カポネ(映画)のあらすじや結末をネタバレ!アル・カポネの人物像と最後についても

 

映画『カポネ』が、2021年2月26日(金)に公開されます。

 

史上最も有名な伝説のギャング、アル・カポネの知られざる晩年を描いた衝撃の実話

だと言うことです。

 

というわけでそんな映画『カポネ』のあらすじや結末のネタバレ、またアル・カポネ

の人物像とその最後についてもまとめました。

 

 

2/26公開「カポネ」予告編

 

スポンサードリンク

 

カポネ(映画)のあらすじ

 

物語の舞台は、1946年のフロリダ。

 

アル・カポネは脱獄不能と呼ばれていたアルカトラズ刑務所での長い刑期を終え出所し

フロリダ州にある大邸宅で家族や友人たちに囲まれて、静かな隠遁生活を送っていた。

 

かつては「暗黒街の顔役」と恐れられていたカポネだが、今では梅毒に冒された影響で

認知症を患い、幻覚やフラッシュバックといった症状に苦しめられ、その強いカリスマ

性はすでに失われていた。

 

ところがその一方で隠遁生活を送るカポネを今でも危険人物として見ているFBI捜査官

クロフォードはカポネが仮病を使っていると疑い、彼の隠し財産である1000万ドルを

探し出すため、カポネ本人のみならず、その家族たちにいたるまで日夜、執拗な監視

を行っていた。

 

そのような中、病状は次第に悪化し、現実と夢の狭間で奇妙な行動を繰り返すように

なるのだった。その行動はFBIや担当医師を困惑させ、妻であるメエもその真意を

掴めないでいた。

 

カポネは本当に身も心も壊れてしまったのか?

それとも単にFBIが疑う通り、仮病を使っているだけなのか?

 

かつて暗黒街の帝王として君臨した伝説のギャング、アル・カポネのイメージを

根底から覆す驚くべき伝記映画が誕生した。

 

 

 

カポネ(映画)の見どころ

 

見どころは我々が持つイメージを根底から覆すアル・カポネの姿を描いていることろ。

 

かつては「暗黒街の帝王」として大都市シカゴを支配し、警察組織を買収し、さらに

敵対する勢力を容赦なく排除していたという残虐なイメージが強い。

 

1987年の映画『アンタッチャブル』でロバート・デ・ニーロが演じてた、バットで

部下を何のためらいもなく殴るシーンがあるが、まさにカポネが残虐であるイメージ

を観る者に植え付けた。

 

しかし今作で描かれるのはカポネの晩年の姿。かつてのカリスマ性は失われ梅毒

による影響で認知症に冒され、夢と現実の狭間で奇妙な言動を繰り返すように

なっていく。

 

予告には機関銃を乱射するシーンや周囲にいる人間をスパイだと疑うシーンが

あるが、その姿は衝撃的。かつてのカリスマ性などなく、ただ狂気に取り憑かれて

いる男がそこにいる。

 

この映画で晩年のアル・カポネを演じているトム・ハーディの演技も見どころ。

 

トム・ハーディは、驚異的な役作りで、外見を別人のように変えてきた俳優だけに

その期待度も相当なものになるでしょう。

 

病魔にむしばまれていくカポネを演じるために、連日4時間に及ぶメイクアップを

施し晩年のカポネになりきり、さらに「スカーフェイス」もリアルに再現されている。

 

外見だけではなく、迫り来る死に対する恐怖、狂気に駆られる不安定な内面も凄みを

出して演じている。カポネの血塗られた過去の悪夢、FBIの執拗な監視が衝撃と緊張感

で観る者を包み込むだろう。

 

 

 

カポネ(映画)の結末をネタバレ

 

映画『カポネ』はアメリカでは2020年5月に配信がスタートしており、同時に劇場

でも公開されてヒットを記録した。結末を調べてみたものの、情報が見つからない

状態。そこで推測になってしまうが、映画の結末を予想してみる。

 

かつて大都市シカゴを支配し実質的なシカゴ市長とまで呼ばれていた伝説のギャング、

アル・カポネだが、少年時代に患った梅毒による認知症に冒され、現実と妄想の区別

が付かなくなっていく。奇妙な言動で医師やFBIも困惑させ、妻にもその真意が掴め

ない状態になる。

 

カリスマ性に溢れ、莫大な利益を手にしていた禁酒法時代の華々しくも危険な香りに

満ちた自分自身を思い浮かべながら最期を迎えていくのだろう。

 

また死の直前には無邪気な少年時代の自分を目にし、次第に暗黒街の支配者に

なっていく様も目に浮かび、結局、隠し財産といわれていた1000万ドルなど存在せず

それは、カポネの勝手な妄想に過ぎなかったということになるのだと予想される。

 

 

スポンサードリンク

 

カポネ(映画)アル・カポネの人物像とその最後

アル・カポネ

 

1899年1月17日、アル・カポネこと本名アルフォンス・ガブリエル・カポネはアメリカ

・ニューヨーク州ニューヨークのブルックリンで生まれた。イタリア系移民の家に9人

兄弟の四男で、父親は理髪師、母親は裁縫の仕事をしていた。

 

少年時代は、学校での成績は良かったものの担任である女性教師と殴り合いの喧嘩

をしたことにより、学校へは2度と行くことはなかったという。

 

この頃の彼は遊び好きで、洒落た服に身を包んで外出してはしゃぎ、またビリヤード

の名手であったという。無邪気な少年ではあったが暴力の巣窟のような社交クラブに

出入りし銃の扱いを覚え、イタリアン・マフィアの幹部ジョニー・トーリオに出会う。

 

トーリオの紹介でニューヨークのギャング、フランキー・イェールに出会ったアルは

彼に気に入られ、イェールが経営する店『ハーヴァード・イン』で皿洗いや給仕、

バーテンダーや用心棒などあらゆる仕事をこなした。

 

やがてイェールに認められたアルは暗黒街に入るが、アル本人はシチリア島出身

ではないのでマフィアには加わることはなかった。

 

1920年にトーリオに呼ばれてシカゴへ行き、売春宿で客引きをしていたアルは、

不正事業を組織化して反対派と和解するトーリオの手法を下積み時代に習った

という。

 

そして1年も経たないうちにトーリオの犯罪帝国で出世し、賭博場兼売春宿の

支配人になり、2万5千ドル近い年収を稼ぎ出す実業家となっていった。

 

1925年にジョニー・トーリオが敵の衝撃を理由に引退すると、彼の縄張りを譲られ、

26歳にして組織のトップに立った。

 

禁酒法時代に酒の密造、密売で莫大な利益を手にすると同時に敵対組織を抹殺し、

政治家や警察を買収し、勢力の拡大と安泰を図った。やがて実質的なシカゴ市長と

言える存在になり、1929年のカポネ一家の年間収益は6200万ドル、現在の貨幣

価値に換算すると8億3千万ドルになった。

 

1929年2月14日には聖バレンタインデーの虐殺を実行し、アメリカ中のメディアに

取り上げられた。またその一方で、1930年の暮れにはシカゴのサウス・ステート・

ストリート935番地に住む貧しい人達に無料で1日3度の食事を提供したが、実際

の経費はアル自身ほとんど負担せず、地元のパン屋、生肉業者、コーヒー店など

に寄付させたという。

 

財務省特別捜査官エリオット・ネスが率いる『アンタッチャブル』と呼ばれる捜査

チームによって脱税で告発される。1931年10月7日、脱税によって裁判で有罪

判決を受け、同年10月24日にクック郡刑務所に収監される。

 

ところが彼は刑務所長と職員を買収し、ホテルでの豪華な暮らしを送っており、

組織を動かしていた。

 

翌年5月2日、再審請求が却下され、5月3日の午後にアトランタ刑務所へ移送

される。その時に刑務所へ向かうカポネを見に来ていたのが財務省特別捜査官

エリオット・ネスであり、この時に最初で最後の会話を少ししたという。

 

アトランタ刑務所では、他の囚人から標的にされ罵倒されたことがあったという。

ここでアルは毎日8時間、電動ミシンで靴底を縫い合わせる作業に従事していた。

 

1932年8月22日、アル・カポネはアルカトラズ刑務所に収監される。

 

刑務所内では風呂場の掃除係を真面目に務め、刑務所内での態度は良好だったという。

しかし少年時代に感染した梅毒が悪化していき、心身共に衰弱し、現実と夢の区別が

付かなくなっていった。

 

1939年1月にロサンゼルス近くにある連邦矯正施設に送られ、残りの刑期の1年近く

を過ごした。面会に訪れたFBI捜査官は、カポネは現実と妄想の区別が付かず、

理性を失っていると感じた、と語っています。

 

同年11月16日、カポネは釈放されたが、クック郡刑務所に収監される時に身なりが

良く自信ある人物ではなかったそうです。

 

釈放後はボルティモアにある病院で梅毒の治療を受け、4か月後に退院し、

フロリダにある邸宅で晩年を過ごします。彼の元には暗黒街の人物が訪れ、

雑談をしたり、商談をしたりしていたそうです。

 

1945年には梅毒治療のために抗生物質ペニシリンを投与されたが、病気が進行し

過ぎていたために効果はなかった。

 

1947年1月25日「暗黒街の顔役」として大都市シカゴを支配していたギャング、

アル・カポネは、二度とシカゴに行くことなく脳卒中に伴う肺炎によって

48年の生涯を終えた。

 

 

 

まとめ

カリスマ的存在のギャングスター、アル・カポネの最晩年を描いた作品でしたが、

少し残念な最後を迎えたようです。これだけ無茶苦茶をして、幸せな最後を迎える

ことができないのも当然なのかもしれませんね。

 

またそんなアル・カポネをトム・ハーディがどのように魅せてくれるのか楽しみです。

 

公開は、2021年2月26日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ