3D彼女リアルガールの出演キャストまとめ!原作との違いについても

2011年から2016年まで月刊「デザート」に連載された人気作で、

男性ファンも多く、幅広い層から支持を集めている累計145万部を突破している

那波マオによる少女漫画『3D彼女 リアルガール』が

2018年9月14日(金)に公開されます。

 

ということで気になる見どころやあらすじ、

主演の二人についてまとめてみました。

 

映画『3D彼女リアルガール』予告【HD】9月14日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

『3D彼女 リアルガール』のあらすじ

高校3年生の筒井光は2次元を愛するオタクだ。

両親と弟にも心配されていて、学校では全く存在感がない。

 

そんな光は大好きなアニメ『魔法少女えぞみち』のヒロイン・えぞみちとオタク仲間で

ネコ耳を付けた親友の伊東悠人のおかげで何とか生き延びていた。

 

今日もまた伊東と「リアルに触れ合わないで2次元の中に生きよう」と話していたとき、

教師に呼び出された俺様系イケメンの高梨ミツヤに命令された光は

ミツヤの代わりに職員室へと向かった。

 

そこに同じく呼び出されていたのは美少女の五十嵐色葉だ。

顔だけよくて性格は最悪と噂されている。

 

そんな色葉と一緒にプール掃除をすることになった光は挙動不審になってしまい、

色葉と一緒にプールに落ちてしまう。

 

そんなある日、色葉が書店で万引きの濡れ衣を着せられたところを光が助ける。

そして驚いたことに色葉は「半年間の期間限定で彼氏になってほしい」

と突然告白した。新手のイジメと疑いながらも、光と色葉の交際が始まった。

 

 

出演キャスト

 

筒井光(つついひかる)を演じているのは佐野勇斗だ。

愛知県出身で、2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューしている。

本作『3D彼女 リアルガール』では、2次元を愛する超絶なオタクで、

コミュニケーションが苦手な恋愛経験が全くない男子高校生を演じている。

 

2018年8月1日公開の映画『青夏 きみに恋した30日』では、

東京から来た女子高校生と恋に落ちる田舎の男子高校生役を演じている。

この映画では少しだけ無愛想だが、実は優しい男子高校生を演じている。

映画『青夏 きみに恋した30日』とは反対の役をどのように演じているのか注目だ。

 

 

 

 

そしてオタクの男子高校生である筒井光と交際する

五十嵐色葉(いがらしいろは)を演じているのは中条あやみ

 

大阪府出身で、2011年に雑誌『Seventeen』の”ミスセブンティーン”グランプリ

に選ばれ、翌年にドラマ『黒の女教師』で女優デビューを飾った。

 

2017年の映画

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。

女優の他に『CanCam』の専属モデルや『アナザースカイ』の司会も務めている。

 

 

住んでいる世界が全く違う対照的な美女とオタクをどのように演じているのか

2人の演技に注目していきたい。

 

 

 

プライドが高く高圧的な振る舞いが目立つ筒井の同級生高梨 ミツヤ(たかなしみつや)

を演じているのは、清水 尋也

その一方で妹を溺愛し、母子家庭を支えるために大学を目指すなど

家族思いな一面ももっている。

 

現在テレビドラマ「チア☆ダン」の椿山春馬役で出演中ですね。

 

 

 

 

筒井に恋愛相談をされたのを機に彼や色葉、伊東と友達になる石野 ありさ(いしのありさ)

演じるのが恒松 祐里

 

子役(6歳)でデビューして以来、数々の映画やテレビドラマに出演している。

記憶に新しいのが『覚悟はいいかそこの女子』でヒロイン役の朝倉小雨を

また最近の映画では『虹色デイズ』で筒井まり役をそれぞれ演じている。

 

 

 

 

 

アニメが好きで、筒井が落としたアニメ雑誌を拾ったことで知り合うことになる

園芸部所属で筒井たちの2つ下の学年の女子、綾戸 純恵(あやとすみえ)を演じるのが

上白石 萌歌

 

現在、テレビドラマ『義母と娘のブルース』で綾瀬はるかの娘役、

宮本みゆき(高校生) で出演していますね。

 

 

 

 

筒井同様、オタクであり、筒井の友人で伊東 悠人(いとうゆうと)を演じているのがゆうたろう

常に猫耳を付けているのが特徴で筒井の良き理解者である。

 

モデルとしてデビューし、今作品が初の映画デビューになる。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

映画の見どころは?

映画の見どころは超絶美少女の色葉とオタクの光との恋だ。

全く違う世界にいる2人が恋に落ちる。

 

超絶なルックスを持つ色葉とオタクで恋愛経験など全くない光。

「美女と野獣」ではなく「美女とオタク」の2人の恋がどうなっていくのか気になる。

 

色葉から言われた

「送り迎え」「守る」「一緒にごはん」「デートする」「プレゼント」「ちゅー」という

彼氏の条件に応えようと努力する光の姿を見ていると思わず応援したくなってくる。

 

「半年間の期間限定で彼氏になってほしい」と色葉が光に言う。

なぜ、色葉は光にそのようなことを言ったのか。

 

色葉には何か秘密があるのではないかと思わせ、

その秘密が何であるのか知りたいと思わせる。

 

そしてその先にどのような物語が待っているのかも気になる。

色葉と光を取り巻く仲間たちの友情やすれ違いも描き出されていく。

 

挙動不審で頼りなさそうに見えても、実は全力で誠実なオタクの筒井光を

演じた佐野勇斗と完璧な美貌とスタイルとかわいらしい表情の五十嵐色葉を

演じた中条あやみの演技も見どころ。

 

そして三浦貴大演じる医師の間淵慎吾が

物語にどのように関わってくるのかも気になるが、

それは映画館で確かめたい^^

 

 

原作との違い

こちらは、公開を待ってから追記します。

お楽しみに♪

 

 

 

まとめ

累計145万部を突破している那波マオによる少女漫画の映画化作品が

『3D彼女 リアルガール』だ。

2011年から2016年まで月刊「デザート」に連載された人気作。

 

高校3年生の筒井光は2次元を愛するオタク。

恋愛経験は全くなく、他人とコミュニケーションを取ることが苦手。

 

そんな光はある日、書店で万引きの濡れ衣を着せられた五十嵐色葉を助けた。

彼女は完璧な美貌を持つ女の子だった。

 

「美女と野獣」ならぬ「美女とオタク」という住む世界が全く違う正反対の2人が

恋に落ちた。そして光は色葉から彼氏になるための条件に全力で応えようとしていく。

 

『青夏 きみ恋した30日』では少しだけぶっきらぼうだけど、

実は優しい田舎の男子高校生を演じた佐野勇斗。

 

今回演じているのは『青夏』で演じた役とは正反対の役だ。

 

2次元オタクで、他人とのコミュニケーションが苦手な男子高校生。

挙動不審で頼りなく見えるが、いつも誠実で全力な光を演じ切った。

 

そして光の恋の相手役である五十嵐色葉を演じたのは中条あやみ。

モデルとしてだけではなく女優としても活躍する彼女が美貌とスタイルを

生かしながら、透明感あるかわいらしい表情を見せるている。

 

公開は2018年9月14日

物語がどう進んでいくのか期待せずにはいられない。

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ