アキラとあきら(映画)のあらすじや結末ネタバレ!竹内涼真(山崎瑛)の最後についても

 

映画『アキラとあきら』が、2022年8月26日(金)に公開されます。

 

メガバンクを舞台に同名だが育ちの違う二人の青年の姿を描いたヒューマン

ドラマ。

 

ということで映画『アキラとあきら』のあらすじや結末のネタバレ、また

竹内涼真演じる山崎瑛の最後についてもまとめました。

 

 

映画『アキラとあきら』予告【8月26日(金)公開】主題歌:back number「ベルベットの詩」

 

 

アキラとあきら(映画)のあらすじ

 

山崎瑛の父親・孝造は工場を経営していたが、瑛が小学生のとき倒産したことで

瑛たちはやむなく繊維問屋の母親の実家に住まわせてもらうことに。

 

そんなある日、瑛は階堂彬という金持ちの少年と出会った。

 

やがて孝造は電機部品メーカーに就職できたが、自己破産したこともあり、

苦労は続きました。

 

その後、瑛は猛勉強の末、東大経営学部に進学し、経営戦略セミナーで優秀さを

証明したことで、教授からも高く評価されることに。

 

やがて瑛は、産業中央銀行に就職し、新人研修を経て、融資戦略研修をこなす

ことになりました。そんな中、ライバルとなったのが、あの階堂彬で実は彬は、

東海郵船の経営者一族で、瑛と同じく東大出身者だった。

 

瑛と彬は社内で注目され、融資部長の羽根田一雄も2人を高く評価していた。

結果、瑛は八重洲通り支店、彬は本店に配属されることになり将来幹部となる

ことが保証されたのだった。

 

 

 

アキラとあきら(映画)の見どころ

 

映画『アキラとあきら』は、池井戸潤の同名小説が原作で『ソラニン』

『管制塔』『僕等がいた』『陽だまりの彼女』『ぼくは明日、昨日のきみと

デートする』などの三木孝浩が監督を務めた。

 

池井戸潤は、元銀行員で、銀行を舞台にしたミステリーなどを多く発表して

きました。『果つる底なき』『空飛ぶタイヤ』『オレたち花のバブル組』『鉄の骨』

『下町ロケット』などは特に有名です。また『下町ロケット』では直木賞を受賞

しています。

 

同名の二人の青年が入社したメガバンクを舞台に様々な試練に立ち向かう

姿が見どころ。また二人の育ちの違いがどのように描かれまたどのように

行動するのかも見どころ。

 

自身の過去からどのような融資先に対しても誠実に対応する山崎瑛役を竹内涼真、

大企業の御曹司としての宿命に葛藤する階堂彬役を横浜流星が、そして石丸幹二、

ユースケ・サンタマリア、児嶋一哉、上白石萌歌、高橋海人、奥田瑛二、江口洋介、

満島真之介、塚地武雅、など豪華俳優陣が脇を固める。

 

豪華俳優陣の演技も見どころですが、最後に土下座をするのは誰かも気になる

ところ。

 

 

 

アキラとあきら(映画)の結末ネタバレ

 

階堂彬の実家である東海郵船の社長に彬の弟・龍馬が就任したものの、バブル

崩壊で海運業界は傾きました。しかも龍馬は社長として不適格だったため、

東海郵船は窮地に陥っていきます。

 

さらに龍馬は精神を病み入院してしまい、彬に社長就任の話がきた、

彬は産業中央銀行を退行し、東海郵船の社長を継ぐことになる。

 

彬は東海郵船の立て直しに奔走し、龍馬がメインバンクの産業中央銀行に背任

行為をしていたため、自身の元職場に謝罪するハメに。

 

営業本部次長に出世していた瑛は、そんな彬を世話し、厳しいと見られた

東海郵船への融資に奔走する。

 

結果、産業中央銀行は、東海郵船への巨額の融資に同意することになった。

 

スポンサードリンク

 

 

アキラとあきら(映画)竹内涼真(山崎瑛)の最後

 

産業中央銀行による東海郵船への巨額の融資から5年が経ちました。

瑛は、結婚して子供も生まれていた。

 

そんなある日、彬からホテルに遊びに来るよう、誘われます。

 

山崎瑛は、妻子と遊びに行き、かつてつぶれた実家の工場があったあたりに

行ってみることにしました。もちろん工場などは跡形もありませんでしたが、

瑛はかつての記憶を辿っていきます。

 

瑛は、この場所こそが自身のルーツだと再認識し、またこの場所に戻ってくる

ことができたと、しみじみと感じ入るのだった。

 

 

 

まとめ

これまで経済ネタの作品を多く刊行してきた池井戸潤さんが原作者とあって、

ディテールまでしっかりとした内容でとても興味深い作品。

 

『半沢直樹』や『陸王』など数々のベンストセラーそ生み出してきた池井戸潤

ファンであれば、必見の1作であると言えるでしょう。

 

公開は、2022年8月26日(金)

最後に土下座をするのは誰なのか?劇場で確かめたい。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ