空に住む(映画)のあらすじや結末をネタバレ!直実の最後はどうなるのかについても

 

映画『空に住む』が、2020年10月23日(金)に公開されます。

 

作詞家・小竹正人の同名小説と、それと共に誕生した「三代目 J SOUL BROTHERS from

EXILE TRIBE」の楽曲「空に住む Living in your sky」の世界観を基に、現実と夢の間で

葛藤しながらも新たな人生を見いだしていく女性たちを描いた作品。

 

とうことで今回は映画『空に住む』のあらすじや結末、また主人公・直実の最後は

どうなるのかネタバレします。

 

 

映画『空に住む』予告編 10月23日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

空に住む(映画)のあらすじ

 

主人公の小早川直実は、郊外にある中堅どころの小さな出版社に勤務するどこにでも

いそうな普通のOL。

 

ところが母親は病気で、父親は事故でと、突然両親を亡くすという、あまりにも

厳しい現実に直面してしまいます。

 

その心の傷も癒えないまま、直実を心配した叔父夫婦は、自分たちも住むタワー

マンションの高層階に住まわせることにしました。

 

直実には、幼い頃からのパートナーの黒猫のハルや勤務先の訳あり妊婦の後輩や、

懇意にしている同僚たちもいて、何不自由なく生活を送るが、両親が他界したこと

もあり、その喪失感に苛まれ、宙に浮いているかのような毎日を過ごしていた。

 

そんな彼女にやがて、転機が訪れることになります。

 

直実が住むタワーマンションには、人気俳優の時戸森則が住んでいて、偶然、

エレベーターで彼と遭遇します。それから直実は、時戸と関係を持ち、彼との

逢瀬に溺れていくことになるのでした。

 

しかしやがて直実に新たな変化が訪れたことで、彼女は自らの人生における、

ある決断をすることになるのだった。

 

はたして直実は、どのような決断をするのか、また時戸との関係はどのように

展開していくのか・・・。

 

 

 

空に住む(映画)の見どころ

 

まずなんと言っても、主人公の直実役を演じる多部未華子さん演技が見どころです。

しかも今作では、人気俳優の時戸森則役を岩田剛典さんが演じ、二人は逢瀬を重ね

ます。そのシーンをどのように魅せてくれるのかも見どころです。

 

また今作の時戸森則は、なかなかな最低男です。その男を岩田剛典さんがどのように

演じるのかも見どころと言えます。

 

直実は両親を失い、幼いころからかわいがっていた雌猫のハルも失ってしまい、

その喪失感で生きることも辛くなってしまいます。その心の葛藤をどのように演じて

るのかも見どころです。

 

また個人的な要望ですが、後でネタバレしているシーンがあって欲しいのと、その

シーンで直実と明日子の演技が観たい。この作品の重要なシーンで最も感動するところ

でもあります。

 

また今作品では、木下愛子役を岸井ゆきのさん、小早川明日子役を美村里江さん、

小早川雅博役を鶴見辰吾さん、野村役を岩下尚史さん、柏木役を高橋洋さん、

吉田理役を大森南朋さん、ペット葬儀屋役を永瀬正敏さん、近藤役を柄本明さん

が演じています。

 

実力派のキャストが揃い、脇を固めてます。そんなキャストの演技も見どころです。

 

また今作では、原作と共に誕生した「三代目 J SOUL BROTHERS fromEXILE TRIBE」

の楽曲「空に住む Living in your sky」の世界観を基に描かれているということ、そして

この楽曲が主題歌ということで、その歌詞も物語にマッチしてることから、心に染み込み

感動すること間違いありません。

 

俳優陣の演技、物語の内容、主題歌にと見どころ満載です。

 

 

 

空に住む(映画)の結末をネタバレ

 

このような映画『空に住む』ですが、原作小説の結末がどうなるのか?気になります。

 

原作では、直実の大学からの親友・柏木美雨が登場します。ところが映画では柏木と

人物は登場しますが、その役を演じているのが男優の高橋洋さんでその役どころも

現在のところ明確になっていません。

 

原作では、直実の親友ということで頻繁に登場しますが、今作では直実の後輩の

訳あり妊婦がその代わりになるとうことなのか?こちらもはっきりしてないので

現状ではなんとも言えません。

 

はっきりした情報が入り次第、追記します。

 

また直実と逢瀬を重ねる時戸も原作では、なかなかな最低男です。

この役を岩田剛典さんが演じるということでも楽しみなんですが、二人は最低な別れ

方をします。このシーンがあるのかどうか分かりませんが、気になるところです。

 

原作とは、少し変わってるようなので、何処まで描いてくれているのか分かりませんが

このシーンだけは、絶対省かないで欲しいシーンがあるのでそちらをネタバレします。

 

 

 

生活を変えようと

 

ハナが亡くなり、直実はその事実を認める事が出来ず、どうしてその事実を認めれば

いいのか、その術を考えること自体が怖かった。

 

直実は、いつもと違うことをしようと今の生活を変えようと考えていた。

そこでいつもインドアだったことから外に出ようと考えた。それが「買い物」だった。

 

直実には、両親が遺してくれた手つかずの遺産がまだ残っていた。思っきり何かで浪費

したいとそんな気持ちになった。銀行で100万円を下ろし青山に向かい、ハイブランド

の黒いワンピースと黒いパンプス、黒いバック、ブラウス、スカーフを購入する。

 

トータル780,000円。

 

店員は直実が購買意欲を見せると態度を一変。支払に現金を出すと媚びるような眼差し

を向けた。その態度にさもしいと思った。しかしこんな行動を取ってそんなことを思う

自分の方がさもしいことは承知していた。

 

たった一軒の買い物だけで疲れた直実は、帰宅し、さっき買った黒いワンピースに

着替え、時戸に電話をかけた。しかし時戸からの電話は返ってこなかった。

 

次の日からも週に何回かは、美雨や明日子を誘い買い物に明け暮れた。

いろんなデパートやセレクトショップに行き、洋服や靴を買い漁った。

 

直実はいつも現金を持ち歩き、美雨や明日子が薦めてくれたものが、黒だと必ず買った。

他の落ち着いた色でも黒以外のものは買わなかった。

 

支払いは、頑なにキャッシュで支払った。クレジットカードでは得られない奔放さが

味わえたからだ。紙幣が1枚1枚と消えていくたびに、心の澱が少しずつ消えていけば

いいのにと思っていた。

 

 

 

自己逃避

 

元々物欲がない直実はその買い物自体に飽きていた。リビングには洋服が入ったまま

開けられていない紙袋が何十個も置かれたままになっていた。

 

気分転換が必要だったのに、結局直実がしていたことは、自己逃避だった。

気ままにお金を使うことは、何の解放感をもたらしてくれなかった。

 

※両親が亡くなったこと、ハナが亡くなったことで起きた、喪失感から逃げたかった、

解放されたかったということでしょう。

 

そして時戸との逢瀬もその喪失感を埋めるためだけのもの

そこには恋愛感情も存在していない。ただただ寂しさを埋めるためだけ。

身体のぬくもりを感じたかっただけで、誰でも良かった。出会ったときに感じた恋心

のようなものは、勘違いだと思う

 

ハナが無くってからというもの、直実は本当に辛かったのだと思う。自分でもどう

処理していいのか判らなかったのだろう。そもそも自分をさらけだすことができない

性格も災いしているのだと感じる。

 

頼れる人がそばにいるのに、上手く甘えられないそんな性格が自分を追い詰めたのでは

ないでしょうか。

 

結局、時戸との逢瀬に逃げるしかなかった。

 

ところが直実の心の中で、時戸との逢瀬が罪悪感に代わり、ハナが亡くなったのも

そのせいだと思い始める。

 

 

 

二度目の春

 

このマンションに住み始めて二度目の春がやって来た。直実はカーテンすら開けなく

なっていた。また買い物どころか、外出することすら放棄するようになっていた。

 

今まで読んでいた小説すら、集中力もなくなり、子供じみた少女マンガを貪るように

読みふけっていた。

 

そんなある日、直実を誰よりも心配していた明日子が食事を持って尋ねて来た。

心配してくれている明日子の気持ちや言葉を分っていながら邪険に接してしまう。

 

こうしているうちに自己逃避は続く。

そんな時、時戸から部屋にこないかと誘いの電話が鳴る。

 

来週引っ越すから、楽しいことをしよう。今日は最後の宴をしようと提案される。

そして部屋に行くとそこには、上半身裸の時戸が立っていた。豪華なリビングの

ソファーには、莉菜という女性がいた。3人でワインを飲んでいると、時戸は薬を

持ってきた。

 

時戸は、気持ちよくなる薬だといった。合法だとも。

 

それを飲ませようとしたした時、直実は叫んでその手を払った。

こうして二人の関係は終わりを告げる。

 

すぐに部屋に戻り、その日はそのままソファーで眠ってしまう。

 

 

 

明日子の名言

 

次の日、明日子がやってきた。 昨日から電話をかけていたらしく心配で尋ねてきた。

その心配をよそに直実は明日子に反抗的な態度をとってしまう。

 

その姿はまるで子供のようだった。明日子は思わず直実の頬を叩いた。

 

「放っておいてって、あんたなあ、いったいどうしたいん?そんな自分を苛めて若さ無駄にするような生き方して!二十代って重要やで。どんな大人になるか、二十代の過ごし方で全然変わんねんで!十代はまだ子供やし、三十代からは完全に大人やろ?その間の二十代って自分を一番磨かなあかんねんで!いろんなこといっぱい吸収して、どんどん心を成長させなあかんのがあんたの年齢やで!」

 

明日子が初めて直実に聞かす関西弁で諭す。

 

「それやのに、毎日毎日死んでるみたいに暮らしてて、可哀想通り越してイライラするねん!そんな風に自分の殻に閉じこもってると、全く他人に心を開けへんし、大事なもの、なんも見えなくなるねんで!」

 

「だって、だって、小さい頃からお母さんはお父さんのことばっかりで、私のことなんか

どうでもよくて、私、誰かに心を開くとか、誰かと上手く付き合うって、どうすればいい

かわかんないんだもん。明日子さんはそういうことが上手にできる人だから、私の気持ち

なんて絶対理解できない」と言い返す。

 

「そもそもそれが甘いっちゅうねん。心を開かれへんとか人見知りとか引っ込み思案とか、全部ただの言い訳やろ?「かまって、かまって」って思ってる子供の言い訳やろ?あんなぁ、雅博くんかって美雨ちゃんかって私かって、みんな心配してるねんで?」

 

「ハナが死んで、あんたがどれだけ辛いか計り知れへん。ほんまに死ぬほど辛いんやと思う。だから最初は、そっとしてあげてるのがあんたに対する思いやりなのかもって思ってたけど、ちゃうな?あんたは自分から手を差し出す勇気がないから、手を差し伸べてきて甘えさせてくれる人を待っているだけやわ」

 

「みんななぁ、いっぱい嫌な思いをして、それでもちゃんと人間関係を築いて、ちゃんと仕事して、そうやって生きてるねんで。あんたはちっちゃな奔放とおっきい被害妄想がヒーヒーと息をしているようなもんやな。悲劇のヒロインふってるただの怠け者やわ。腫れ物に触るみたいに接してきたけど、あんたなんて気の毒でも可哀想でもない!歯がゆくて情けなくて、こっちが病気になりそうやわ!あんたがそんなんじゃ、お父さんもお母さんも、誰よりもハナが浮かばれへんで!ハナが不憫やわ!」

 

明日子は真っ赤な顔をして泣き出した。

 

この部分がこの作品で一番感動したシーンです。

映画でもノーカットで出して欲しいところ。

 

このあと直実はやっと心から泣いた。泣けたと言った方が良いかもしれません。

 

ハナが死んだことを認めたくなくて、ずっと自分の中に気持ちを押し殺して、閉まって

いた気持ちが溢れ出た瞬間でもあった。

 

その日以来、自分に纏わりついている霧を少しづつ追い払う努力をしようと思った

直実だった。

 

このシーンが結末ではありませんが、このシーンだけは、省くわけにはいかないはず。

さてどのように描かれているのか楽しみです。

 

 

スポンサードリンク

 

直美の最後はどうなるのか?

 

突然、両親が亡くなり、そして幼い頃からのパートナーのハナも失い、その喪失感で

生きることも辛くなる直実ですが、雅博、明日子、など周りの助けもあり、なんとか

自分で立ち直ろうとします。

 

また今作では、直実の周りで懸命に生きる女性たちの仕事や人生など、様々な困難に

立ち向かう姿がリアルに描かれています。

 

この作品からどのように感じるのかは、人それぞれかもしれませんが、どう生きる

のか、どの道を選ぶのかは、最後の決断は自分次第で、誰かの助けを求めても誰も

助けてくれることはない。ということ。

 

しかしそれでも人は一人では立ち直れない、人との関わりなくして人生はない。

 

実は誰もがこのことを分っているはず、しかし何かが起きたとき、忘れてしまう

のではないでしょうか。そしてそのことを思い出させてくれるのが家族だったり、

友人だったり、自分の周りの人たちなのでしょうね。

 

直実もこのことを認めることができたことで、一歩前に踏み出すことが出来たのでは

ないでしょうか。

 

結局、直実も未だ心の傷は癒えないまま、そしてまだ喪失感もある中、それでも

歩いて行くしかない。

 

しかし以前とは違い、亡くなった人たちを思い、泣くことが出来るようになり、

それにより、その人達の分までしっかり生きよう、またその人たちのことを思い出し

自分の中で大切にしよう、自分の人生の宝物にしょうと思うようになれた。

 

あれだけ思い出すのも辛かったハナのことが、懐かしくせつない感情が溢れた。

今までとは全く違った感情を持つことできた。

 

自分の中で少しだけ、消化できるようになったということなのか。

直実は、そのまま「空」に住み続けている。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『空に住む』では、原作とは少し違っているようなので、どのように描かれて

いるのか分からないところもありますが、時戸との関係は間違いないようです。

 

人気俳優との出会いや両親の高額な遺産やタワーマンションに住むなど、少々現実味

に欠けるところもありますが、直実の心の葛藤など、多部未華子さんがどのように

演じてくれるのかなど興味深いところは満載です。

 

公開は、2020年10月23日(金)

ネタバレしたシーンがあることに期待ですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ