最後の決闘裁判(映画)のキャストや役どころ!あらすじや結末ネタバレについても

 

映画『最後の決闘裁判』が、2021年10月15日(金)に公開されます。

イギリスとアメリカ合作による史実をもとにした歴史映画。

 

リドリー・スコット監督作品で、原作は、エリック・ジェイガーのノンフィクション

『決闘裁判世界を変えた法廷スキャンダル』。14世紀にフランスであった

最後の決闘を描くというストーリー。

 

ということで映画『最後の決闘裁判』のキャストや役どころ、またあらすじや結末

ネタバレについてもまとめました。

 

 

映画『最後の決闘裁判』予告編 10月15日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

最後の決闘裁判(映画)のキャストと役どころ!

ジャン・ド・カルージュ(マット・デイモン)

役名 ジャン・ド・カルージュ
役どころ 百年戦争で戦った騎士。被害者マルグリットの夫。
演者 マット・デイモン
生年月日 1970年10月8日(50歳)
出身地 アメリカ
出演作品 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『プライベート・ライアン』『ディパーテッド』『リプリー』『オーシャンズ』シリーズ、『ボーン』シリーズ、『インターステラー』『オデッセイ』『フォードvsフェラーリ』など

 

 

 

マルグリット・ド・カルージュ(ジョディ・カマー)

役名 マルグリット・ド・カルージュ
役どころ 騎士ジャン・ド・カルージュの妻。夫ジャンの旧友で従騎士ジャック・ル・グリに乱暴されたと訴える。
演者 ジョディ・カマー
生年月日 1993年3月11日(28歳)
出身地 イギリス・リバプール
出演作品 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『フリー・ガイ』など

 

 

 

ジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)

役名 ジャック・ル・グリ
役どころ ジャン・ド・カルージュの旧友で従騎士。彼の妻マルグリットから乱暴されたと訴えられるが、無実を主張する。
演者 アダム・ドライバー
生年月日 1989年11月19日(37歳)
出身地 アメリカ・カリフォルニア
出演作品 ブラック・クランズ・マン』『マリッジ・ストーリー』『スター・ウォーズ』シリーズなど

 

 

 

ピエール伯(ベン・アフレック)

役名 ピエール伯
役どころ ジャン・ド・カルージュとジャック・ル・グリ決闘裁判の訴えを聞き入れ、その行方を見守る
演者 ベン・アフレック
生年月日 1972年8月15日(49歳)
出身地 アメリカ・カリフォルニア
出演作品 『アルマゲドン』『パール・ハーバー』『デアデビル』『アルゴ』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『ザ・コンサルタント』『夜に生きる』『ジャスティス・リーグ』など

 

 

 

不明(ナサニエル・パーカー)

役名 不明
演者 ナサニエル・パーカー
役どころ 不明
生年月日 1962年5月18日(59歳)
出身地 イギリス・ロンドン
出演作品 『ボディガード』『ホーンテッドマンション』『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』『シンクロ・ダンディーズ』など

 

 

 

トミン・デュ・ボア(サム・ヘイゼルダイン)

役名 トミン・デュ・ボア
役どころ 不明
演者 サム・ヘイゼルダイン
生年月日 1972年3月29日(49歳)
出身地 イギリス・ロンドン
出演作品 『メカニック&メカニック:ワールドミッション ツインパニック』『魔女の密約』など

 

 

 

最後の決闘裁判(映画)のあらすじ

 

中世フランス。

物語の舞台となるのは14世紀の百年戦争が行われているフランス。

 

騎士の妻であるマルグリット・ド・カルージュは、「夫ジャン・ド・カルージュの古い

友人で従騎士であるジャック・ル・グリに乱暴された」と訴え出る。

 

しかしマルグリットから訴えられたジャックは無実を主張し、また目撃者は誰一人

いないという状況。

 

そこで真実の行方は、夫ジャンと被告ジャックによる生死を賭けた“決闘裁判”に委ね

られることになった。それは神による絶対的な裁きであり、勝者は正義と栄光を手に

入れることができる。

 

だが敗者はたとえ決闘で命拾いをすることができたとしても、罪人として死罪が科せ

られてしまう。そしてもしも夫が負ければ、妻マルグリットまでもが偽証罪に問われ、

火あぶりの刑を受けることになる。

 

裁かれるべきは誰であるのか?

生死を賭けた裁判の幕が上がろうとしていた。

 

スポンサードリンク

 

 

最後の決闘裁判(映画)の結末ネタバレ

 

映画『最後の決闘裁判』の結末はどうなるのでしょうか?

 

エリック・ジェイガーのノンフィクション『決闘裁判世界を変えた法廷スキャンダル』

を調べてみたものの、詳しいことは分かりませんでした。

 

そこで実際にあった決闘裁判について、ご紹介していきます。

 

昔、フランスには決闘裁判という、合法的に行われた決闘が存在しました。

そして1385年、最後の決闘裁判が行われることになった。

 

ジャン・ド・カルージュは、嫁のマルグリット・ド・カルージュを強姦した犯人として

ジャック・ル・グリに対し、決闘裁判を申し込みました。

 

これに対しジャック・ル・グリは、事実だと認めなかったものの、応じることに。

決闘裁判の結果、ジャン・ド・カルージュが勝ち、ジャック・ル・グリは死にます。

これによって、ジャン・ド・カルージュが正しかったと認められたのです。

 

ところがその後に、ジャン・ド・カルージュは、嫁のマルグリット・ド・カルージュを

強姦した犯人は自分だったと告白した。

 

これがキッカケになり、フランスの決闘裁判に終止符が打たれることになった。

映画『最後の決闘裁判』も、このような結末を迎えるのか気になるところ。

 

 

 

まとめ

映画『最後の決闘裁判』は、史実が元ネタとあってとても興味深い、またジャン・ド・

カルージュの結末がどうなるのかも楽しみです。

 

公開は、2021年10月15日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ