら自然豊かな土地にいるようですが、この巨大なサノスのアーマーは

まだ謎に包まれたままです。

 

そしてアベンジャーズエンドゲームでは、ヒーローの一人ホークアイが出演します。

彼はいつもの弓矢ではなく刀を武器としています。作中で設定の変更があるのかも

しれませんね。

 

インフィニティ・ガントレットの力で彼の家族が消えてしまい、

家族のために引退した彼が暗殺者のようになっていると考えられています。

 

ブラックウィドウが彼に再会したのはどうやら日本のようで、

ホークアイはなぜ日本におり、彼が倒した相手は誰なのかは分かりません。

 

そしてさらにスコット・ラングも登場します。

『アントマン&ワスプ』のポストクレジットシーンで、アントマンは量子世界に

取り残されてしまったように見えましたが、無事に帰還に成功しました。

 

前作『インフィニティ・ウォー』では24人のヒーローが参戦しましたが、

生き残ったのはたったの9人です。生き残ったメンバーだけでサノスを倒すのは

不可能なため、復活するか新たなヒーローの参戦にも期待が高まります。

 

今回のアベンジャーズエンドゲームでは、どのヒーローが参戦しどんな展開になるのか

予想がつきません。最後の戦いがどうなるのか注目です。

 

 

【映画】アベンジャーズエンドゲームの見どころ

アベンジャーズエンドゲームの見どころはヒーローが集結するところです。

登場人物が死亡する、世界が半壊するといった設定も魅力の一つです。

気になるところ&見どころも満載。

 

また今回が完結編となるので期待度も注目度もマックスです^^

 

スポンサードリンク

 

【映画】アベンジャーズエンドゲームの出演者一覧と役どころ!日本語吹き替え声優も

トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:トニー・スターク/アイアンマン

演者:ロバート・ダウニー・Jr.

最強のパワードスーツで戦うトニー・スターク。

アイアンマンの役を『チャーリー』『アリー my Love』で有名。

 

巨大軍需企業の社長であり、天才科学者でもあるトニー・スタークが

最後の戦いに挑みます。

 

ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞し、アカデミー賞にノミネートされるほどの

実力派俳優。

 

日本語吹き替え声優:藤原啓治

生年月日:1964年10月5日(54歳)

出身地:岩手県

 

 

マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:マイティ・ソー

演者:クリス・ヘムズワース

 

北欧神話の雷神で有名なヒーローマイティ・ソーは父オーディンによって

人間に転生させられてしまいます。魔法のハンマームジョルニアを手に入れて

ヒーローとしての自分を取り戻すのです!

 

演じるのは『ファンタスティック・フォー』『セルラー』に出演している

クリス・ヘムズワースです。日々鍛えた肉体美が魅力的な俳優です。

 

日本語吹き替え声優:三宅健太

生年月日:1977年8月23日 (41歳)

出身地:沖縄県

 

 

ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:ブルース・バナー/ハルク

演者:マーク・ラファロ

 

ハルクは緑色の巨人として圧倒的な怪力を持っています。

怒りによって緑色の巨人へと変貌するハルクのアクションシーンは見ごたえ抜群で

日本でも人気があります!

 

日本語吹き替え声優:宮内敦士

生年月日:1969年7月8日 (49歳)

出身地:埼玉県

 

 

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ

演者:クリス・エバンス

 

アベンジャーズのリーダー、キャプテン・アメリカは、星条旗を模した姿が

絶大なインパクトのスーパーヒーローです。 数々のトラブルから世界を

救ってきました。

 

貧弱な体で軍の基準を満たせず入隊を拒否されるが、超人兵士計画に志願し

超人的な力を手に入れたのがスティーブ・ロジャース。

弱くても強くなれるという子供達の憧れの存在です。

 

日本語吹き替え声優:中村悠一

生年月日:1980年2月20日 (38歳)

出身地:香川県

 

 

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ

演者:スカーレット・ヨハンソン

 

ブラック・ウィドウは美しい女スパイで銃の腕が圧倒的です。

ロシアで戦闘訓練や武器の扱いの訓練を受けた過去を持ち、

ワイヤーフックで飛び回りるアクションシーンは刺激的ですね。

 

日本語吹き替え声優:米倉涼子

生年月日:1975年8月1日 (43歳)

出身地:神奈川県

 

 

クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役名:クリント・バートン/ホークアイ

演者:ジェレミー・レナー

 

ホークアイはサーカス団で磨いた弓術と訓練によって手に入れた剣術を武器に

戦います。 『アベンジャーズ』ではロキに操られた敵として出てきますが、

救われた後はアベンジャーズに加入。

 

日本語吹き替え声優:宮迫博之

生年月日:1970年3月31日 (48歳)

出身地:大阪府

 

 

※現在のところ、日本語吹き替え声優の情報はありませんでした。

しかし過去作から変わっていないようなのでそのまま記入しました。

もしも変更等、ありましたら、追記します。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

アベンジャーズエンドゲームの気になる出演者俳優と役どころ、日本語吹き替え声優

についてご紹介しました。

 

予告編の最期に何故かアントマンが登場したことで、何かしら重要な役割に

なるのかもしれませんね。

 

サノスVSアベンジャーズの最後の戦いが楽しみでたまりません。

前作からのファンも多いでしょうし、子供たちの憧れのヒーローが集結します。

 

公開は、2019年4月26日(金)。

 

完結編となる今作、見逃すわけにはいきませんね^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ