華麗なるギャツビー(映画)のあらすじや結末をネタバレ!ギャッツビーの正体についても

 

映画『華麗なるギャツビー』が、2020年12月24日(木)、13:35~、テレビ東京

『午後のロードショー』において地上波初放送されます。

 

物語の舞台はアメリカ、大金持ちの男の栄華と悲哀を描いた感動的な人間ドラマ。

かなり有名な作品なので、タイトルを聞いたことがある方も少なくないでしょう。

 

ということで映画『華麗なるギャツビー』のあらすじや結末、また主人公ギャッツビー

の正体についてまとめました。

 

 

映画『華麗なるギャツビー』予告編3【HD】 2013年6月14日公開

 

スポンサードリンク

 

華麗なるギャツビー(映画)のあらすじ

 

第一次世界大戦の帰還兵であるニック・キャラウェイは1929年12月、サナトリウムで

アルコール依存症の治療を受けていた。

 

ニックは主治医にジェイ・ギャツビーについて話していました。主治医はかつてニックが

小説家を目指していたということでギャツビーについての思い出を書き出してみることを

提案する。

 

ニックはその提案に従い、ギャツビーとの出会いから彼と過ごした日々を書き出すの

だった。

 

1922年の夏、ニックは小説家になる夢を諦めてミッドウェストからニューヨークへと

移り住んだ。ニックはウェストエッグという地域に小さなコテージを借りる。そして

そこは、ギャツビーの邸宅の隣だった。

 

ギャツビーはとても優雅な屋敷に住んでいるセレブでニックは必然的にギャツビー

のことが気になっていきます。

 

ギャツビーは、週末になると決まって様々な人を招いて屋敷で贅沢ななパーティーを

催していました。そんな中、ニックは、ギャツビーのパーティーに誘いを受けること

になります。

 

ギャツビーはこれまで、パーティーを催しながらも肝心の主催者である自らは敢えて

出席していなかったのですが、ニックを招待したパーティーにはその顔を見せた。

 

しかしこのことにはウラがあり、ギャツビーはニックの親戚であるデイジーに対して

ずっと想いを寄せていたというわけなのでした。

 

やがて隣人同士、親しい関係になっていくギャツビーとニック。

 

そしてギャツビーはニックに、デイジーと会えるようにセッティングして欲しいと

頼んできたのだった・・・。

 

 

 

華麗なるギャツビー(映画)の見どころ

 

映画『華麗なるギャツビー』は、スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・

ギャツビー』が原作で村上春樹にも影響を与えたアメリカの文豪。また映画化された

作品として『グレート・ギャツビー』の他に『ラスト・タイクーン』『ベンジャミン・

バトン数奇な人生』などがあります。

 

バズ・ラーマンが監督を務め、主人公のギャツビーが『ロミオ+ジュリエット』『タイ

タニック』『ディパーテッド』『J・エドガー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

レオナルド・ディカプリオ、ニック役がトビー・マグワイア、デイジー役がキャリー・

マリガン、トム役がジョエル・エドガートン、などとアメリカを代表する作家と豪華

俳優陣に彩られた。

 

見どころはなんと言ってもレオナルド・ディカプリオの演技。

 

実はレオが演じるギャツビーは、農村で生まれ育ち裕福ではなかった。いずれ必ず金持ち

になるという強い野心を持っていた。またいきなり裕福になったことと彼の事業に関する

その隠された闇の部分とずっと一人の女性を愛し続けていた純粋な部分をどのように観せて

くれるのか見どころ。

 

そしてパーティーに招待される裕福な人達のクズっぷりが見どころと言えるかも。

 

今作品は簡単に言ってしまえばただの不倫話。その不倫話にお金をかけ、豪華な映画に

仕上げている。俳優陣の仕草や言葉にバズ・ラーマン監督のこだわりが見え、見どころ

と言える。

 

本当に大切なものは何か?お金なのか?を考えさせられる作品でそこも見どころと

言えるかもしれない。

 

 

 

華麗なるギャツビー(映画)の結末をネタバレ

 

デイジーとやっと再会できることになったギャツビー。デイジーはトムと結婚していた

ものの夫婦仲は微妙でした。その結果、ギャツビーはデイジーと結ばれます。

 

しかし以前からギャツビーのことを怪しんだトムは、金と権力にものを言わせ、

ギャツビーの過去を暴きます。またデイジーとの関係についても知ることに。

 

次第に追い詰められていくギャツビーは、デイジーに早くトムと別れるように

勧めるがデイジーはなかなかトムにそのことを切り出せないままだった。

 

そして窮地に立たさたギャツビーは不満を爆発させ、とうとうデイジーからも

見限られてしまうのだった。

 

しかしそんな中、デイジーは偶然、トムの浮気相手を車で轢き殺してしまう。

 

ギャツビーは事故をもみ消そうとするもののトムに気づかれ、トムは復讐のため

浮気相手の夫・ウィルソンに連絡を入れ、ギャツビーがやったとウソを伝えた。

 

その後、復讐に燃えるウィルソンに背後から撃たれます。そしてウィルソンも

その場で自殺を図った。

 

デイジーはトムに連れられ街を離れたため、ギャツビーの死を知らない。

またマスコミもギャツビーが愛人を轢き殺したと報じ全ての汚名を彼にきせた。

 

ギャツビーは、ニック以外誰にも追悼もされず、その生涯を終えるのだった。

サナトリウムでニックは、ギャツビーとの思い出を書き上げた。

 

そしてその表紙には「The Great Gatsby」と記した。

 

 

スポンサードリンク

 

華麗なるギャツビー(映画)ギャッツビーの正体とは?

 

ギャツビーは、一人の女性と再開するためにセレブとして生き、悲しく散っていった。

そんなギャツビーとは、はたして、何者だったのでしょうか?

 

ギャツビーは、本名ジェームズ・ギャッツといい、彼はノースダコタで貧しい農村

生まれ育った。ゆくゆくは成功して富を得るという野心を秘めていたのです。そして

16歳のときに故郷を離れた

 

そんな時、ギャツビーにチャンスが訪れる。それはある嵐の夜、スペリオール湖で彼は

ダン・コーディという富豪がヨットで危険な目に遭っているところをボートで救助した。

 

それから彼はジェイ・ギャツビーと名乗り、コーディと共にヨットで世界を周ることに。

そしてその知遇を得ることになる。やがて彼が亡くなると彼の遺族を騙し、その遺産の

全てを相続したのでした。

 

しかしこれではまだ足りないと思ったギャツビーは、軍人になり、パーティーでデイジー

と出会ったのでした。デイジーに恋したギャツビーだったものの、第二次世界大戦のせい

で2人は引き裂かれます。

 

その後ギャツビーは出征しますが、一方のデイジーは、トムと無理やり結婚させられて

しまったのでした。

 

ところがデイジーのことが忘れられず、彼女と遭うために偶然を装い、トムの屋敷の

対岸に豪邸を構え、いつかデイジーが来ることを願い毎週末パーティーを開いていた。

 

そんな時、デイジーの親戚ニックが偶然現れたということだった。

 

全ては偶然。人生とは偶然で出来ているようにも感じられる。そんな物語で何がリアル

でどこまでが嘘なのか考えさせられ、ギャツビーがいったい何者なのか?人によっても

その感じ方は違うのかなって思った。

 

 

 

まとめ

映画『華麗なるギャツビー』は、アメリカを代表する文学作品が原作だけあって、

ドラマティックでした。

 

彼の一途なところと闇の部分が見え隠れするところも面白い。出演者の光と影を見事に

描いた作品ではないかと感じます。

 

放送は、2020年12月24日(木)13:35~『午後のロードショー』で。

豪華で美しくそして悲しくて儚ささえ感じる独特な世界観を味わってみては

いかがでしょうか。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ