ツアー選手権2018のタイガーウッズの賞金額や成績は?スコアやランキングも

やっとこの時がやってきました!

本当に待ちに待ったという感じです^^

 

米男子ゴルフ、プレーオフ最終戦

ツアー選手権:ジョージア州アトランタ・イーストレークGC(7385ヤード、パー70

賞金総額900万ドル(約9億9000万ドル)

優勝162万ドル(約1億7800万ドル)

 

でタイガー・ウッズが5年ぶりとなる復活優勝を遂げました!

 

Tiger Woods wins TOUR Championship for 80th victory on PGA TOUR 2018

 

スポンサードリンク

 

ツアー選手権2018でタイガー・ウッズ優勝!

最終日スコアボード

※ALBAより引用

 

最終日、単独首位からの発進で2バーディー、3ボギーの71と

スコアを落としながらも通算11アンダーで逃げ切った。

 

自身2013年の世界選手権シリーズ『ブリジストン招待』以来

5年ぶりの優勝でツアー80勝目を飾った。

 

最終18番ホールの向かうところでタイガーは

「泣かないように、一生懸命だった」とコメントしていますが

観ているほうも同じ気持ちでしたね^^

 

今季のウッズは調子が良く、第147回全英オープンでは6位、

第100回全米プロゴルフ選手権では2位と復調の兆しが見え、

いつこの時が来るのか待ち遠しかった。

優勝コメント

「難しいコンディションの中で、とにかく精いっぱいやった。

今年のはじめは、とてもじゃないが、今季中に勝つことは無理だと思っていた。

ここに来るまで、いろんな努力をしてきた。やっと自分のスイングを見つけ、

自信を深めて、今ここにいる。こんな形でシーズンを終えることができるなんて、

信じられない。泣きだしそうだよ」

 

本当に感動しました。

「泣き出しそうだよ」ではなく、ゆうすけは(おそらく誰もが)泣いてましたね。

 

 

復活までの道のり

膝の故障や不倫問題に始まり、2013年には年間5勝を上げたが

腰痛に悩まされ、復帰と離脱を繰り返した後、2015年から2016年は

全試合を欠場するまで追い込まれ、昨年4度目となる腰の手術を受けた。

 

タイガー自身「僕の未来はどうなるか分からない」と告げるなど

現役引退も考えざるを得ない状況まで追い込まれていたようです。

 

2017年11月末の時点で世界ランキングも1199位まで落ち込み

しかも逮捕されるなど様々なトラブルが相次いだ。

 

「痛みで横になることしかできなかった。最悪の時期だった」

とコメントしているように相当苦しかったと思います。

 

それを乗り越えての優勝です。

嬉しさもひとしおですね^^

観るもの全てを感動の渦に巻き込みました。

 

 

世界ランキングはどうなる?

※GDOニュース参照

 

今月23日付で男子ゴルフ世界ランキングが発表されました。

アメリカツアーの今季最終戦の「ツアー選手権」で5年ぶりに優勝した

タイガー・ウッズは、21位から13位に浮上しました。

 

タイガー・ウッズがトップ15位入りしたのは

2014年9月21日付けのランキング以来、約4年ぶりとなった。

 

 

日本勢の世界ランキングは?

ちなみに日本勢は

『ツアー選手権』4位で終了した松山英樹は、20位と変動なし。

小平智は、1ランクダウンの48位

池田勇太は、先日の『アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ』優勝で83位

今平周吾は、1ランクダウンの87位宮里優作は、3ランクダウンの93位となった。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

さて今回80勝目ということで、故サム・スニードが持つ

米ツアー史上最多勝利(通算82勝)まであと2勝と迫り、

メジャーでは14勝でジャック・ニクラスが持つ18勝を追い越すことができるのか

今後の活躍が気になるところです。

 

また28日~30日フランスで開催される

アメリカとヨーロッパの団体対抗戦『ライダーカップ』に2012年以来、

3大会ぶりに出場することになっている。

 

さてどんなスーパープレーを魅せてくれるのか?

こちらも気になるところですね^^

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ