Mr.ノーバディ(2021)のあらすじや結末をネタバレ!ハッチ(ボブ・オデンカーク)の最後 についても

 

映画『Mr.ノーバディ』が、2021年6月11日(金)に公開されます。

 

普通の男が主人公ながら、その内容は決して普通ではないというアクション系の

問題作でした。

 

ということで映画『Mr.ノーバディ』のあらすじや結末、またボブ・オデンカーク演じる

主人公ハッチ・マンセルの最後についてもまとめました。

 

 

さえないオヤジが激強だった!映画『Mr.ノーバディ』予告編

 

スポンサードリンク

 

Mr.ノーバディ(2021)のあらすじ

 

ハッチ・マンセルは郊外にある自宅と職場である金型工場をバスで往復するだけという

単調な毎日を送っていた。

 

見た目は地味でこれといった特徴がない彼は、職場では過小評価され、家庭では妻から

距離を置かれ、さらに息子から尊敬されることもない。

 

世間から見ればどこにでもいるごく普通の男であるハッチは、ある日、自宅に強盗が

入った時、暴力を恐れるあまり、強盗に対し何の反撃もできず、家族だけではなく、

同じ職場にいる義理の弟からも失望されてしまう。

 

あまりの理不尽さに怒りが込み上げてくるのを感じたハッチは、路線バスで偶然出会った

チンピラ達からの挑発が引き金となり、堪忍袋の緒がついに切れるのだった。

 

 

 

Mr.ノーバディ(2021)の見どころ

 

映画『Mr.ノーバディ』は、印象的なタイトルですが、文字どおり「何者でもない男」

という意味。そんな何者でもない男ハッチ・マンセルがとうとうブチ切れてしまい、

まるで別人のようになるところが見どころと言える。

 

さらに映画全編が主人公目線のカメラワークで展開する演出で話題となった

映画『ハードコア』のように、本作もハッチ・マンセル目線のカメラワークで

展開していくことを期待したい。

 

映画を観る者は否が応でも主人公ハッチと同じ視線になり、自分自身がハッチと

一体となり、家族からの失望を直に感じ、チンピラ相手に大暴れをしているかの

ように感じる。

 

また血だらけの顔、そして咥えタバコで子猫に餌を与える姿は、滑稽でありながらも

怖さを感じさせる。

 

 

 

Mr.ノーバディ(2021)の結末をネタバレ

 

実は昔は『監査役』、誰もが恐れる『殺し屋』だった過去を持つハッチ・マンセル。

 

ハッチは、義理の父で職場の上司でもあるエディに金の延べ棒が入った鞄を持ってきて、

エディが経営する店を買いたいと申し出る。

 

ハッチの妻ベッカの兄チャーリーは仕事がなくなることを恐れハッチに襲いかかるが、

腹を撃たれてしまう。

 

エディがハッチから金の延べ棒を受け取った後、ハッチは自宅の中を整理し、あちら

こちらに罠を仕掛けていく。

 

そしてマフィアのユリアンの金を燃やし、警備員を全員射殺した。

 

ユリアンを殺したハッチは、FBI捜査官の父デビッドと弟ハリーの助けで命拾いを

するが、警察官が到着した時には2人を帰らせる。

 

スポンサードリンク

 

 

Mr.ノーバディ(2021)ハッチ(ボブ・オデンカーク)の最後は?

 

警察からの取調を受けるハッチは、刑事に対して「自分は何者でもない」と告げる。

そのため警察はハッチを釈放せざるを得なくなる。

 

それから3か月後、ハッチは妻ベッカと共に新居の購入を検討していた。

 

そのような時に電話が掛かってきて、それに出るハッチ。

彼は自身が未だ誰かに命を狙われていることを悟るのだった。

 

 

 

まとめ

どのような結末を向かえるのか興味深い作品。

 

ハッチ・マンセルがどのように変貌していくのかが最大の見どころとなることでしょう。

冴えない男がブチ切れたとき、どのように激変するのか、その暴れっぷりが楽しみ。

 

公開は、2021年6月11日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ