死霊館悪魔のせいなら無罪(映画)のあらすじや結末ネタバレ!アルネ・ジョンソン裁判はどうなる?

 

映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』が、2021年10月1日(金)に公開されます。

 

実在した心霊研究家夫妻エド・ウォーレン、ロレイン・ウォーレンをメインキャラクター

に展開され、これまで大好評となってきた、映画『死霊館』シリーズ。その最新作という

ことで興味深いところ。

 

この記事では、映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』のあらすじや結末、事件の真相、

アルネ・ジョンソン裁判についてもまとめました。

 

 

映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』本予告 2021年10月1日(金)全国公開

 

スポンサードリンク

 

死霊館(最新作)映画のあらすじ

 

1981年、アメリカ。

アルネ・ジョンソン裁判という、前代未聞の裁判が行われました。

 

なんとそれは悪魔にとり憑かれていたという主張で、自身の無罪を訴えたという、

類まれな被告人を裁くというもの。

 

当初から自身は無罪であると言い続けていた被告人。

 

これを受け、心霊研究家であるエド・ウォーレン、ロレイン・ウォーレン夫妻は、

事件の真相を暴くために、これに挑むことになった。

 

その1年前の1980年、アメリカ・コネチカット州。

 

ウォーレン夫妻は8歳の男の子・デヴィッドに悪魔が取り付いたというグラツェル家を

訪れていた。

 

そこにはデヴィットの両親とジュディ、姉のデビー、そしてデビーの彼氏・アルネ・

シャイアン・ジョンソンがいた。

 

本当にデヴィットが悪魔に取り憑かれているのか調査を行い、デヴィットは就寝のため

部屋で休むことに。

 

そこへゴードン神父が到着する。

 

ウォーレン夫婦はデヴィットが悪魔に取り憑かれていると確信していて、除霊の準備を

していた。

 

就寝のため部屋で寝かされたデヴィットだったが、奇妙な物音で飛び起き部屋のバス

ルームに逃げ込みバスタブの中に隠れシャワーカーテンを閉めた。

 

するとバスルームのドアが激しく叩かれるが、急に静かになる。

 

ふと上を見るとやせ細った何者かの腕がシャワーカーテンのレールを掴んでいた。

その腕はゆっくりとデヴィットの視界から消えた次の瞬間、勝手に蛇口がひねられ

真っ赤な血のシャワーが降り注ぐ。

 

デヴィットはパニックになり、大声で助けを呼ぶのだった。

 

デヴィットの助けを呼ぶ声で両親とウォーレン夫妻、ゴードン神父が駆けつけた。

ベッドにはデヴィットの姿がなかった。そこでバスルームの扉を開けようとするが、

中から鍵がかかっていたのでカールがドアを蹴破って中に入った。

 

洗面台の鏡が割れている薄暗いバスルーム。デヴィットに声をかけるカール。

 

急に暗がりから恐ろしい表情をしたデヴィットが駆け寄り、割れた鏡の破片をカール

の足に突き立てた。

 

エドはデヴィットをカールから引き離し、激しく暴れるデヴィットを取り押さえて

ダイニングへ連れて行く。

 

そしてゴードン神父に今すぐ除霊をするよう叫び、ジュディ、デビー、アルネ、エドの

4人が、デヴィッドの手足を机に押さえつけた。

 

そしてゴードン神父の除霊が始まるだったが・・・。

 

 

 

死霊館(最新作)映画の見どころ

 

映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』は、人気ホラー映画『死霊館』シリーズの最新作。

『死霊館』シリーズは、架空のキャラクターではなく、実在する心霊研究家である、

エド・ウォーレンとロレイン・ウォーレンという夫妻がメインキャラクター。

 

そのウォーレン夫妻が実際にあった心霊事件に挑んだ話をベースに製作され、

大好評となって来ました。

 

映画『死霊館』シリーズは、2013年に映画『死霊館』、2016年に映画『死霊館エン

フィールド事件』が公開され大ヒット。

 

さらに映画『アナベル』シリーズが、2014年に映画『アナベル 死霊館の人形』、

2017年に映画『アナベル 死霊人形の誕生』、2019年に映画『アナベル 死霊博物館』。

映画『シスター』シリーズが、2018年に映画『死霊館のシスター』。

 

スピンオフが、2019年に『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』と公開されてきました。

 

そんな映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』は、映画『ラ・ヨローナ 泣く女』で知られて

いるマイケル・チャベス監督作品。

 

心霊研究家エド・ウォーレンをパトリック・ウィルソンが、ロレイン・ウォーレンをベラ・

ファーミガが演じている。

 

エド・ウォーレンを演じていたウィルソンは映画『オペラ座の怪人』『アラモ』

ミッドウェイ』『アクアマン』『プロメテウス』などに出演し、舞台やテレビシリーズにも出演している。

 

ロレイン・ウォーレンを演じていたのはベラ・ファーミガ。

ブロードウェイにデビュー後、舞台とテレビで活躍し、アカデミー作品賞を受賞した

2006年の映画『ディパーテッド』のヒロインの座を射止めた。2009年の映画

『マイレージ、マイライフ』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

 

『死霊館』『死霊館エンフィールド事件』に続いてエド・ウォーレンとロレイン・ウォーレン

夫婦を演じるパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが息の合った演技を見せてくれる

ことが楽しみ。

 

これまであらゆる恐怖で観客を震え上がらせてきた映画『死霊館』シリーズだけに、

映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』への期待も尽きません。

 

見どころは殺人を犯したのは悪魔のせいであるのか否かの裁判の行方。

悪魔が本当に存在していて、アルネを操って殺人の罪を犯させたのか、それともアルネ

自身が殺人に手を染めたのかどうかが気になる。

 

予告を観ただけで、恐怖と目には見えない大きな力の存在を思わせる。

血塗られた手、崖の下にベラ・ファーミガ演じるロレインを引きずり落とす手、

少年が謎の手に掴まれるシーンなど恐怖を感じさせる演出も見どころ。

 

 

 

死霊館(最新作)映画の事件の真相は?

 

1980年代、デヴィット・ガゼルという少年が悪魔に憑りつかれてしまいます。

アルネ・ジョンソンは、これに協力し、神父も力になるものの、悪魔は手強く、

厳しい状況に。

 

そこでウォーレン夫妻が除霊に挑み、デヴィットは悪魔から自由になりました。

しかしアルネもおかしくなり、ブルーノを殺してしまう。

 

事件の真相は、アルネは悪魔に取り憑かれていたせいで犯行に及びました。

 

しかもただ悪魔に取り憑かれたというものではなく、呪術者が呪いのアイテムを使い

悪魔を召喚し呪いという形で憑依させたというものだった。

 

そしてアナベルの誕生のもとになったカルト教団の対処に尽力したカストナー元神父

を訪れ、何か知っていることがないか情報を求めた。

 

しかし、実はこのカストナー元神父の娘・イスラが事件の黒幕、真犯人だった。

 

カストナー元神父はオカルトアイテムを保管する仕事に就いていました、このことが

イスラがオカルトに興味を持つきっかけとなってしまう。

 

そして呪いの儀式を実行してしまい、殺人まで犯してしまうまでになっていた。

 

スポンサードリンク

 

 

死霊館(最新作)映画の裁判はどうなる?

 

それでは、映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』の核心といえる、アルネ・ジョンソン

裁判。その結末はどうなったのでしょうか。

 

平穏な町に猟奇的な殺人事件が起きたとニュースに取り上げられた。そしてその

ニュースによるとブルーノは22回刺されていた。

 

ウォーレン夫妻はアルネを助けるために動きだした。刑務所にいるアルネに面会を

し聖書を読ませてみたが、アルネは普段通り、聖書を読みました。

 

このことから現時点では、悪魔に取り憑かれてはいないと判断するしかありません

でした。

 

しかし殺人現場にいたデビーの証言からは、ブルーノを刺していたアルネの表情は、

今まで見たこともない、そして人間とは思えない表情をしていたと聞き出した。

 

ウォーレン夫妻は、アルネの弁護を担当する弁護士を訪れ、目撃者や物証などから

その全てがアルネの犯行を示していて無罪を主張する弁護をしても無駄だと

告げられる。

 

そこでウォーレン夫妻は、アルネが悪魔に取り憑かれていて、犯行のすべては悪魔の

仕業でアルネに犯行の意思はなかったということで弁護をするように説得した。

 

しかし職業柄、非科学的なことで弁護など出来ないという態度をとった弁護士。

 

そこで彼らの家に行き、保管している呪われた品々を見て欲しいと提案した。そして

それらを見た上で判断し、もしも信じられなければこれらの提案を断っても良いと

約束を交わした。

 

そして初公判の日、アルネの起訴状に対し弁護士は、犯行当時、アルネは悪魔に取り

憑かれていて、全ては悪魔が彼の体を使い犯行に及んだと主張した。

 

またアルネに殺意や犯行時の記憶など一切なく、その責任はアルネになく無実を

訴えた。この主張に裁判官たちは驚きを隠せません。しかも被告アルネに全く反省

の色が見られないことから、有罪になれば死刑は免れないというものだった。

 

アルネを助ける方法は唯一、犯行当時、アルネが悪魔に取り憑かれいたということを

証明するしかなかった。

 

そこでウォーレン夫妻は、事件が起こった最初の出来事、グラツェル家のデヴィッドの

事件から洗い直すことに。そして捜査をした結果、床下に布で包まれていた魔女が

悪魔を召喚するときに使う呪いのアイテムを見つけた。

 

これにより、デヴィットとアルネに起こった出来事の背景を突き止めた。

 

それはただ悪魔が取り憑いたわではなく、儀式により召喚された悪魔が呪いという

形で二人に憑依していたのだった。

 

そしてアルネにかけられた呪いを解くには、呪術者が行っている儀式の場所を

特定し、呪いのために設置した祭壇を破壊する必要があるということだった。

 

しかしロレインが霊視で見た風景は、地下のトンネルと上り階段、天井からの水滴、

なんと表現したらいいのか分からない電車のような音、くらいで情報が少ない状況

だった。

 

これらのことを突き止め、ここからいよいよ真の犯人の正体と最終決戦へ。

とこれくらいにしておきます。

 

あとは映画館でどうぞ。

 

そして判決の日、ウォーレン夫妻、デビー、マスコミ関係や一般人など多くの人々が

見守る中、判決は言い渡された。

 

結果は、有罪、懲役5年という短いものだった。

 

そしてアルネは、勾留中にデビーと結婚し、その後無事出所、現在も夫婦関係を

継続し普通に生活しているそうです。

 

 

 

まとめ

ここまで映画『死霊館悪魔のせいなら無罪』を見てきました。今回も、過去の作品に

負けず劣らずの傑作となることでしょう。

 

史実とフィクションの違いなども含め、ウォーレン夫妻の活躍を楽しみたいです。

 

公開は、2021年10月1日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ