【映画】ザファブルの見どころと内容あらすじまとめ!主題歌や挿入歌は?

映画『ザ・ファブル』。

 

この作品は、かんたんに説明すると、1人の殺し屋のお話です。

といっても、一般的な殺し屋とは違い、かなり斬新な設定になっているのが

特徴です。キャストも演技派が揃っていますので、期待度も注目度もMAXです。

 

公開は、2019年6月21日(金)。

 

 

ということで映画『ザ・ファブル』のあらすじ、見どころ、主題歌、挿入歌

などについてまとめてみました。

岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!

 

スポンサードリンク

 

【映画】ザファブルの内容(あらすじ)

物語は、東京を舞台として始まっていきます。とある殺し屋の男がいました。

彼はファブルという呼称で裏社会の人間達のあいだで知られていました。

 

ファブルというのは、寓話という意味です。

 

彼がそのように呼ばれる理由というのは、あり得ないくらい強い殺し屋だったから

なのでした。ファブルは幼少時からボスによって鍛えられていて、

強靭な殺し屋として活躍して来ました。

 

そんなファブルには、ヨウコという相棒がいました。これまでにファブルとヨウコが

殺してきたターゲットの数は、1人や2人ではありません。

 

さて、ある日ボスは、ファブルの正体が発覚しないように一計を思いつくことに。

それは、ファブルを大阪へ行かせ、殺し屋ではなくただの一般市民として

暮らさせるというものだったのです。

 

1年間という期限付きの命令だったものの、こうしてファブルは、人殺しを

許されない普通の人間の生活というものを経験していくことに。

 

ファブルは、それに先立って、佐藤明と名乗ることになりました。

そんなファブルあらため佐藤明は、ボスと親しい真黒組というヤクザに守られて

ヨウコといっしょに大阪で暮らすこととなります。

 

そんななか、ファブルはミサキという女性と出会うことになるのでしたが…?

 

 

【映画】ザファブルの見どころ

映画『ザ・ファブル』は、南勝久さんのコミックが原作。

原作コミックは、講談社漫画賞一般部門を受賞するなど、高く評価されています。

 

その実写化作品である映画『ザ・ファブル』は、殺し屋が主人公という

過激なストーリーながら、あくまで凡人として暮らす殺し屋を描くという、

ユーモラスな一面も持ち合わせています。

 

一方で、劇中では、休業中とはいえ殺し屋が主人公だけに、

アクションシーンも出てくるといいますから、期待ですね。

 

それにしましても、こんな変わった作品はなかなかありませんから、

関心は募っていくばかりです。

 

さて、そんな映画『ザ・ファブル』は、キャストもすばらしいものとなっていました。

主人公であるファブル役を演じるのは、ジャニーズトップの演技派として有名な、

V6の岡田准一

 

岡田准一は、1980年11月18日、大阪府出身の38歳。

1995年、ジャニーズ事務所に入所し、V6メンバーとなります。

以後、アイドルとしても活躍しつつ、俳優としても頭角を現していくことに。

 

そしていつしか、ジャニーズ事務所きっての演技力の持ち主として知られていった、

岡田准一。2014年には、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に主演し、

大きな話題となりました。

 

これまでの出演作は実に多く、映画は、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』、

『陰日向に咲く』、『天地明察』、『永遠の0』、『海賊とよばれた男』など。

 

ドラマは、『木更津キャッツアイ』、『タイガー&ドラゴン』、

『SP 警視庁警備部警護課第四係』、『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』

などとなっています。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

が、映画『ザ・ファブル』の注目キャストは、彼以外にもまだまだおり、

ヒロインのヨウコ役が木村文乃。もう1人のヒロインともいえるミサキ役が山本美月

ボス役が佐藤浩市。ほか、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕といった

面々となっています。

 

いずれも、主役級や演技派ばかりですから、映画『ザ・ファブル』の公開が、

とても待ち遠しいですね^^

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

スポンサードリンク

 

【映画】ザファブルの主題歌や挿入歌は?

映画『ザ・ファブル』は、あらすじやキャストもすごいですが、まだまだ気になることが

あります。そう、映画といえば、やはり主題歌や挿入歌ですよね?

こちらは、いったい、どうなっているのでしょうか。

 

実は、あいにくまだ分かっていません。

しかし、映画やドラマで、主演がジャニーズ事務所のタレントの場合、

所属グループが楽曲を担当するというケースは多いもの。

 

したがって、岡田准一主演の映画『ザ・ファブル』は、

主題歌や挿入歌がV6になる可能性も否定できないのではないでしょうか。

早く詳細が明らかになればいいですね。

 

※詳細が分かり次第、追記します。

 

 

まとめ

刑事が主人公の潜入捜査ものはよく見かけますが、殺し屋が一般市民に

紛れ込んで生活するというのは前代未聞。

 

それだけに、映画『ザ・ファブル』がどんな結末を迎えるのか、気になりますね。

何よりも、武将、パイロットなど、さまざまな武闘派の役も演じてきた岡田准一

の殺し屋役に期待しましょう。

 

公開は、2019年6月21日(金)。

 

公開が楽しみです^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ