ハチとパルマの物語(映画)のあらすじや結末をネタバレ!パルマの最後についても

 

映画『ハチとパルマの物語』が、2021年の初夏に公開されます。

 

本作品は、日本とロシアの共同制作し、ロシアがまだソ連だった時代、忠犬パルマ

の物語を描いた作品。

 

ということで映画『ハチとパルマの物語』のあらすじや結末をネタバレ、またパルマ

の最後についてもまとめました。

 

 

映画「ハチとパルマの物語」主題歌コラボ特報

 

スポンサードリンク

 

ハチとパルマの物語(映画)のあらすじ

 

秋田県大館市で「秋田犬の里」のオープニングセレモニーが行われていた。

ロシアの空港で働くコーリャはテレビに映る秋田犬の話題にふと目に留まった。

 

そして自身が幼い頃、パルマという犬との忘れられない思い出が溢れてきた。

それはソ連の空港での出来事だった。

 

当時の飼い主と共にプラハへ向かう予定だったが、パルマは搭乗に必要な書類に

不備があったため、飛行機に乗ることを拒否される。そのため飼い主は仕方なく、

犬のパルマをこっそりと滑走路に放した。

 

放されたパルマは空港に住み着き、毎日滑走路で飛行機を見上げては、飼い主の

帰りを2年間も待ち続けていた。その飼い主の帰りを待ち続ける犬パルマの姿は、

やがて空港のシンボルとなり、人々の心を打った。

 

そして時を同じくして9歳の少年コーリャが空港に現れた。母親を亡くした彼はパイロ

ットである父親に預けられることになるが、母親を亡くした悲しみに加え、良い思い出

などひとつもない父親との生活で心を閉ざしてしまっていた。

 

飼い主を失ったパルマと母親を亡くした少年という孤独な者同士の間に友情が

生まれていった。

 

そんなある日、空港に日本人に連れられた秋田犬が現れた。飛行機への搭乗を待つ

秋田犬にパルマは仲間を見つけたかのように走り寄っていくのだが、そのすぐ傍には

優しい飼い主がいた。

 

2人を見送るパルマの目には、この上ない寂しさが宿っていることにコーリャは気付く。

寂しさ宿したパルマに自分の姿を見たコーリャは「飼い主の元へ戻してあげたい」

と思い、多くの人達の協力を得て行動を起こすのだった。

 

 

 

ハチとパルマの物語(映画)の見どころ

 

映画『ハチとパルマの物語』は、日本とロシアの共同制作というスケールが大きな

作品。ソ連に実在していたという忠犬パルマ。日本で忠犬と聞けば、あの秋田犬の

ハチ公をイメージする人が多いのではないかと思います。

 

飼い主と別れてしまったパルマと母親を亡くし悲しさから心を閉ざしたコーリャとの

友情が見どころ。言葉が話せないからこそ飼い主を待ち続ける犬のパルマの姿や

母親を亡くしたコーリャ、大切な人と別れたもの同士、人間と犬ということを超えた

友情に心を打たれることだろう。

 

また閉ざされていたコーリャの心の扉がパルマとの出会いにより、少しずつ開かれて

いく姿も感動的。人は何かをきっかけに自分自身と向き合うことができ、そのことに

よって悲しみやつらい過去を乗り越え、新しい一歩を踏み出せるということを教えら

れる。

 

また今作では親子関係も見どころのひとつ。

 

コーリャの父親はパイロットという職業柄、息子と共に過ごす時間を持つことができ

ないでいたのだろう。息子には寂しい思いをさせてきたと判っていて、いつも息子と

一緒に過ごしたいと思っていたが、それも叶わず、またそれを上手く伝えることが

できずにいたのだろうと考えられる。

 

子を持つ親であるならば、そのもどかしさに共感できるだろう。唯一傍にいた母親が

亡くなってしまう。そんな母親が突然いなくなってしまう寂しさを思うと涙が溢れてくる。

 

犬と人間の関わりと親子の葛藤を交えながら描かれる実話を基にした本作。

涙なくして観ることはできない。感動必至。

 

 

 

ハチとパルマの物語(映画)の結末をネタバレ

 

公開前ということで、現状でははっきりした結末は判っていません。

ということであらすじを元にお伝えできるところまでになります。

 

飼い主と別れることになったパルマと母親を亡くして心を閉ざしてしまったコーリャ

は友情を育んでいく。飼い主を待ち続ける犬との出会いによってコーリャは母親を

亡くした悲しみを癒やし、そして乗り越えていく。

 

その姿を見たコーリャの父親も、自分が息子と向き合ってこなかったことを反省し、

少しずつ心を通わせていくようになり、またコーリャも自分と向き合おうとする父親

の姿で、未来への明るい希望を持っていくのだろう。

 

そして空港に秋田犬が現れたとき、パルマが近寄っていくが、秋田犬には、飼い主が

いてそれを見たパルマは落胆してしまう。その姿を見たコーリャは、パルマを本来の

飼い主に届けたいと決意。ところが自分の力だけではどうにもならないため、多くの

賛同者とともに、動き始めるのです。

 

なんとか元の飼い主を見つけることに成功し、パルマと飼い主は再会を果たした。

ところが元の飼い主を前に嬉しそうにはするが、コーリャの元を離れようとしな

かった。

 

 

スポンサードリンク

 

ハチとパルマの物語(映画)パルマの最後

 

こちらも今のところ詳しい情報がないため、本当の最後は判っていませんので

悪しからず。

 

心を閉ざしていたコーリャは、飼い主の元を離れたパルマと空港で出会い、孤独な者

同士で友情を育んでいった。コーリャはパルマを飼い主の元へ戻そうと行動を起こし、

やがて飼い主と再会の日を迎える。

 

しかしパルマは嬉しそうにはするのだが、なぜかコーリャの元から離れようとしない。

きっと自分(パルマ)がコーリャの傍から離れてしまうと、また心を閉ざし寂しい思い

をすることが判っていたのかもしれない。

 

結果、コーリャとパルマ、お互いの深い愛情と友情を知った飼い主、またコーリャの

父親の了解も得て、パルマを譲ることに。

 

おそらくパルマ、コーリャと父親は、幸せに暮らしていくだろう。

 

とあくまで希望的観測です。『忠犬ハチ公』のように悲しい最後にはならないで欲しい

と、ハッピーエンドを迎えて欲しいと思いました。

 

 

 

まとめ

映画『ハチとパルマの物語』は、感動することは間違いのないところ。そしてコーリャ

とパルマの描写には、感涙必至となることでしょう。

 

公開は、2021年の初夏

早く公開日が正式に決まればいいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ