星を追う子ども(映画)のあらすじや結末をネタバレ!アスナとシンの最後についても

 

アニメ映画『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』が、2020年12月29日

2:20~5:50、テレビ朝日系で放送されることになっています。

 

そこで今回は、アニメ映画『星を追う子ども』について取り上げます。

 

地下世界を舞台にしたファンタジーということでアニメ映画『星を追う子ども』の

あらすじや結末、また主人公のアスナとシンの最後についてもまとめました。

 

 

新海誠『星を追う子ども』予告編映像

 

スポンサードリンク

 

星を追う子ども(映画)のあらすじ

 

幼い頃父親を失い、母親と信州の山村で暮らす中学生のアスナは、自分で作った

山の秘密基地で父の形見の石を使った鉱石ラジオを聞いたり猫のような動物のミミと

遊ぶ毎日。

 

看護師で仕事が忙しい母親とはすれ違いで料理や洗濯、掃除などは全て一人でこなし、

成績もクラスでトップだった。

 

そんなある日、秘密基地に向かう途中アスナは、見たこともない恐竜のような化け物

ケツァルトルに襲われアガルタというところから来たシュンという男の子に救われる。

 

翌日学校を休み、山へ向かうとシュンと再会する。怪我をしたまま手当もしていない

シュンの右腕にアスナのスカーフを巻いてあげた。2人は仲良くなるもののシュンは

次の日、アスナのスカーフをした少年の遺体が発見されたと母親から知らされる。

 

シュンの死に実感が湧かないアスナは、新任教師森崎の授業で古事記伝説の「黄泉

国神話」の話で死後の世界のことを知り強い興味を持つ。世界の各地には地下世界の

伝承が残り、シュンの故郷であるアガルタもその一つ。そしてそこには莫大な富や死者

の復活をも可能にする技術があるという。

 

その日の帰り秘密基地に寄ったアスナはシンというシュンと生き写しの弟と出会います。

シンは、シュンの遺品であるアガルタに通じる石クラヴィスを回収しに来ていたが、

武装した兵士とアガルタを追う組織のアルカンジェリのメンバーの森崎がやって来た。

 

そしてアルカンジェリのリーダーの正体は森崎先生だったことを知る。

 

ところが森崎は、アガルタに行く術を掴むと組織を裏切った。森崎の目的は、アガルタ

で亡くした嫁のリサを復活させるためだった。

 

シンはクラヴィスを回収するとアガルタに帰り、アスナも森崎、ミミと共にアガルタを

旅することに。

 

 

 

星を追う子ども(映画)の見どころ

 

アニメ映画『星を追う子ども』は、アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペ

ティション部門ラインナップに選出されたり、中国国際動漫節金猴賞優秀賞を受賞

したりと国際的にも高い評価を受けている作品。

 

物語の内容は王道のファンタジーで主人公のアスナが地下世界を冒険し、その過程で

の主人公の成長が見どころです。そしてなんといっても新海誠監督ならではの映像美。

特に風景、空、中でも星空は美しいと感じた。

 

また小学生のアスナの孤独感です。母子家庭で母親が激務のため、食事の準備など

全てを小学生のアスナがこなし、友達とも遊ばず、自身で作った秘密基地にこもって

一人遊びをするところが何とも切ない。

 

寂しさゆえの行動や言動が気になる。先生と地下世界に冒険に出たのも寂しさの

せいで幼い子どもが現状を変えたくて必死に決断したところも見どころと言えるのかも。

 

アスナが冒険を通して成長していく姿や描写が見どころと言えるでしょう。

 

そしてネットなどでは、今作がラピュタやジブリのパクリ?や納得出来ない内容や

気になるところが満載のようです。どこが気になるのか?それを探すのも見どころ

かもしれません。

 

 

 

星を追う子ども(映画)の結末をネタバレ

 

アガルタで森崎は、世界の果てのフィニス・テラの崖下の生死の門に行けば、死者を

復活できるということを知らされます。

 

アスナと森崎はフィニス・テラに向かうものの、アガルタの住人たちによって、

命を狙われてしまうことになるのでした。

 

シンは、そんなアスナと森崎のことを助けに行きます。

 

一方、フィニス・テラでは、森崎が自分だけ先に進んで行き、残されたアスナは恐怖心

から後ずさってしまいました。アスナはその後、追ってきたアガルタの住人たちにより

追い詰められてしまいますが、そこにシンが助けにやって来たのです。

 

結局アスナとシンは、森崎を追うことにした。

 

ケツァルトルは明日奈とシンを呑み込み、森崎を追いかけ生死の門へ向かった。

森崎は崖を降りるときに怪我を負いますが、ケツァルトルの墓場を抜け、生死の門

にたどり着いた。

 

 

スポンサードリンク

 

星を追う子ども(映画)アスナとシンの最後

 

森崎は、生死の門にやって来て、リサの復活を図るものの、それには生け贄が必要

だと判明します。そこでこともあろう森崎は、アスナを生け贄にしようとしますが、

自身の右目を失ってしまう。

 

そしてアスナの身体を介してリサは復活。森崎は復活したリサに愛の言葉をかける。

シンがアスナの魂を取り戻すため、クラヴィスを破壊した。リサは「幸せ」だと言い残し、

身体は崩れなくなってしまった。

 

アスナはシュンとミミのいる死の世界にいたが、別れを告げ生の世界に戻って来た。

 

アスナの魂が戻ってきて、森崎は混乱しシンに「殺してくれ」と懇願するも、

シンは「喪失を抱えてなお生きろ。それが人に与えられた呪いだ」と言って

森崎を殺さなかった。

 

森崎はシンと共にアガルタに残ると決め、アスナは元の世界に帰ります。

少し成長したアスナにまたいつもの毎日が戻りました。

 

 

 

まとめ

アニメ映画『星を追う子ども』は、新海誠監督作品のなかでも、とりわけファンタジー色が

強いことで知られています。

 

気になるところ満載ですが、こういったジャンルが好きな方には、たまらない作品

だと言えるでしょう。また気軽に観ることができるので家族で楽しめるのかも。

 

2020年12月29日2:20~5:50、テレビ朝日系でアニメ映画

『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』2作放送。

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ