【映画】麻雀放浪記2020の主題歌や挿入歌は?内容あらすじやネタバレも

【映画】麻雀放浪記2020は、阿佐田哲也の250万部を超える

ベストセラー小説が原作。

 

1984年以来、35年振りのリメイク版として再登場です!

 

1984年度キネマ旬報でベストテン4位を獲得し、出目徳役を演じた高品格

日本アカデミー賞や各映画賞の助演男優賞を受賞した名作です。

 

最近、麻雀がブームだということで、再映画化されることが決定しました。

公開日は2019年4月5日(金)。

 

ということで気になる主題歌や挿入歌、内容や見どころについて

まとめてみました!

 

スポンサードリンク

 

麻雀放浪記2020映画の内容(あらすじ)

坊や哲は、ドサ健と知り合ったことをキッカケに賭博を始めるようになります。

そしてママや出目徳の影響で麻雀に没頭していきます。

 

しかし、薬物中毒になってしまった坊や哲は東京から大阪へ活動拠点を

変更します。坊や哲を待っていたのは強敵であるタンクロウで、

経験がない戦いに坊や哲は大苦戦するのでした。

 

ここまでは、原作の話で映画タイトル『麻雀放浪記2020』とあるように

未来の2020年が映画の舞台となっています。

 

ドテ子役のももは、大ヒットドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニング曲

を手がけたことでも知られる姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンのヴォーカルの

ももということで話題を呼んでいます。

 

強運の持ち主の娼婦だったドテ子は、地下アイドルとして現代風にアレンジ

されて登場します。

 

竹中直人扮するクソ丸はドテ子の部屋に転がり込む

芸能プロダクションの社長を演じます。

 

2020年開催予定の東京オリンピックが中止になった未来。

トップアイドルを目指す地下アイドルのドテ子は、坊や哲を拾って面倒を

見ることになります。

 

坊や哲は、1945年の終戦直後の時代から2020年へとやって来たのでした。

しかしながら、坊や哲が目撃した2020年は想像していた明るい未来とは

程遠く暗いものでした。人口は減ってきており、人間を抑えて人工知能が

仕事を奪っていて年寄りと無職の人がほとんどです。

 

さらには、コンビニやスーパーが既に無人で購入できる場所も多々増えています。

開催される予定だった東京オリンピックは、なぜか中止されてしまうことが決定して

坊や哲は、麻雀でバトルを展開していきます。

 

過去から未来へと舞台を移した麻雀放浪記2020では、

どんな物語が待っているのでしょうか?

 

 

麻雀放浪記2020映画の見どころ

今回、白石監督が熱烈オファーにより、出演が決まった

チャラン・ポ・ランタンももですが、2014年にメジャーデビューして以来

人気は上昇中! 『逃げるは恥だが役に立つ』のオープニングテーマを

担当したことでも注目を集めました。

 

さてどんな演技を魅せてくれるのかに期待が高まります^^

 

また、一番の台風の目であるベッキーの出演です。

八代ゆき役で麻雀クラブオックスクラブのママでもあります。

今回初めて麻雀をするそうですが、牌さばきがどれほどなのか注目です。

 

『去年の冬、きみと別れ』や『のみとり侍』で俳優として活躍する斎藤工は、

麻雀放浪記の再映画化を10年間も待っていたそうです。

それだけに役にも気合が入るというものでしょう。

 

この映画の設定は、坊や哲が2020年に行けばいいのでは?

というプロデューサーのアイデアから生まれたそうです。

 

『彼女がその名を知らない鳥たち』や『孤狼の血』など数多くの大ヒット作を

手掛けてきた白石和彌監督の手腕に期待しましょう!!

 

坊や哲と出会うことで周りの人々や社会は変わっていきますが、

坊や哲の真っすぐな思いや真の強さは戦後から何も変わりません。

 

リメイクされる麻雀放浪記2020の物語の結末はいかに?

 

見どころ満載ですね^^

 

こちらも合わせて御覧ください^^

 

 

麻雀放浪記2020映画の主題歌や挿入歌

麻雀放浪記2020映画の主題歌や挿入歌は、現在のところ未公表です。

情報が入り次第、追記します。公開に期待です^^

 

スポンサードリンク

 

まとめ

『麻雀放浪記2020』の内容あらすじや見どころなどご紹介させていただきました。

過去から未来へと名画をリメイクしてオリジナルを超える作品になるなど、

絶対に見逃せない作品のひとつといえるでしょう!

 

公開は、2019年4月5日(金)。

 

さてどんな作品に仕上がっているのか?期待度MAXです。

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ