【映画】サスペリアのタイトルの意味とは?見どころと内容あらすじまとめ!

ホラー映画好きでなくても、誰でも知っている?有名なホラー映画と言えば

『サスペリア』ですね。

 

なんと!!嬉しいことに、あの不朽の名作が長い月日を経て、

リメイク作品として帰ってくることになりました^^

 

公開は、2019年1月25日(金)。

 

さすがにこれは、見逃すわけにはいきませんね。

ということで、内容(あらすじ)や見どころなどについてまとめてみました!

 

【公式】『サスぺリア』1月25日(金)公開/本予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】サスペリアの内容(あらすじ)

時は1977年。

スージー・バニヨンは、アメリカからはるばる、ドイツへとやって来ました。

 

踊りにあこがれていた彼女は、マルコス・ダンス・カンパニーに入りたくて、

はるばるドイツまでやって来ました。

 

マルコス・ダンス・カンパニーは、国際的な存在だっただけに、

スージー・バニヨンはとても期待していたのです。

 

ところが、オーディションに参加してみたところ、思いがけない幸運に恵まれることに

なりました。なんと!カリスマ振付師として知られていたマダム・ブランが、

スージー・バニヨンに対して、好印象を持ったのです。

 

その結果、スージー・バニヨンは、重用されていくことに。

しかし、やがて、スージー・バニヨンの周辺では奇妙なことが相次いでいきました。

 

どういうわけなのか、ダンサーたちが行方不明になってしまったのです。

行方不明になったダンサーの中には、クレンペラー博士が担当していた

患者もいました。

 

クレンペラー博士は、この異常事態を受けて、すぐに自身の患者を

捜していくことに。その結果、クレンペラー博士は、マルコス・ダンス・カンパニーの

恐ろしい核心に迫って行くことになります。

 

マルコス・ダンス・カンパニーに秘められた狂気は、次第に、スージー・バニヨンをも

狙っていくことになるのでした。

 

 

【映画】サスペリアの見どころ

映画『サスペリア』といえば、1977年イタリアの巨匠ダリオ・アルジェント監督

によって公開されたオリジナル版が、非常に著名です。

 

狂気じみたストーリー。ゴシック調の演出。などもあって、もはや世界のホラー映画

において革新的な存在となりました。

 

公開から40年以上が経った今もなお、数多くのファンから愛され、

後進の映画監督たちにも計り知れない影響を与えています。

 

そんなオリジナル版をリメイクした映画『サスペリア』は、ルカ・グァダニーノ監督作品。

オリジナル版がベースになっているものの、あらたな解釈によって

製作されたということです。

 

いったい、どのような展開になっていくのか、オリジナル版のファンも、新規ファンも、

両方楽しめるものと期待されます。

 

そんな映画『サスペリア』で主人公のスージー・バニヨン役を演じているのは、

ダコタ・ジョンソン。

 

ダコタ・ジョンソンは、1989年10月4日、アメリカ出身の29歳。

父親はドン・ジョンソン、母親はメラニー・グリフィス、祖母はティッピ・ヘドレンという

役者一家で生まれ育ちました。

 

やがて、母親の再婚相手のアントニオ・バンデラスが監督した

映画『クレイジー・イン・アラバマ』で銀幕デビュー。

 

その後、映画では『ソーシャル・ネットワーク』などに出演しました。

女優だけではなく、ファッションモデルとしても有名な存在です。

 

今回は異常なストーリーのホラー映画で主演ということで、ダコタ・ジョンソンに

とっては新境地となることでしょう。

 

 

さて、映画『サスペリア』の見どころといえば、レディオヘッドヴォーカリストとして

世界的に有名なトム・ヨークが音楽を担当したことにも注目です。

 

古い名作があらたな意匠でどのように変貌を遂げるというのか、

公開日がやって来るのが待ち遠しいですね。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

スポンサードリンク

 

【映画】サスペリアのタイトルの意味とは?

もはや知らない人はいない大傑作の、映画『サスペリア』。

しかし、映画や映画のタイトル自体は知っていても、映画のタイトルの意味は

ご存じないという方も、少なくないことでしょう。

 

はたして、「サスペリア」とは、どんな意味だというのでしょうか…?

気になったので、調べてみたのですが、あまり詳しいことは分かりませんでした。

ただし、一部では、「ため息」「嘆き」といった意味を持つイタリア語から

来ているという説もあるようです。

 

これが事実であれば、ゴシック調のホラー映画にはピッタリな感じがしますよね。

はたして、その真相はどうなっているというのでしょうか?

 

 

まとめ

映画『サスペリア』は、単なる新作ホラー映画ではなく、伝説的なホラー映画

のリメイクとあって必見でしょう。元ネタは同じでも、スタッフやキャストが違えば、

おなじホラー映画の『キャリー』みたいに趣向も変わりますからね。

 

そしてさらに、解釈まで変わるとくれば、なおさら変貌ぶりが楽しみです。

 

公開は、2019年1月25日(金)。

 

驚愕の展開に覚悟しておきましょう!

今から公開が待ち遠しいです^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ