恋は光(映画)のあらすじや結末ネタバレ!神尾楓珠(西条)の最後についても

 

映画『恋は光』が、2022年6月17日(金)に公開されます。

 

秋★枝の同名漫画が原作で『ももいろそらを』『殺さない彼と死なない彼女』など

の小林啓一が監督を務めた。

 

主演の西条は『兄に愛されすぎて困ってます』『HiGH&LOW THE WORST』

樹海村』などの神尾楓珠が、ヒロインには『一度死んでみた』『あなたの番です

劇場版』『ホリック xxxHOLiC』などの西野七瀬を迎えた。

 

ということでこの記事では、映画『恋は光』のあらすじや結末のネタバレ、また

神尾楓珠演じる西条の最後についてもまとめました。

 

 

映画『恋は光』本予告|2022年6月17日(金)全国公開

 

スポンサードリンク

 

目次

恋は光(映画)のあらすじ

 

大学生の西条は「恋する女性が光って視える」という特異体質を持っている。

しかしこのような能力を持っていても、彼にとって決して好ましいものでは

なかった。

 

光が見えることが気になり、自身が女性と恋愛することに消極的になってしまい

恋愛とは縁のない学生生活を送っていた。

 

そんなある日「恋というものを知りたい」と言う文学少女の東雲と出会い一目惚れ

する。とはいえ西条には恋愛経験がなく、不器用であったため、まずは東雲と友人

になるために「恋の定義」とは何かを語り合う交換日記を始めることを提案する。

 

そんな西条と東雲の様子は、西条に片想いをしている幼なじみの北代の心を

乱した。さらに他人の恋を奪ってばかりいる宿木は西条が北代の彼氏であると

勘違いし、猛烈なアプローチを開始する。

 

そしていつの間にか4人の間で「恋とは何か?」ということを考え始め、不思議な

四角関係ができあがっていくのだった。

 

 

 

恋は光(映画)の結末ネタバレ

 

西条は恋愛の相手として、東雲と北代どちらにすべきか苦悩します。

ところがいくら悩んでも、なかなか結論が出せない西条。

 

西条にとって東雲は自らの恋愛苦手意識を変えてくれた存在。また北代も西条に

とっては親友であるとともに、家族以上に自分を理解してくれる存在だった。

 

悩みに悩んでいた西条だったが、やがて自分が思い違いをしていることに気づく。

それは東雲と北代、どちらと交際すべきかではなく、自分は誰と交際したいかという

ことだったのです。

 

結局、西条は北代に「特別な存在であるがゆえに交際することは出来ない」と伝えた。

西条が求めていた恋愛とは、学習によるものではなくて、本能によるものだったから。

 

北代と交際したとしても、それはそれでうまくやっていけるが、西条は不安とか戸惑い

といった感情まで含めた恋愛がしたいと願っていた。

 

したがってこの西条の感情の対象となり得る存在とは、北代ではなく東雲だった。

 

こうして東雲の方を選んだ西条だったが、フラれた格好になった北代だったが、

西条の考えに納得してくれたが、心地良かった北代と宿木という仲の良かった

友人関係も終わることに。

 

西条は東雲に「付き合いたい。恋を知りたい」と伝える。東雲は「私でよければ」

と伝えた。そして一目惚れして交換日記をしていた東雲と恋人同士になった。

 

失うという大きな痛みを経験した西条と東雲だったが、2人は後悔などしてない。

2人はお互いを知り、恋を知るために時間を積み重ねていくのだった。

 

スポンサードリンク

 

 

恋は光(映画)神尾楓珠(西条)の最後

 

東雲と交際することになった西条。そんな西条には、東雲の放っている激しく輝く

暖かい恋の光が見えていた。

 

そんな東雲は、恋の光に匹敵するような笑顔で、西条に語りかけました。

 

恋には、本能の恋、学習の恋、それ以外の恋も、あるのかもしれないということ。

自分は、このようないろんな恋を西条としていきたいということ。

ずっと恋の光で光り続けていく自信があるということ。

そしてずっと、西条に自分のことを見ていてほしいということ。

 

このように、西条と東雲の恋愛は、まだ始まって間もないものだったものの、

すでに2人は強い絆によって、しっかりと結ばれていた。

 

 

 

まとめ

誰もが感じたことのある切なさやあたたかな気持ちが呼び起こされる、恋を解く、

恋に触れる物語ということで興味深い作品。恋の光とはいったいどのようなもの

なのか?またどのように表現されているのか気になるところ。

 

神尾楓珠演じる西条やヒロイン・北代演じる西野七瀬、東雲を演じる平祐奈、

宿木を演じる馬場ふみかの演技に期待です。

 

公開は、2022年6月17日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ