夏への扉(映画)のあらすじ結末をネタバレ!高倉宗一郎(山崎賢人)のラストについても

 

映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』2021年2月19日(金)に公開されます。

SFの巨匠ロバート・A・ハインライン小説『夏への扉』が原作。

 

原作小説はとても有名であるにもかかわらず、初の実写映画化、しかも本国のアメリカ

ではなく日本版に変更したという、様々な意味において注目作品です。

 

ということで映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』のあらすじや結末、また山崎賢人さん

演じる主人公・高倉宗一郎のラストのラストについてもまとめました。

 

 

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』特報 2021.2.19(FRI)ROADSHOW!

 

スポンサードリンク

 

夏への扉(映画)のあらすじ

 

1995年東京。

 

主人公の高倉宗一郎は、亡き父の意思を継ぎ、父親の親友松下と共にプラズマ蓄電池

を開発し完成も間近だった。

 

また愛猫ピートと松下の娘・瑠璃子と穏やかな日常を過ごしながら研究に没頭する

毎日を送っていた。

 

ところがそんな彼には残酷な運命が待っていました。高倉宗一郎は、信頼していた

父親の親友・松下と婚約者の罠にハメられ、それまで続けていた研究はおろか、

会社までも失ってしまうことになります。

 

それだけではありません。彼にはさらなる絶望が待っていました。

 

復讐をしようとしたが、返り討ちに合い、無理やり冷凍睡眠させられてしまった。

やがて高倉宗一郎が目を覚ますと、30年後の2025年になっていました。

 

すでにピートも松下璃子も亡くなり、さらに次々とショッキングな事実が襲いかかる。

高倉宗一郎は、ヒューマノイドロボットの力を借り、自身の未来を変える決意をする。

 

 

 

夏への扉(映画)の見どころ

 

原作は1956年にアメリカで発表されたロバート・A・ハインラインの小説『夏への扉』。

発表以来、色褪せることない名作としてアメリカのみならず世界中で今も愛されている

作品。

 

数多くのハリウッド映画には影響を与えてきた伝説の小説が日本を舞台にどのような

ストーリーが展開されていくのか気になるところ。研究に没頭してきた科学者が罠に

はめられて全てを失いながらも、未来を変えるために30年の時を超え手に汗握る冒険が

予感される。

 

本作は科学色も強くいかにもSFといった印象を受けますが、流れ自体はヒューマン

ドラマの様相も呈していてあらゆる方にも楽しめそうです。こういったところも

見どころと言える。

 

監督を務めるのは新作の『きみの瞳が問いかけている』が公開中の三木孝浩。

『坂道のアポロン』『アオハライド』『青空エール』など青春映画や『陽だまりの彼女』

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などの恋愛映画を手掛けてきたが、時空旅行を

テーマにした『夏への扉』をどのように演出しているのか楽しみ。

 

さてそんな映画『夏への扉』では、海外作品の邦画化ということで原作本来の

キャラクターが日本人に変わっています。

 

主役の科学者、高倉宗一郎を演じるのは若手俳優の山﨑賢人。映画『キングダム』の

大ヒットが記憶に新しく、今後も新しい出演作が期待されている。

 

『キングダム』では激しいアクションを見せた山﨑だが、本作では未来を変えるべく奮闘

する科学者をどのように演じるか楽しみ。脇を固めるのは原田泰造、藤木直人、浜野謙太、

田口トモロヲらベテラン陣。彼らの演技にも注目していきたい。

 

また原作小説から見ると、山崎賢人演じる高倉宗一郎がダン、清原果耶演じる松下璃子が

リッキーに相当しています。そして夏菜演じる白石鈴がベル、眞島秀和演じる松下和人が

マイルズに相当するものとみられます。

 

魅力的なストーリー、斬新な実写化、実績のあるキャストと映画『夏への扉』は話題作と

なると感じられます。独特な世界観を豪華俳優陣がどのように演じまたその役どころを

どのように魅せてくれるのか見どころです。

 

 

 

夏への扉(映画)の結末ネタバレ

 

それでは上記の情報に基づき映画『夏への扉』の原作小説から見ていきましょう。

 

ダン(高倉宗一郎)は会社経営方針でマイルズ(松下和人)と揉め、またベル(夏菜)

にも裏切られ、復讐を決意するも返り討ちに合い、冷凍睡眠させられてしまうハメに。

 

ダン(高倉)はその後、目覚めますがマイルズ(松下和人)は死んでしまいベル(夏菜)

も老婆になっていました。またリッキー(松下璃子)とも再会を果たします。

 

しかし再会を喜んだのも束の間、高倉は30年後の2025年に行くために冷凍睡眠になること

を璃子に伝える。璃子は高倉ともう二度と会えないと思い、悲しみますが「30年後にまた

会えるよ」と高倉は璃子に言い残します。

 

そして高倉は手に持っていた封筒を開いて、発明で得た資産をり璃子に譲ることを説明

します。ですが璃子はお金には興味がなく、いつまでも高倉との別れを惜しむばかり。

 

そんな璃子に高倉は「しばらくいい子で勉強に専念すること。その間にお金が貯まって

いくから。そして僕に会いたいと思ったら、璃子も冷凍睡眠に来ればいいよ」と言います。

 

そして高倉は30年後に目覚めるように冷凍睡眠に行くのでした。

そしてダンはタイムマシンで過去に飛び、マイルズに復讐します。

 

こうして高倉は、会社を奪還し、リッキーと結ばれます。

 

 

スポンサードリンク

 

夏への扉(映画) 高倉宗一郎(山崎賢人)のラストは?

 

高倉宗一郎は30年後の2025年の東京に戻ります。そして約束通り璃子を迎えに行きます。

 

そして璃子が目覚める瞬間に立ち会います。璃子の目に飛び込んできたのは高倉宗一郎と

ヒューマノイドロボットの姿でした。そして高倉と璃子は結婚し、そのまま新婚旅行へと

行くのでした。

 

ロボット業界最大手の会社を経営していた高倉から璃子は資産を受け取っており、

30年の間に莫大な金額になっていました。

 

しかし高倉は大きな会社の経営には興味がなく、小さな会社をつくって発明に専念すること

にしました。

 

そして璃子のお腹の中には新しい命が宿っていたのです。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

小説『夏への扉』は、あまりにもスケールが大きい作品であるため、どのように映像化

されるのか楽しみ。

 

公開は、2021年2月19日(金)

公開が待ち遠しいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ