名も無き世界のエンドロール(映画)のあらすじや結末をネタバレ!キダとマコトの最後についても

 

映画『名も無き世界のエンドロール』2021年1月29日(金)に公開されます。

 

第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫さんの同名小説を映画化した作品。

岩田剛典さんと新田真剣佑さんが初共演ということでも話題です。

 

ということで今回は、映画『名も無き世界のエンドロール』のあらすじや結末、

またキダとマコトの最後についてもネタバレします。

 

 

映画「名も無き世界のエンドロール」2021/1/29[Fri]全国公開 / 特報映像

 

スポンサードリンク

 

名も無き世界のエンドロール(映画)のあらすじ

 

キダとマコトは、複雑な家庭環境で育った小学生時代からの幼馴染。

 

ドッキリを仕掛けるのが生きがいのマコトとそれに引っかかってばかりのキダ、

そんな腐れ縁二人、そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合い

ながら家族よりも大切な関係に。ところが20歳のとき、突然ヨッチがいなくなる。

 

その後、人気モデルで政治家の娘・リサが現れて、マコトはリサに興味を持つが、

あいにく彼女はマコトに関心がなかったのです。キダはマコトが心配になりリサ

のことを諦めるように言いますが、聞き入れてもらえません。

 

そしてマコトは仕事を辞め、行方不明になってしまいました。

 

それから2年が経ち裏社会の人間になっていたキダは、ようやくマコトと再会を

果たす。マコトはリサを諦めてなく、リサと釣り合いがとれるようにと金を稼ぐ

ことに真剣になっていました。

 

キダはそんなマコトに驚くが、リサを追う理由を知ったことによって、マコトに

命をかけて協力することを誓うのだった。

 

それ以来、キダは交渉屋、マコトは会社経営者として出世していくのでした。

やがてクリスマスイブが訪れ、マコトはキダの協力のもと、リサへのプロポーズへ

行動を移します。

 

ところがそれは、キダとマコトが10年がかりで練り上げた、日本中を巻き込むほど

の壮大な計画だった。

 

 

 

名も無き世界のエンドロール(映画)の見どころ

 

映画『名も無き世界のエンドロール』は、青春要素、恋愛要素、サスペンス要素と

あらゆる要素が混じった、見どころ満載の作品のようです。

 

原作は行成薫さんの同名小説で、小説すばる新人賞受賞作です。監督はこれまでに

映画『ストロベリーナイト』などを手掛けてきた佐藤祐市監督。

 

映画『名もなき世界のエンドロール』のメインキャストは、キダ役が岩田剛典さん、

マコト役が新田真剣佑さんと二人の演技が見どころ。

 

岩田さんは本作で穏やかで優しい性格でありながら、裏社会に身を置きいくつもの

危ない橋を淡々と渡っていく交渉屋キダ役を演じている。

 

2016年の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』では全国を放浪している植物の

写真を撮ることが好きな青年役を演じていた。2018年の映画『去年の冬きみと別れ』

では猟奇殺人事件の被告の取材に行くフリーライターの役を演じている。

 

また2018年の映画『パーフェクトワールド君といる奇跡』では車イス生活を送る

一級建築士の役を演じている。

 

さわやかでクールなイメージのある岩田さんが優しく穏やかな性格でありながらも

裏社会に身を置いている青年役をどのように演じているのか注目。

 

そして岩田さんが演じるキダの力を借りながら会社の経営者として頭脳と情熱で

表社会でのし上がっていくマコト役を演じているのは新田真剣佑。

 

2016年の映画『ちはやふる 上の句』と『ちはやふる 下の句』、2018年の映画

『ちはやふる結び』ではカルタ競技に青春を賭ける男子高校生役を演じていた。

 

また2018年の映画『OVER DRIVE』では世界ラリー選手権を目指す天才ドライバー

でありながらも兄と衝突を繰り返す弟を演じていた。映画の中で流暢な英語も披露。

 

クールでどこかミステリアスな雰囲気の新田さんが本作でどのような演技を見せて

くれるのかにも注目。

 

さらにヨッチ役は山田杏奈さん、リサ役は中村アンさんということで俳優陣が

それぞれ個性的な役どころをどのように演じてくれるのか見どころです。

 

大切な人を失ったことへの復讐に10年の歳月をかけ、綿密に計画を練って実行に

移す過程が見どころですが、結果がどのようになるのかも見どころと言える。

 

 

 

名も無き世界のエンドロール(映画)の結末をネタバレ

 

小学生のときからずっと一緒だった三人でしたが、キダもマコトもヨッチのことが

好きだった。

 

しかしヨッチはキダもマコトのことも大好きで、どちらか一人に決めるなんて

できなかった。そこでヨッチは先に告白してくれた方と付き合うことを決めます。

そして先に告白したのは、マコトだった。

 

高校を卒業し、キダとマコトは、同じカーショップに就職しました。

給料は決して多いとは言えませんが、それでも幸せに暮らしていた。

 

そしてマコトはクリスマスイブの日、ヨッチにプロポーズをする計画を練っていた。

そんな矢先、あの事件があったのです。

 

人通りの少ない1本道、ヨッチは信号のボタンを押し、問題なく渡っていました。

そこへ信号無視で横断歩道に突っ込んできた一台の車。ヨッチをはねたのですが

救急車や警察にも通報することなく、犯人はヨッチを道の脇にどかし逃走した。

 

道の脇に寄せられたヨッチの遺体を最初に発見したのは、マコトの家に向かう

途中のキダだった。

 

クリスマスイブの日にプロポーズをするつもりだったあの日、無免許で運転して

いたリサの車に轢かれたのだった。ところが事件は何者かによって隠ぺいされ

ました。

 

そんなある日、キダとマコトのカーショップに車の修理にやってきたリサが現れた。

そして調べるうちにリサがキダとマコトからヨッチを奪った張本人だということが

判明します。

 

キダとマコトは、そんなリサに復讐しようとしていたのです。リサは政治家である

父親の権力によって、自分のやったことを隠ぺいしていました。

 

そんなリサに近づき交際するため、自身も金持ちになる必要があると考え、躍起に

なっていたのです。そしてかなり無茶な方法で資金を集め、ワインの会社の社長に

なった。

 

そしてあれから10年後のクリスマスイブ

 

マコトはキダの協力の元『プロポーズ大作戦』を決行する時がやってきました。

マコトは高級ホテルの一室。

 

「自分の正体は10年前にカーショップで出会った修理工です。あなたのために

出世してここまで来ました。結婚してください」

 

嬉しそうにするリサの表情は隠し撮りされ、ホテル前の大型スクリーンに映し

出されています。

 

そしてリサの喜びも最高潮になったところで、マコトは淡々と切り出した。

「覚えてるだろ?犬のこと」

 

「弾いたんだろ?車で犬を。車を持ってきた時に、そう言ったよな?痙攣する犬を

引きずって、歩道にほっぽり出したんだろ」

 

リサの表情はみるみるうちに青ざめていく。

嘘、嘘・・・。と繰り返すリサの震えた声を無視し、マコトは続けた。

 

指輪を握りしめてマコトは感情のない声で続ける。

「俺はこいつを渡すはずだったんだ。ヨッチにな。今日は記念日になるはずだった」

 

このプロポーズの目的はリサに事故のことを認めさせ、思い出させること。そして

その映像を公開することで世間にもヨッチの存在を認めさせること。さらに爆弾を

爆発させマコト自らとリサを殺害することにあった。自ら死を選ぶことは、あの世

でヨッチにプロポーズをするためだった。

 

人生で最高の瞬間から一気に落とされ、過去の罪を突きつけられリサの怒りも爆発。

 

「うるせえな、だからなんだよ。轢いた轢いた、しょうがないじゃん。金かけて

車直して、結局親にバレて超殴られ、半年も外出禁止で、それくらいでもうよく

ない?それとも何なの?やっぱりあれだ、復讐とかしたいわけ?」

 

マコトの計算通りの反応だった。

 

そしてこの過去の事件は、ホテル前の大型スクリーンを通してリアルタイムで

大勢の人の目に晒されました。またその罪を父親の権力によってもみ消された

こともです。

 

ところがリサは、ボディーガードをボタンひとつで呼び寄せ、マコトを押さえつけ

ようとします。しかしそのなることを察していたマコトは予めリミッターを外した

スタンガンでボディーガードを倒す。

 

驚き怯えるリサは、その場から逃げようとしますが、その小指にはいつの間にか

糸が結ばれていて動けなかった。

 

「何なのよこれ、しつこい」

「運命の赤い糸さ」

 

糸の片方はマコトの服の袖の中へと繋がっていて、それは手榴弾のピンに結ばれて

いた。ピンが外れる音がする。

 

マコトとリサは爆死。

 

キダは「プロポーズ大作戦」を見届けるとホテルを後にする。

 

 

スポンサードリンク

 

名も無き世界のエンドロール(映画)キダとマコトの最後は?

 

マコトはリサと共に高級ホテルの一室で手榴弾を爆発させて死亡。

 

この事件はニュースに流されたが、リサのスキャンダルについては報道されなかった。

またもや握りつぶされたのだった。しかしこれも想定内。

 

一夜開けて、クリスマス。

 

10年前にヨッチが犠牲になった事件現場の近くで、またもひき逃げ事件が。

即死した被害者は「城田」

 

逃亡した車を目撃者は「いや、ついさっきですけど、そこの横断歩道あるじゃない

ですか。そこ渡ろうとしたら轢かれそうになったんですよ。黒い車。俺はちゃんと

青信号で渡ったんですけどね。ここ通るときは絶対押しボタン押すことにしてるんで」

身分証の提示を求めた警察に目撃者は運転免許証を見せた。

 

そこには「ビビリスト」の写真と「澤田マコト」と記載されていた。

 

本物のマコトはホテルで爆死しています

ひき逃げの目撃者として登場したのは「城田(キダ)」です。

 

マコトの本名は「澤田マコト」だったのですが「小野瀬マコト」という人物の

戸籍などを手に入れ、経歴詐称していました。

 

最後にキダが「澤田マコト」と名乗り、別人に成り代わっていたのです。

 

なぜなら「プロポーズ大作戦」に関わっていたから。警察やリサの父親から

狙われかねかいからです。

 

キダはその存在を発見されないため、別人に成り代わることで、自身も死亡した

事実を用意したのだった。

 

このひき逃げ事件でキダは「澤田マコト」として生きていけるということですね。

 

 

 

まとめ

映画『名も無き世界のエンドロール』は、なんとも壮絶なストーリーでした。

あくまで原作小説をもとにネタバレしましたが、映画版もほぼ同じようになる

でしょう。

 

公開は、2021年1月29日(金)

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ