ドリームランド(映画)のあらすじや結末ネタバレ!アリソン(マーゴット・ロビー)の最後についても

 

映画『ドリームランド』が、2021年4月9日(金)に公開されます。

 

一見そのタイトルからすると、ファンタジーのようですが、そうではありません。

銀行強盗と殺人罪で指名手配中の美しき凶悪犯とその彼女に惹かれる少年を描いた

サスペンス作品。

 

ということで映画『ドリームランド』のあらすじや結末、またマーゴット・ロビー

演じる凶悪犯アリソン・ウェルズの最後はどうなるのかについてもまとめました。

 

 

映画『ドリームランド』予告編

 

スポンサードリンク

 

ドリームランド(映画)のあらすじ

 

1930年代半ばのアメリカ、テキサス州のとある町。

 

荒涼とした大地がどこまでも広がるこの場所に17歳の少年ユージン・エバンスが

暮らしていた。大恐慌で仕事などなく、誰も来ることがない納屋で探偵モノの

三文小説を読むことが趣味。

 

しかしエヴァンス家の長男であるユージンは、地元から出ていこうと考えていた。

 

そんなある夜、ユージンは納屋で大ケガを負った1人の女性と出くわした。その女性は

地元の銀行を次々と襲い警察から指名手配されている強盗犯アリソン・ウェルズだった。

 

当初ユージンはアリソンを保安官の元に連れていき、懸賞金を自分のものにしようと

目論みました。ところが負傷したアリソンの世話をしていくうち、彼女が危険な人物で

あることを知りながらも次第に惹かれていき、アリソンを匿うことを決める。

 

警察の捜査網をかわし、自由をその手につかみ取ろうとするアリソンと希望に満ちた

新天地への憧れを大きくしていくユージン。

 

強盗犯と17歳の少年という住む世界が違う2人は過酷な現実から逃れるという思いを

胸に抱き、夢の場所「ドリームランド」へと向かうことにする。

 

 

 

ドリームランド(映画)の見どころ

 

見どころは17歳の少年ユージンと指名手配犯アリソンとの間に生まれる人間ドラマ。

 

17歳のユージンは未知なる大人の世界や刺激的な冒険に憧れながらも退屈な日常に

縛られている。住む世界が全く違う1人の女性アリソンに出会い彼は心を奪われる。

 

警察に追われている彼女は退屈な日常に縛られているユージンにとって刺激と冒険心

を起こさせる。犯罪と知りながらもアリソンを匿い、激しく惹かれていく。

 

1967年の映画『俺たちに明日はない』の影響を受けた本作であることから、警察の

捜査網をくぐり抜けていく展開はスリリング。

 

そしてアリソンは17歳の少年ユージンに対し、自身がかつて持っていたはずの純粋さ

を見出す。一途なユージンの気持ちに対し犯罪者である自分を匿わせることに対する

罪悪感をどのように表現するか気になる。

 

どこかにあるはずの「夢の場所」を目指していく2人が心を次第に通わせていく過程も

気になるところ。そこに警察の捜査が迫るというサスペンスに手に汗を握ることだろう。

 

どこかにあるはずの夢の場所を目指してひたすら走り続けるユージンとアリソンだが、

永遠に走る続けることなどできないと気付いた時、2人はどのような行動を取るのか。

 

一生そのまま逃げ続けるのか、それとも過酷な現実を受け入れて生きていくのか。

純粋な少年ユージンと強盗犯アリソンの思いをヒリヒリと感じ、胸が締めつけられる。

 

また『スーサイド・スクワッド』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』などのマーゴット・ロビーが、

オリジナル脚本を絶賛し映画化させようと尽力したということ、また女性の銀行強盗犯

を主人公としつつ、そんな女性に恋をする少年を描いていくという、サスペンスであり

ながらもラブストーリーの要素もある作風が見どころです。

 

 

 

ドリームランド(映画)の結末ネタバレ!

 

それでは、映画『ドリームランド』の結末は、どのようになるのでしょうか。

こちらは今のところ詳しいことは分かっていません。

 

映画『ドリームランド』では、警察から逃げつつ、自由を追い求めていくアリソンと

地元を逃げ出し他の土地に行くことを願うユージンの逃避行が描かれていきます。

 

「ドリームランド」というタイトルも、アリソンとユージンが望む理想郷という意味

のようでした。

 

あくまで想像ですが、ドリームランドを目指し警察の捜査をかわしていくのだが、

ついに警察が2人に追いつく。

 

自分にもかつてはあったはずの純粋さをユージンとの出会いによって思い出した

アリソンはユージンのために自ら投降し警察に逮捕される。

 

そして二人は離れ離れになる。

 

ユージンは未成年ということもあり、事情を聴かれたものの、逮捕されず、厳重注意

のみで地元に帰される。

 

それから何年かが過ぎ、アリソンからあの日のことの思い出や感謝が綴られた手紙が

届く、成人になっていたユージンは、あの日のことを思い出しながらドリームランド

について自分なりの答えを話ながらエンドロールが流れる。

 

ユージンがみつけたドリームランドは、自分で創るもので、どこかにあるものではなく

どんな荒れた土地や辛い状況でも自分自身が納得できれば、そこがドリームランドで

あるということ。

 

そして今は、自分の家族と共に幸せに暮らしていて、満足してしていること。

それこそが、ユージンがみつけたドリームランドだった。

 

あくまで個人的見解ですので、あしからず。

 

スポンサードリンク

 

 

アリソン(マーゴット・ロビー)の最後は?

 

さてアリソンは、最終的にどうなるのでしょうか。

 

こちらもはっきりした情報がないため、あくまで想像ですが、作品の性格上、逃げ

切ってユージンと結ばれるというハッピーエンドは考えにくい。

 

先でお話したように、逮捕されるということになると考えられます。

 

『俺たちに明日はない』に影響を受けたということで、射殺されるということを

連想させる終わり方をすることも考えられますが、それだと面白くないので、

逮捕されるか、自ら投降するかに考えられます。

 

そうなるとやはりアリソンの最後は、服役しているか、獄中で亡くなるか、になると

予想されます。

 

はっきりした情報がありませんので、劇場で確認するしかないようです。

 

 

 

まとめ

サスペンスとラブストーリーを兼ね備えた映画『ドリームランド』。

 

マーゴット・ロビーが主演を務め、製作にも携わったということで、演技と共に

その仕上がりに期待です。

 

公開は、2021年4月9日(金)

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ