インヘリタンス(映画)のあらすじや結末ネタバレ!ローレン(リリー・コリンズ)の最後についても

 

映画『インヘリタンス』が、2021年6月11日(金)に公開されます。

2020年に公開されたアメリカのサスペンス映画で、満を持しての本邦初公開。

 

ということでこの記事では、映画『インヘリタンス』のあらすじや結末、また

リリー・コリンズ演じるローレン・モンローの最後についてもまとめました。

 

 

リリー・コリンズ vs サイモン・ペッグ『インヘリタンス』6.11(金)公開【予告】

 

スポンサードリンク

 

インヘリタンス(映画)のあらすじ

 

ときは2008年。アーチャー・モンローという男性が亡くなりました。

 

このアーチャー・モンローとは、アメリカのニューヨークの政界や財界に対して、

とほうもない影響を持っているという、名門のモンロー家の当主だった。

 

アーチャーの死は急なものだったため、早速、相続問題が発生することに。

 

結局、アーチャーの遺産のうち、不動産については、嫁のキャサリン・モンロー、

息子のウィリアム・モンロー、娘のローレン・モンローの3人によって、分割相続

されることに決まりました。

 

ところが、上手くいくかに思えたアーチャー・モンローの相続問題は、波乱含みの

ものとなっていくことに。

 

それはモンロー家の顧問弁護士であるハロルド・シューリスが発したひと言が原因

だった。

 

ハロルドは、ローレンに対してのみ、アーチャーは、自身の豪邸のどこかに金庫を

隠していたようだということを告げたからでした。

 

この発言を受けてローレンは、アーチャーの隠し金庫を探していきます。

すると予期せぬ事態に直面することに。

 

それは全く見たこともない男性が監禁されていて、そしてその男性は、自身のことを

「モーガン・ワーナー」であると名乗るのだった。

 

驚くべきことにモーガンは、アーチャーによって、これまでに30年以上も監禁されて

いたと言い出した・・・。

 

 

 

インヘリタンス(映画)の見どころ

 

映画『インヘリタンス』は、相続問題をテーマにしたサスペンス作品。

 

しかし相続問題が拗れることはよくあるとは言え、全く見たこともない男性が監禁

されていたという展開には驚愕で、どのようなオチになるのか見ものです。

 

そんな映画『インヘリタンス』は、映画『アニー・イン・ザ・ターミナル』などで

知られているボーン・スタイン監督作品。

 

そしてキャストにはなのですが、映画『あと1センチの恋』などで知られている

リリー・コリンズ、また映画『ミッション:インポッシブル』で知られている

サイモン・ペッグなどとうことでとても魅力的な面々でその演技が見どころ。

 

 

 

インヘリタンス(映画)の結末ネタバレ

 

モーガンが眠っていたところ、ローレンは、こっそりモーガンの指紋を採取して、

その正体を調べることにします。

 

その後モーガンは、自らの素性について、アーチャーのビジネスパートナーだった

と語り始めることに。

 

それによればモーガンは、過去にアーチャーと共に死亡事故を起こしてしまい、

口封じのためアーチャーにより、自宅に監禁されてしまったとのこと。

 

以後モーガンは、自身の前でアーチャーは、それまでに自らが犯してきたという

多くの過ちを話して、懺悔したのだと語っていくのでした。

 

スポンサードリンク

 

 

ローレン(リリー・コリンズ)の最後は?

 

一連のモーガンの告白を耳にしたローレンは、恐ろしくなりました。

 

もしもモーガンがこのことを世間にばらしてしまった場合、検察官である自身の

キャリアに傷がつくからです。そして考えた末ローレンは、モーガンに巨額の金

を渡すことに決めた。

 

モーガンを海外に行かせることで、事実を隠蔽してしまおうとしたのです。

 

ところがモーガンは、金など欲していなかった。そしてローレンは窮地に陥ること

になります。

 

 

 

まとめ

映画『インヘリタンス』は、予測不能な展開のようです。次から次にトラブルが起こる

のが見どころと言えるでしょう。またリリー・コリンズ、サイモン・ペッグの演技にも

期待です。

 

公開は、2021年6月11日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ